新型コロナ感染症拡大防止の取り組み

横浜美術館では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お客さまとスタッフの安全に配慮し、下記の取り組みを行ってまいります。ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。    

*

  • 入場にあたり、マスクの着用、こまめな手洗い・消毒、体温測定、お客様同士の距離の確保へのご協力をお願いいたします。
  • 発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。 
  • 入場前に体温測定し、37.5℃以上の発熱がある場合は、入館をお断りさせていただきます。 
  • 保健所等の公的機関による聞き取り調査等にご協力いただく場合があるため、必要に応じて、入場時に連絡先のご提供をお願いいたします。
  • 体調をくずされた場合は、お近くのスタッフまでお声がけください。 
  • その他、サイン及び係員の指示に従ってください。 
  • その他、現在の本ウェブサイト上のご案内と異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。

プログラム運営にあたっての取り組み

施設内の感染予防

  • 密集が懸念される場合には、入場を制限することがあります。
  • 施設内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を実施します。
  • 施設内に消毒液を設置します。
  • 対面箇所に飛沫ガードを設置します。
  • 来場者同士の距離を確保します。
スタッフの感染予防

  • スタッフ全員が、定期的に検温と体調チェックを行います。 
  • マスクや手袋の着用等、適切な防護対策を講じます。
  • 手洗い、手指消毒をいたします。
そのほか