関連企画・イベント

特別資料展示:『ジョルジュ・スーラの素描集』に見るヌードと人の形(ヌード展)

*

(出品資料の一部、参考図)

「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」に寄せて、蔵書『Les Dessins de Georges Seurat(1859-1891) 〔ジョルジュ・スーラの素描集〕』(複製素描集)からヌードを含めたスーラの素描をご紹介します。
フランスの画家ジョルジュ・スーラは、新印象派に位置づけられ、印象派の画家たちによる「筆触分割」の技法に、光学的理論を取り入れて点描技法を導いた画家として知られています。彼は油彩画を仕上げるまでに多くの素描や下絵を制作し構想を練りました。目の粗い紙にコンテで描いた素描は、紙目の粗さの効果がのちの点描法を連想させるかもしれません。またスーラの代表的な油彩画の素になったと思われる素描もあり、美術情報センター所蔵のスーラの画集と見比べていただけます。

会期2018年3月23日(金)~10月10日(水)※会期中展示替えがあります
前期:2018年3月23日(金)~7月18日(水)
後期:2018年7月20日(金)~10月10日(水) 
開催時間10時~18時
休室日木曜日(ただし5月3日、8月16日を除く)、5月7日(月)
会場横浜美術館美術情報センター 
入場料無料

見比べるとおもしろい!―引用されたイメージとその転化(横浜美術館コレクション展 2018年7月14日[土]-12月16日[日])

見比べるとおもしろい!―引用されたイメージとその転化

今期のコレクション展は、「モネ それからの100年」展と「幻想へのいざない 駒井哲郎展をきっかけに」をテーマに構成されています。そのなかでも、第3セクションの「イメージの引用と転化」では、オリジナルとなる作品を引用しながら、新しい解釈を加えることで全く別の表現を生みだすことを意図した作品が展示されています。当センターの資料展示では、引用元になった作品と、そこから派生した作品の図版を見比べていただくことができます。

ルネッサンス期の画家であるルカス・クラーナハ(父、1472-1553)の作品から着想を得た、パブロ・ピカソ(1881-1973)と森村泰昌(1951-)。商業イメージを多用するアメリカのポップ・アートの王道アンディ・ウォーホル(1928-1987)とロイ・リキテンスタイン(1923-1997)。そのポップ・アートの手法を取り入れつつ、独自の表現を切り開いた篠原有司男(1932-)と吉村益信(1932-2011)。そして、既存の絵画のイメージを流用し、新たな世界を再構築する福田美蘭(1963-)の資料を中心に展示しています。是非お手に取ってご覧ください。

会期2018年8月1日(水)~12月28日(金)予定
開催時間10時~18時
会場美術情報センター
休室日木曜日、2018年9月25日(火)~10月5日(金)
入場料無料