関連企画・イベント

美術情報センター特別資料展示「エミール・オルリク作『日本便り』」(複製版画集)

*

出品資料の一部、参考図

今年度後期の特別資料展示は、エミール・オルリク(1870-1932)の『日本便り』(複製版画集)をご紹介します。1870年、プラハの裕福なユダヤ人の家に生まれたオルリクは、1896年に初めて木版画を制作したのち、木版技術の本場日本へ行こうと考え、1900年4月、横浜に到着しました。木版だけでなく、フェノロサや岡倉天心ともつながりの有った狩野派の画家、狩野友信に日本画の筆法も学んでいます。

『日本便り』は、初来日から3年を経た1904年2月、画家自身が刊行した50部限定の版画集です。東京を中心に、近郊の江の島などが描かれています。この複製版は1996年の刊行で、図版は全てオリジナルと同サイズです。語学の才に恵まれ、通訳なしで町に出たと言われるオルリクによって、明治の日本の風俗はどのように捉えられたかが、ご覧いただけます。

会期2018年10月12日(金)~2019年3月24日(日)(予定)
開催時間10時~18時
会場美術情報センター
休室日木曜日、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)、3月22日(金)
※ただし、2018年11月1日(木)、2019年3月21日(木・祝)は開室
入場料無料

関連資料コーナー:リズム、反響、ノイズのかたち(コレクション展)

*

出品資料の一部、参考図

今期のコレクション展では「リズム、反響、ノイズ」をテーマに、分野横断的な芸術家たちの交流と、20世紀における抽象表現、そして、その後に続く前衛芸術運動に焦点を当てています。
美術情報センターでは、コレクション展のテーマをより深く理解していただくための関連資料コーナーを設置しています。海外の様々な芸術運動を貪欲に取り込みながら、日本では独自の抽象表現と前衛美術が戦後に花開きます。絵画のみならず、版画や写真においても革新的な表現が試みられた20世紀。アーティストたちの試行錯誤を、美術情報センターが所蔵する作品集や展覧会図録を通じてご覧いただけます。この機会にぜひ手に取ってご覧ください。

おもな資料紹介作家(順不同)
齋藤義重、菅井汲、村上善男、白髪一雄、中平卓馬、八木良太  ほか

会期2019年1月14日(月・祝)~4月17日(水)予定
開催時間10時~18時
*2019年3月2日(土)は20時30分まで(閉架資料の受付は17時30分まで)
会場美術情報センター
休室日木曜日(2019年3月21日[木・祝]は開館)、3月22日(金)
入場料無料

「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの」展関連資料コーナー

*

(出品資料の一部、参考図)

彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)と画家・長谷川三郎(1906-1957)は同時代に生まれ、互いに刺激を与え合いながら、国際的に活動した芸術家です。ともに幼少期から海外の文化に親しみ、活躍の場を世界に向けつつも、精神的な支柱となっていたのは東洋の伝統文化でした。ふたりは日本をはじめとしたアジアの文化を深く理解し、咀嚼(そしゃく)することで、前衛的な作品を生み出しました。 美術情報センターでは、展覧会をより深く理解していただくために、関連資料コーナーを設置しています。ノグチと長谷川による著書や作品集、展覧会図録を通して、彼らがどのように考え、創ってきたのかをご覧いただけます。ぜひ、この機会に彼らの思考に触れてください。

会期2019年1月26日(土)~4月17日(水)(予定)
開催時間10時~18時(3月2日[土]は20時30分まで)
*閉架資料の受付は17時30分まで
休室日木曜日(ただし3月21日は開室)、3月22日(金)
会場横浜美術館 美術情報センター
入場料無料