関連企画・イベント

関連資料コーナー:横浜美術館 展覧会カタログのあゆみ 1989-2020

*

(出品資料の一部、参考図)

1989年(平成元年)に開館した横浜美術館は2019年に30周年を迎えました。当館では、2020年までに120以上の多彩な企画展を開催し、多くの方にご来場いただきました。2021年3月から大規模改修工事のため休館に入るこの機会に、これまでに横浜美術館で開催された企画展において発行された展覧会カタログをご覧いただけるコーナーを設置いたします。カタログを通して当館の30年をこえる足跡をたどることができます。ぜひ、この機会に美術情報センターに足をお運びください。

会期2020年7月17日(金)~2021年2月28日(日)(予定)
開催時間10時~18時
会場横浜美術館 美術情報センター
休室日木曜日 *7月23日、8月13日、10月8日、2月11日を除く
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)
入場料無料

特別資料展示:「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」【前期】

*

(出品資料の一部、参考図)

2001年から横浜を舞台に開催されてきた現代アートの国際展・横浜トリエンナーレ。今年(2020年)は7回目となる横浜トリエンナーレの開催年です。「ヨコハマトリエンナーレ2020」は、「AFTERGLOW—光の破片をつかまえる」のテーマのもと、7月17日から約3か月開催されます。第1回が開催された2001年から約20年が経過し、目まぐるしく変化する世界情勢をアートの視点から捉え直す試みが続けられています。
美術情報センターでは「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」と題して、横浜トリエンナーレに関する様々な資料を前期・後期に分けてご紹介します。大規模な国際美術展では、展覧会カタログのほかに多種多様な印刷物が制作されます。チラシやリーフレット、マップ類といった埋もれがちな資料を保存し、後世に伝えていくことも美術情報センターの役割のひとつです。様々な資料から横浜トリエンナーレの活動を振り返ります。 

会期2020年7月17日(金)~9月2日(水)(予定)
開催時間10時~18時
会場横浜美術館 美術情報センター
休室日木曜日 *7月23日、8月13日を除く
入場料無料

関連資料コーナー:「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」展

*

(出品資料の一部、参考図)

美術情報センターでは、2020年11月14日(土)に開幕する「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」展の関連資料コーナーを開幕前から設置します。
横浜美術館(1989年開館)、愛知県美術館(1992年開館/前身は愛知県文化会館美術館)、富山県美術館(2017年開館/前身は富山県立近代美術館)はいずれも各地を代表する公立美術館です。西洋美術を中心に、それぞれの地域に根差した特色あるコレクションを形成しています。
トライアローグ展では、20世紀の西洋美術を代表する作家たちの作品が紹介されますが、各館が刊行したこれまでの展覧会図録を通して、それぞれのコレクションの特性を感じていただくことができます。そのほか、出品作が掲載された展覧会図録もあわせてご紹介します。
ぜひこの機会に美術情報センターに足をお運びください。

会期2020年8月7日(金)~2021年2月28日(日)(予定)
開催時間10時~18時
会場 横浜美術館 美術情報センター
休室日木曜日 *8月13日、10月8日、2月11日を除く
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)
入場料無料