全館臨時休館延長における展覧会の閉幕について(2020年5月1日現在)

2020年05月01日

横浜美術館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため全館臨時休館しておりますが、引き続き当面の間、臨時休館を延長いたします。

このたびの休館延長に伴い、2020年5月24日(日)までの開催を予定しておりました「澄川喜一 そりとむくり」「横浜美術館コレクション展」につきまして、このまま展覧会を閉幕することといたしました。
また、「New Artist Picks『柵瀨茉莉子展|いのちを縫う』」(当初会期3月14日[土]~4月12日[日])は、会期をあらためて開催の予定です。

展覧会の再開を楽しみにしてくださった皆様には、深くお詫び申し上げますと共に、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

このたび横浜美術館では、休止としていた「澄川喜一 そりとむくり」展および「横浜美術館コレクション展 横浜美術館の西洋美術 木版挿絵からボルタンスキーまで―絵画・版画・写真・彫刻」につき、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、再開を待たず閉幕することといたしました。

楽しみにされていた観客のみなさま、また「澄川喜一 そりとむくり」展につきましては貴重な作品をご出品くださった所蔵家のみなさま、多大なご協力を賜った澄川喜一さまのお気持ちを思い、残念でなりません。しかし何よりみなさまの健康を守ることを優先すべきと考えました。展示の成果はカタログ、会場記録写真、動画などのかたちでしっかりと未来に残して参ります。
なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

横浜美術館 館長
蔵屋美香

休館期間2020年2月29日(土)~当面の間
対象[閉幕]企画展:「澄川喜一 そりとむくり」
[閉幕]横浜美術館コレクション展:「横浜美術館の西洋美術」
[会期再調整]New Artist Picks:「柵瀨茉莉子展|いのちを縫う」
子どものアトリエ
市民のアトリエ
美術情報センター
ミュージアムショップ
Café小倉山 レクチャーホール
駐車場