前横浜市芸術文化振興財団理事長の彫刻家・澄川喜一氏が、令和2年度文化勲章に選ばれました

2020年10月28日

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の前理事長で、横浜美術館で今年度企画展「澄川喜一 そりとむくり」展を開催した彫刻家の澄川喜一氏が、令和2年度の文化勲章に選ばれました。
長年にわたり優れた作品を生み出し続けたことに加え、学長を務めた東京藝術大学での後進の育成、地域の文化振興にも幅広く尽力したことなどが認められたものです。

澄川氏にとって首都圏の公立美術館における初の大規模回顧展となった「澄川喜一 そりとむくり」展は、新型コロナウイルス感染症の影響により、残念ながら開幕から約2週間で休館・閉幕となりました。
展覧会特設サイトでは、展示風景をご覧いただける動画のほか、澄川氏の人柄と功績を知ることのできるコンテンツを引き続き公開しています。ぜひご覧ください。 

展覧会特設サイトはこちら
展覧会紹介映像はこちら