横浜開港160 周年をテーマに据えた二つの展覧会を本日より開催

2019年09月21日

本年開館 30 周年を迎える横浜美術館では、本日2019年9 月 21 日(土)より、横浜開港160周年をテーマに据えた二つの展覧会を同時開催します。

横浜開港160 周年をテーマとする二つの展示のうち、一つは、横浜美術館の収蔵品をご紹介する「横浜美術館コレクション展 東西交流 160 年の諸相」です。幕末・明治期から第二次世界大戦後にいたる長い時間の中で生まれたさまざまな「東西交流」を、いくつかのトピックを通して再考します。もう一方の「絵でたどるペリー来航」は、《ペルリ提督横浜上陸の図》に焦点を当てた、エデュケーター(教育普及担当)の企画による展覧会です。
学芸員とエデュケーター、それぞれの視点を活かした「コレクション」に基づく展覧会をお楽しみください。 

横浜美術館コレクション展 「東西交流 160 年の諸相」はこちら
「絵でたどるペリー来航」はこちら