横浜美術館コレクション展 2020年11月14日(土)-2021年2月28日(日)
「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」

*

石渡江逸《横浜萬国橋》(部分) 1931(昭和6)年 多色木版 36.5×24.2cm

展覧会概要

*

石渡江逸《横浜萬国橋》
1931(昭和6)年
多色木版 36.5×24.2cm

2020年度コレクション展Ⅱ期では、横浜美術協会が設立した1910年代から60年代までを横浜における美術を取り巻く制度の胎動期として着目し、この間に繰り広げられた表現や美術にまつわる出来事を紹介します。

横浜では、首都圏からほど近く東京を中心とした美術史の大きな流れと連動した表現が生み出されてきた一方で、進取の気性に富んだ港町ならではの個性ゆたかな才能や人的ネットワークと文化制度が育まれてきました。本展では章ごとに横浜とゆかりある作家たちをピックアップし、彼らの証言や表現、関係の深い作家による創作の連なりを追うことで、横浜の地をひとつの手がかりに、およそ60年の美術を複眼的に捉えることを試みます。

タイトルの「ポリフォニー」とは、独立した複数の旋律とリズムの声部から成る「多声音楽」を意味します。本展では横浜で育まれた作家たちの声と創作の響き合いに耳を傾けながら、大正期から高度経済成長期に至るまでの横浜のアートシーンの一端を探訪します。
*

岸田劉生《椿君之肖像》
1915(大正4)年
油彩、カンヴァス 45.5×33.5㎝

*

山中春雄《退屈な二人》
1954(昭和29)年
油彩、カンヴァス 130.5×162.7㎝

*

兵藤和男《赤い布と水差し》
1975(昭和50)年
油彩、カンヴァス 60.6×72.7㎝

基本情報

会期2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
開館時間10時~18時
*入館は17時30分まで
休館日木曜日(2021年2月11日を除く)
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)
主催横浜美術館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]