ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」

*

展覧会概要

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、まもなく20年の節目を迎えます。本展は国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介し、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界へ向けて発信し、国際交流と相互理解に貢献することを目指してきました。

第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」では、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴをアーティスティック・ディレクターに迎え、彼らとともに時空を超える思考の旅へと誘います。
かつてアナログテレビがあった頃、放送終了後に流れた砂嵐の中には、ビッグバンの名残である宇宙マイクロ波背景放射と呼ばれる電磁波が含まれていたといいます。 タイトルのAFTERGLOW(残光)とは、私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに触れていた、宇宙誕生の瞬間に発せられた光の破片を指すものとして選ばれた言葉です。ラクス・メディア・コレクティヴは、太古の昔に発生した破壊のエネルギーが、新たな創造の糧となり、長い時間をかけてこの世界や生命を生み出してきたととらえ、現代の世界もまた、さまざまなレベルでの破壊/毒性と、回復/治癒の連続性の中で、人間の営みが行われてきたと考えています。目まぐるしく変化する世界の中で、有毒なものを排除するのではなく、共存する生き方をいかにして実現するのか。ラクス・メディア・コレクティヴと共に、アーティストや鑑賞者、そのほか様々な形で本展にかかわる人々の間でこの問いを共有し、思考を続けていくことによって「ヨコハマトリエンナーレ2020」は形作られていくことになります。

ヨコハマトリエンナーレ2020は、通常の展覧会だけでなく、2019年11月からスタートし、横浜にとどまらず広く海外でも開催する「エピソード」と呼ぶイベントの2部構成からなります。そこに、思考の出発点(ソース)を共有するための「ソースブック」と名付けた書物を加え、世界に対する認識を拡張していくことを試みます。
「ヨコハマトリエンナーレ2020」公式ウェブサイトはこちら

アーティスティック・ディレクター
*

ラクス・メディア・コレクティヴ
(左)ジーベシュ・バグチ
(中)モニカ・ナルラ
(右)シュッダブラタ・セーングプタ
Photo: TANAKA Yuichiro

ラクス・メディア・コレクティヴ Raqs Media Collective

ラクス・メディア・コレクティヴは、インド・ ニューデリーを拠点に活動するジーベシュ・バグチ、モニカ・ナルラ、シュッダブラタ・セーンブプタの3名によるアーティスト集団です。
ラクスの活動は、アート作品の制作、展覧会 のキュレーション(企画)、パフォーマンス のプロデュース、執筆など多岐に渡り、表現 形式もメディアも多様です。また、建築家、 コンピュータ・プロクグラマー、ライター、キュレーター、舞台演出家ら専門家や市民とのコラボレーションも豊富で、多面的な作品やプロジェクトを多数実現しています。 探求心旺盛なラクスは、多様な人々と未知 なるものの豊かさを共有し、会話をつないで開かれた議論を促す独創的な手法やアプローチによって、予期せぬ新たな視点を提起します。  

基本情報

会期2020年7月17日(金)~10月11日(日) 
休場日木曜日 *7月23日、8月13日、10月8日を除く
開場時間10時~18時
*10月2日(金)、3日(土)、8日(木)、9日(金)、10日(土)は21時まで
*10月11日(日)は20時まで
会場横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)
プロット48(横浜市西区みなとみらい4-3-1/みなとみらい21中央地区48街区)
主催横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、 NHK、朝日新聞社、
横浜トリエンナーレ組織委員会
問合せ050-5541-8600(ハローダイヤル/8時~22時)

会場地図

■横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1) 
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい駅」〈3番出口〉からマークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄(ブルーライン) 「桜木町駅」から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。

■プロット48(横浜市西区みなとみらい4-3-1/みなとみらい21中央地区48街区)
みなとみらい線(東急東横線直通)「新高島駅」〈2番出口〉から徒歩7分。横浜市営地下鉄(ブルーライン)「高島町駅」〈2番出口〉から徒歩7分。

観覧料

本展のチケットは日時指定の事前予約制です。
公式ウェブサイトよりご予約のうえ、ご来場ください。
「ヨコハマトリエンナーレ2020」公式ウェブサイトはこちら

一般2,000円
大学生・専門学校生1,200円
高校生800円
中学生以下無料

関連イベント

参加型アクション「エピソード06 岩井優《彗星たち》」(ヨコハマトリエンナーレ2020)

*

岩井優 《彗星たち》のためのドローイング

岩井優は「洗浄」をテーマに活動するアーティストです。今回「ヨコハマトリエンナーレ2020」の出品作品として、《彗星たち》と題したアクションを、オンラインを主軸に展開します。このアクションに参加してくださる方を募集します。
まず、参加者はアーティストと共にオンラインで紙袋型マスクを制作します。そのマスクを着用して、自宅周辺や好きな場所で各自清掃アクションをおこないます。それらの体験をもとに、参加者限定の動画や画像を視聴しながら話し合いをおこないます。
私たちは「汚れ」を公共のものとしてケアし続けることは可能なのでしょうか。震災後、除染作業にたずさわったアーティストと一緒に、汚れのケアについて考えてみませんか。

参加の流れ
  1. 申込みフォームから参加申込みをします。
  2. 申込み完了メールに記載されたURLからガイダンス動画を視聴します(5~10分)。
  3. マスクの材料が届きます。
  4. マスク制作に参加します(web会議システムZoomを利用)。
  5. 自宅周辺や好きな場所でマスクを着用して清掃アクションをおこない、写真を撮影します。
  6. 写真を送付します(5枚まで。Dropboxファイルリクエストを利用)。
  7. ディスカッションに参加します(web会議システムZoomを利用)。
  8. 写真の一部は本プログラムのInstagram、ヨコハマトリエンナーレ2020の会場で公開されます。

    ※ 4. 6. 7. の参加方法は、開催日が近づいたら申込者全員にメールでお知らせします。
    ※ 4.〜7. は何度でも参加できます。
    ※ マスクの材料は1名につき1つ、1回のみ郵送します。 
オンライン・マスク制作日時 2020年7月19日(日)、8月9日(日)、9月6日(日)
13時30分〜15時(13時受付)
※いずれも同内容。好きな日程にご参加ください。 
オンライン・ディスカッション日時2020年7月26日(日)、8月23日(日)、9月20日(日)
13時30分〜15時(13時受付)
※いずれも同内容。好きな日程にご参加ください。 
アーティスト岩井 優
定員計100名(先着順)
参加費無料
参加条件
  • 15歳以上で日本国内に居住し、日本語での日常会話が可能な方。
  • 活動中の記録写真を公開することにご了承いただける方。
  • web会議システムZoomを利用したマスク制作、ディスカッションに参加可能な方(カメラ、マイク付きの端末が必要です。アカウントは不要です)。
  • 紙袋型マスクを着用してのアクションを実践してくださる方。
  • 以下の遵守事項に同意いただける方。
    オンラインでのマスク制作やディスカッションに参加された際に画面を撮影しSNS等で公開することは、ほかの参加者のプライバシー保護の観点からお控えくださるようお願いいたします。
申込方法申込みフォーム
※お申込み1名様につき1つのメールアドレスが必要です。
 同じメールアドレスで複数名のお申込みはできませんのでご注意ください。
※受付完了メールが届かない場合は、下記までお問合せください。 
申込受付期間
  • 【第1期】受付終了
    2020年6月24日(水)~7月5日(日)※定員に達し次第締切ります
    7月19日(日)のマスク制作に間に合うように材料を郵送します
    申込みはこちら

  • 【第2期】受付終了
    2020年7月6日(月)~7月26日(日)※定員に達し次第締切ります
    8月9日(日)のマスク制作に間に合うように材料を郵送します
    申込みはこちら

  • 【第3期】受付終了
    2020年7月27日(月)~8月23日(日)※定員に達し次第締切ります
    9月6日(日)のマスク制作に間に合うように材料を郵送します
    申込みはこちら
主催横浜美術館、横浜トリエンナーレ組織委員会
お問合せ横浜美術館 市民のアトリエ
TEL 045-221-0366(受付時間10時~18時)
木曜休館(7月23日、8月13日、10月8日は開館)
岩井 優(いわい まさる)
*
1975年、京都府生まれ、東京を拠点に活動。洗浄や清掃という日常行為に着目し、その背後にある社会的・記号的意味を顕在化するような映像やインスタレーション、パフォーマンスなどを発表する。本展では、「エピソード」の一つとして、作家自身が作業員として定期的に携わった除染作業の経験を下敷きに、一般参加者と共にディスカッションと清掃にまつわるアクションを行う。2017年、リボーンアート・フェスティバル(宮城)、2018年「定点なき視点」(横浜市民ギャラリー)等に出品。

中高生プログラム2020 「ヨコトリ2020を体験しよう!伝えよう!」

*


「中高生プログラム」開催日程変更のお知らせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、「中高生プログラム」は開催日程を大幅に変更いたしました。今後も、プログラムの実施内容等につきましては、引き続き状況に鑑みつつ検討してまいります。最新の状況は、当館のウェブサイトで随時ご案内いたします。なお、当初予定していた開催日程については、ページ下部のチラシをご確認ください。

参加者追加募集!(募集期間:7月25日~8月9日)

「中高生プログラム2019」の様子            撮影:加藤健

中学生・高校生を対象として、2020年8月から2021年2月まで全10回にわたるプログラムを開催します。 プログラム前半は、ヨコハマトリエンナーレ2020を舞台に、現代美術の作品や、普段なかなか出会うことのできないアーティストや専門家との出会いを通して、美術のいろいろな魅力を体験します。そして後半は、その経験をもとに、現代アートや美術の楽しさを伝えるためのプランを自分たちで企画し、実施します。
7月25日から8月9日の期間限定で、若干名の追加募集を受け付けます。美術が好きな人、美術館に行くのが始めての人、どんな人でも大歓迎!ご参加をお待ちしています。

※プログラムの実施にあたっては、横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン
 を遵守いたします。 
※プログラムの一部はオンライン会議システム等を使用して実施します
※新型コロナウィルス感染拡大の状況によって日程や内容は変更となる場合があります。

日時

全10回
(全回通し)
  • アートを体験する編
    [1] 2020年8月23日(日) 13時~16時
    [2] 2020年9月6日(日) 13時~16時
    [3] 2020年9月20日(日) 13時~16時
    [4] 2020年10月4日(日) 13時~16時
    [5] 2020年10月11日(日) 13時~16時
    [6] 2020年11月8日(日) 13時~16時
  • アートを伝える編
    [7] 2020年11月22日(日) 13時~16時
    [8] 2020年12月13日(日) 13時~16時
    [9] 2021年1月17日(日) 13時~16時
    [10] 2021年2月28日(日) 13時~16時 
会場横浜美術館・プロット48(みなとみらい21中央地区48街区)
対象中学生と高校生
定員※7月25日~8月9日 追加募集
若干名(中学生5名、高校生3名程度を予定。要事前申込み、抽選)
参加費全回で500円
申込注意事項
申込方法※7月25日から募集開始いたします。
 申込フォームよりお申込みください。
申込フォームへ
申込締切2020年8月9日(日)

詳細は下記よりチラシPDFをご覧ください
PDF [858KB] (※チラシに掲載されている日程は大幅に変更しています。開催日時はこのウェブサイトの情報が最新となります)

特別資料展示:「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」【前期】

*

(出品資料の一部、参考図)

2001年から横浜を舞台に開催されてきた現代アートの国際展・横浜トリエンナーレ。今年(2020年)は7回目となる横浜トリエンナーレの開催年です。「ヨコハマトリエンナーレ2020」は、「AFTERGLOW—光の破片をつかまえる」のテーマのもと、7月17日(金)から約3か月開催されます。第1回が開催された2001年から約20年が経過し、目まぐるしく変化する世界情勢をアートの視点から捉え直す試みが続けられています。
美術情報センターでは「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」と題して、横浜トリエンナーレに関する様々な資料を前期・後期に分けてご紹介します。大規模な国際美術展では、展覧会カタログのほかに多種多様な印刷物が制作されます。チラシやリーフレット、マップ類といった埋もれがちな資料を保存し、後世に伝えていくことも美術情報センターの役割のひとつです。様々な資料から横浜トリエンナーレの活動を振り返ります。 

会期2020年7月17日(金)~9月2日(水)(予定)
開催時間10時~18時
会場横浜美術館 美術情報センター
休室日木曜日 *7月23日、8月13日を除く
入場料無料

オンライン・トーク「飯川雄大の思考をつかまえる」
(ヨコハマトリエンナーレ2020)

*

「デコレータークラブ 配置・調整・周遊」(展示風景), 2018
©Takehiro Iikawa, Courtesy of あまらぶアートラボ A-Lab
Photo by Mugyuda Hyogo

飯川雄大は、人の認識の不確かさや、社会の中で見逃されがちな事象に注目し、鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すような作品を制作するアーティストです。
本プログラムは、web会議システム「Zoom」を利用し、アーティストと参加者をオンラインでつないで実施します。
木村絵理子(当館主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括/キュレーター)が聞き手となり、飯川氏と対話しながら、本展出品作品とこれまでの作品を紹介します。また、後半には飯川氏の作品を理解するヒントとなるようなミニ・ワークショップをおこないます。
日程2020年8月30日(日)
時間14時~15時30分(13時30分受付)
出演飯川 雄大(出品作家)
聞き手木村 絵理子(当館主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括/キュレーター)
対象15歳以上
定員30名(応募者多数の場合は抽選)
参加費無料
参加条件
  • web会議システムZoomを利用できる方(カメラ、マイク付きの端末が必要です。アカウントは不要です)。
  • 以下の遵守事項に同意いただける方。
    本プログラムに参加された際に画面を撮影しSNS等で公開することは、ほかの参加者のプライバシー保護の観点からお控えくださるようお願いいたします。
  • 事前に「ヨコハマトリエンナーレ2020」の飯川雄大氏の作品を鑑賞していると望ましいです。
申込方法
申込みフォーム
 ※お申込み1名様につき1つのメールアドレスが必要です。
 同じメールアドレスで複数名のお申込みはできませんのでご注意ください。
※受付完了メールが届かない場合は、下記までお問合せください。
申込締切2020年8月18日(火)受付終了
主催横浜美術館、横浜トリエンナーレ組織委員会
お問合せ横浜美術館市民のアトリエ
TEL 045-221-0366(受付時間10~18時)
木曜休館(7/23、8/13、10/8は開館)
飯川 雄大(いいかわ たけひろ)
*
1981年兵庫県生まれ、同地を拠点に活動。人の認識の不確かさや、社会の中で見逃されがちな事象に注目し、鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すような映像、写真、インスタレーションを制作。2015年黄金町エリアマネジメントセンターにて個展開催。2019年「六本木クロッシング2019展:つないでみる」(森美術館)出品。また、2005年横浜トリエンナーレにアーティスト・コレクティヴCOUMAとして参加。

特別資料展示:「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」【後期】

*(出品資料の一部、参考図)

2001年から横浜を舞台に開催されてきた現代アートの国際展・横浜トリエンナーレ。今年(2020年)は7回目となる横浜トリエンナーレの開催年です。「ヨコハマトリエンナーレ2020」は、「AFTERGLOW—光の破片をつかまえる」のテーマのもと、7月17日(金)から約3か月開催されます。第1回が開催された2001年から約20年が経過し、目まぐるしく変化する世界情勢をアートの視点から捉え直す試みが続けられています。
美術情報センターでは「資料で振り返る横浜トリエンナーレ」と題して、横浜トリエンナーレに関する様々な資料を前期・後期に分けてご紹介します。大規模な国際美術展では、展覧会カタログのほかに多種多様な印刷物が制作されます。チラシやリーフレット、マップ類といった埋もれがちな資料を保存し、後世に伝えていくことも美術情報センターの役割のひとつです。様々な資料から横浜トリエンナーレの活動を振り返ります。

会期2020年9月4日(金)~2021年2月28日(日)(予定)
開催時間10時~18時
会場横浜美術館 美術情報センター
休室日木曜日 *10月8日、2月11日を除く
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)
入場料無料