ヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglow―光の破片をつかまえる」

展覧会概要

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、まもなく20年の節目を迎えます。本展は国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介し、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界へ向けて発信し、国際交流と相互理解に貢献することを目指してきました。

第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglow―光の破片をつかまえる」では、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴをアーティスティック・ディレクターに迎え、彼らとともに時空を超える思考の旅へと誘います。
かつてアナログテレビがあった頃、放送終了後に流れた砂嵐の中には、ビッグバンの名残である宇宙マイクロ波背景放射と呼ばれる電磁波が含まれていたといいます。 タイトルのAfterglow(残光)とは、私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに触れていた、宇宙誕生の瞬間に発せられた光の破片を指すものとして選ばれた言葉です。ラクス・メディア・コレクティヴは、太古の昔に発生した破壊のエネルギーが、新たな創造の糧となり、長い時間をかけてこの世界や生命を生み出してきたととらえ、現代の世界もまた、さまざまなレベルでの破壊/毒性と、回復/治癒の連続性の中で、人間の営みが行われてきたと考えています。目まぐるしく変化する世界の中で、有毒なものを排除するのではなく、共存する生き方をいかにして実現するのか。ラクス・メディア・コレクティヴと共に、アーティストや鑑賞者、そのほか様々な形で本展にかかわる人々の間でこの問いを共有し、思考を続けていくことによって「ヨコハマトリエンナーレ2020」は形作られていくことになります。

ヨコハマトリエンナーレ2020は、通常の展覧会だけでなく、2019年11月からスタートし、横浜にとどまらず広く海外でも開催する「エピソード」と呼ぶイベントの2部構成からなります。そこに、思考の出発点(ソース)を共有するための「ソースブック」と名付けた書物を加え、世界に対する認識を拡張していくことを試みます。
「ヨコハマトリエンナーレ2020」公式サイトはこちら

アーティスティック・ディレクター
*

ラクス・メディア・コレクティヴ
(左)ジーベシュ・バグチ
(中)モニカ・ナルラ
(右)シュッダブラタ・セーングプタ
Photo: TANAKA Yuichiro

ラクス・メディア・コレクティヴ Raqs Media Collective

ラクス・メディア・コレクティヴは、インド・ ニューデリーを拠点に活動するジーベシュ・バグチ、モニカ・ナルラ、シュッダブラタ・セーンブプタの3名によるアーティスト集団です。
ラクスの活動は、アート作品の制作、展覧会 のキュレーション(企画)、パフォーマンス のプロデュース、執筆など多岐に渡り、表現 形式もメディアも多様です。また、建築家、 コンピュータ・プロクグラマー、ライター、キュレーター、舞台演出家ら専門家や市民とのコラボレーションも豊富で、多面的な作品やプロジェクトを多数実現しています。 探求心旺盛なラクスは、多様な人々と未知 なるものの豊かさを共有し、会話をつないで開かれた議論を促す独創的な手法やアプローチによって、予期せぬ新たな視点を提起します。  

基本情報

会期2020年7月3日(金)~10月11日(日) 
休場日木曜日 *7月23日、8月13日、10月8日を除く
会場横浜美術館、 プロット48
主催横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、 NHK、朝日新聞社、
横浜トリエンナーレ組織委員会

会場地図

■横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1) 
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい駅」〈3番出口〉からマークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄(ブルーライン) 「桜木町駅」から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。

■プロット48(横浜市西区みなとみらい4-3-1/みなとみらい21中央地区48街区)
みなとみらい線(東急東横線直通)「新高島駅」〈2番出口〉から徒歩7分。横浜市営地下鉄(ブルーライン)「高島町駅」〈2番出口〉から徒歩9分。