抹茶茶碗創作 志野と黒織部にせまる

企画展 市民のアトリエ ワークショップ

*

《志野茶碗 銘 梅が香》桃山時代
五島美術館蔵 撮影:名鏡勝朗
※展示期間:7月13日~8月7日

■瀬戸 毅己(陶芸家)

原三溪は、多くの美術品をコレクションする一方、茶人でもあり、抹茶茶碗をはじめとした、茶道具の名品を数多く所蔵していました。三溪園では、現在も多くの茶会が開催されています。今回は、展覧会の作品鑑賞で原三溪の愛した茶碗を知ると同時に、アトリエで、2種類の抹茶茶碗作りの体験をとおして、その素材や技法など、相違や魅力にせまり、考察します。初めての方もご参加ください。
日程[30] 2019年8月3日(土)、4日(日)、18日(日)、9月1日(日)【全4回】
時間初回 13時30分~16時30分、
2~4回目 14時~16時 
定員15名
参加費15,000円 ※材料費・焼成費含む
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
申込締切 2019年7月16日(火)
瀬戸 毅己(せと たけみ)

1958年 神奈川県生まれ。'81年 東京造形大学彫刻科卒業。'82年 愛知県立窯業訓練校修業*志野の研究開始。'92~2005年 戸板女子短期大学講師*黄瀬戸の研究開始。個展'96~'03年 藤沢LNOFS(雀庵)*青磁、天目の研究開始。'04年~京王百貨店新宿店、'09~横浜高島屋、'18年 しぶや黒田陶苑。'02年 日本経済新聞、炎芸術No.81、131天目掲載。'07年 朝日新聞に曜変天目掲載。'18年 別冊 炎芸術「てのひらの宇宙 天目」掲載。現在、東洋陶磁学会会員。