「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの」展関連資料コーナー

企画展 美術情報センター その他

*

(出品資料の一部、参考図)

彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)と画家・長谷川三郎(1906-1957)は同時代に生まれ、互いに刺激を与え合いながら、国際的に活動した芸術家です。ともに幼少期から海外の文化に親しみ、活躍の場を世界に向けつつも、精神的な支柱となっていたのは東洋の伝統文化でした。ふたりは日本をはじめとしたアジアの文化を深く理解し、咀嚼(そしゃく)することで、前衛的な作品を生み出しました。 美術情報センターでは、展覧会をより深く理解していただくために、関連資料コーナーを設置しています。ノグチと長谷川による著書や作品集、展覧会図録を通して、彼らがどのように考え、創ってきたのかをご覧いただけます。ぜひ、この機会に彼らの思考に触れてください。

会期2019年1月26日(土)~4月17日(水)(予定)
開催時間10時~18時(3月2日[土]は20時30分まで)
*閉架資料の受付は17時30分まで
休室日木曜日(ただし3月21日は開室)、3月22日(金)
会場横浜美術館 美術情報センター
入場料無料