横浜[出前]美術館【都筑区】
学芸員によるレクチャー「日本写真、事始め~幕末明治期の写真」

講演会・シンポジウム 横浜[出前]美術館

*

横浜市歴史博物館

学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が横浜市内18区の文化施設などを訪れて、レクチャーや体験講座を行う「横浜[出前]美術館」。今回は、都筑区にある横浜市歴史博物館で、学芸員によるレクチャー「日本写真、事始め~幕末明治期の写真」を開催します。
開催概要
*

エリファレット・ブラウン・ジュニア《遠藤又左衛門と従者》
1854(嘉永7) 年
ダゲレオタイプ 14.0×10.6cm
重要文化財(美術品)
横浜美術館蔵  

目の前の事物をありのままに写し取る「写真」。19世紀前半のヨーロッパに生まれ、開港期の日本にもたらされた写真技術は、技法や表現の進歩を重ねながら、明治期に広く一般に普及していきます。機材や技術の海外からの流入、内外の写真師の交流を通した技術的継承と発展、写真によるベンチャービジネスの興隆―そういった写真草創期のあらゆる動向の核心地の一つとなったのが、横浜です。

本講座では、歴史的事象をイメージとして後世に伝えるだけでなく、その存在自体が東西交流の歴史に深くかかわり続けた幕末明治期の写真をテーマに、横浜美術館のコレクションを参照しながらその展開をたどります。
日程2022年4月16日(土)
時間14時~15時30分(13時30分開場)
講師松永真太郎(横浜美術館主席学芸員)
会場横浜市歴史博物館
 講堂
定員90名(事前申込、先着順)
参加費無料
申込方法2022年3月16日(水)10時より申込受付開始
申込フォーム
*定員に達し次第申込を締め切ります。
*お申込1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名のお申込はできませんのでご注意ください。
お問合せ横浜美術館
TEL:045-221-0300(10時~18時、月曜~金曜[祝日を除く])
主催横浜美術館、横浜市歴史博物館

*新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、中止・延期・変更となる場合がございます。