横浜[出前]美術館【戸塚区】
学芸員によるレクチャー「鏑木清方の春夏秋冬」

講演会・シンポジウム 横浜[出前]美術館

*

横浜市戸塚区民文化センターさくらプラザ
リハーサル室
PHOTO: Hiroshi Togo

学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が横浜市内18区の文化施設などを訪れて、レクチャーや体験講座を行う「横浜[出前]美術館」。今回は、戸塚区にある横浜市戸塚区民文化センターさくらプラザで、学芸員によるレクチャー「鏑木清方の春夏秋冬」を開催します。
開催概要
*

鏑木清方《春のななくさ》
1918年頃
絹本着色
139.0×48.0㎝
横浜美術館蔵
ⒸAkio Nemoto



東京に生まれ、鎌倉を終の棲家とした美人画の巨匠・鏑木清方は、横浜とも縁の深い画家です。幼い頃に広重の浮世絵で知った景勝地・金沢八景に憧れを抱いてきた清方は、1918年、40歳を前に初めて横浜金沢(現・金沢区)を訪れ、ほどなく別荘を求めました。以降約20年間、夏に家族や親しい友たちと出かけ、海水浴や散策を楽しみました。その心休まる光景は清方の絵日記に描かれ、また、別荘への途上に立ち寄った鶴見の花月園や、本牧などの風景も描かれています。

四季の情趣に満ちた清方の美人画の魅力に触れるとともに、鏑木家が横浜の別荘で過ごした家族の時間に想いを寄せ、清方が好んだ往時の横浜風景へと「想像散歩」に出かけてみましょう。
日程2022年2月26日(土)
時間14時30分~16時(14時開場)
講師内山淳子(横浜美術館主任学芸員)
会場横浜市戸塚区民文化センターさくらプラザ
 リハーサル室
定員25名(事前申込、先着順)
参加費無料
申込方法2022年1月26日(水)10時より申込受付開始
申込フォーム
*定員に達し次第申込を締め切ります。
*お申込1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名のお申込はできませんのでご注意ください。
お問合せ横浜美術館
TEL:045-221-0300(10時~18時、月曜~金曜[祝日を除く])
主催横浜美術館
後援
横浜市戸塚区民文化センターさくらプラザ

*新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、中止・延期・変更となる場合がございます。