ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW ― 光の破片をつかまえる」関連プログラム

企画展 市民のアトリエ ワークショップ

市民のアトリエ ヨコトリ2020関連プログラムについて
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容が一部変更または中止となる場合がございます。
最新の状況につきましては、当館のウェブサイトで随時ご案内を申し上げます。 

市民のアトリエでは3つのプログラムの参加者を募集します。
日程や申込方法などの詳細は、申込開始時期が決定次第、公開いたします。

参加型アクション

*

岩井優 《彗星たち》のためのドローイング

アーティスト:岩井優

岩井優は「洗浄」をテーマに活動するアーティストです。今回は参加者とともにマスクを着用してトリエンナーレの会場内を清掃し、それらの体験をもとに話し合いをおこないます。作家と一緒に汚れのケアについて考えてみませんか。

レクチャー&ワークショップ

*
講師:飯川雄大(出品作家)

飯川雄大は人の認識の不確かさや、社会の中で見逃されがちな事象に注目して制作するアーティストです。今回は、本展出品作品とこれまでの作品についてのレクチャーと、「特訓シート」をつかって4コマ漫画を制作するワークショップをおこないます。

キュレータートーク

*

「ヨコハマトリエンナーレ2017」でのトークの様子

講師:木村 絵理子
(当館主任学芸員 ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括/キュレーター)

会場を巡りながらキュレーターが本展について紹介します。作家や作品、ヨコハマトリエンナーレ2020のテーマについて、理解を深められる絶好の機会です。