木彫「彫刻絵画・生活彫刻」

市民のアトリエ ワークショップ

*

講師作品

■内堀 麻美(彫刻絵画作家)

彫刻絵画とは彫刻(木彫)と絵画のいいとこ取りの手法です。実寸ではなく1.5倍程に大きく彫ることで立体物として物を実在させ、彫りで表現するのが難しい薄さや小さな凹凸、透明感を着彩で表現します。違和感と共に存在と物を見ることについて再認する事ができます。日用品などの身近なものを作品にしてみましょう。初めての方も歓迎です。
コース番号・日程 [36] 2019年10月26日(土)、11月2日(土)、9日(土)、16日(土)、30日(土)、12月7日(土)、14日(土)、21日(土)、 2020年1月11日(土)【全9回】
時間13時30分~16時
定員16名
参加費25,000円 ※材料費含む
申込方法(1) 申込みフォーム
(2) 往復はがき
申込締切 2019年10月7日(月)
内堀 麻美(うちぼり あさみ)
1987年 生まれ。2013年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業。'15年 武蔵野美術大学大学院修士課程彫刻コース修了。グループ展に'18年「in the daily room『ありふれたモノたちの横顔』」(Gallery Face to Face)、「木曽ペインティングスVol.2けものみち」(藪原宿 大つたや)、「マニアフェスタ×東急ハンズ」(東急ハンズ新宿店)、「Lucky Open Day 2018」(LUCKY★STUDIO)、'19年「マニアフェスタvol.2」(アーツ千代田3331)。'14年から毎年1~2回個展を開催。