関連資料コーナー:リズム、反響、ノイズのかたち(コレクション展)

コレクション展 美術情報センター その他

*

出品資料の一部、参考図

今期のコレクション展では「リズム、反響、ノイズ」をテーマに、分野横断的な芸術家たちの交流と、20世紀における抽象表現、そして、その後に続く前衛芸術運動に焦点を当てています。
美術情報センターでは、コレクション展のテーマをより深く理解していただくための関連資料コーナーを設置しています。海外の様々な芸術運動を貪欲に取り込みながら、日本では独自の抽象表現と前衛美術が戦後に花開きます。絵画のみならず、版画や写真においても革新的な表現が試みられた20世紀。アーティストたちの試行錯誤を、美術情報センターが所蔵する作品集や展覧会図録を通じてご覧いただけます。この機会にぜひ手に取ってご覧ください。

おもな資料紹介作家(順不同)
齋藤義重、菅井汲、村上善男、白髪一雄、中平卓馬、八木良太  ほか

会期2019年1月14日(月・祝)~4月17日(水)予定
開催時間10時~18時
*2019年3月2日(土)は20時30分まで(閉架資料の受付は17時30分まで)
会場美術情報センター
休室日木曜日(2019年3月21日[木・祝]は開館)、3月22日(金)
入場料無料