美術情報センター特別資料展示「エミール・オルリク作『日本便り』」(複製版画集)

美術情報センター その他

*

出品資料の一部、参考図

今年度後期の特別資料展示は、エミール・オルリク(1870-1932)の『日本便り』(複製版画集)をご紹介します。1870年、プラハの裕福なユダヤ人の家に生まれたオルリクは、1896年に初めて木版画を制作したのち、木版技術の本場日本へ行こうと考え、1900年4月、横浜に到着しました。木版だけでなく、フェノロサや岡倉天心ともつながりの有った狩野派の画家、狩野友信に日本画の筆法も学んでいます。

『日本便り』は、初来日から3年を経た1904年2月、画家自身が刊行した50部限定の版画集です。東京を中心に、近郊の江の島などが描かれています。この複製版は1996年の刊行で、図版は全てオリジナルと同サイズです。語学の才に恵まれ、通訳なしで町に出たと言われるオルリクによって、明治の日本の風俗はどのように捉えられたかが、ご覧いただけます。

会期2018年10月12日(金)~2019年3月24日(日)(予定)
開催時間10時~18時
会場美術情報センター
休室日木曜日、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)、3月22日(金)
※ただし、2018年11月1日(木)、2019年3月21日(木・祝)は開室
入場料無料