展覧会関連ワークショップ 

《王様の美術館》からつむぐ物語(トライアローグ展)

《王様の美術館》からつむぐ物語

子どもから大人まで作品募集!

ルネ・マグリット《王様の美術館》から創作した物語を募集します。
じっくりと作品をみて、描かれたものから想像した世界を短いお話にしてみましょう。
たくさんのご応募をお待ちしています。

俳優・ダンサーの森山未來さんが入選作品を朗読します。 1月下旬に映像公開予定!
森山未來
森山未來(もりやま・みらい)

5歳から様々なジャンルのダンスを学び、15歳で本格的に舞台デビュー。2013年には文化庁文化交流使として、イスラエルのテルアビブに1年間滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。 ダンス、演劇、映像など、カテゴライズに縛られない表現者として活躍。近作として、ショートフィルム「Delivery Health」(初監督作品)、ソロ・リーディングパフォーマンス「見えない/見えることについての考察」(演出・振付・出演)、主演映画「UNDERDOG」(11月27日公開)などがある。

創作のヒント

  • 人のシルエットのようなカタチに目・鼻・口? もしかしたら人でもないのかも…。
    何を見て、何を考えている? どんな声で、何を話すかな?
  • 絵の中央にはどんな風景がひろがっている? 左下にみえる丸いものは何だろう?
    手前と奥はどうなっている?
  • 過去・現在・未来? 季節や時間はいつだろう?
  • ここは寒い?それとも暑い? においや音がするかな?

    作品をもっとじっくりみたい方は こちら
    ルネ・マグリット《王様の美術館》は、横浜美術館 「トライアローグ」展 にて展示されます。
募集作品《王様の美術館》をみて創作した物語。
日本語、400字程度。ひとり1作品。
対象子ども〜大人
受付期間2020年11月14日(土)~12月16日(水) ※必着
応募方法
  • 申込みフォーム
  • 郵送
    必要事項を応募用紙または別紙に記入して下記の宛先までご郵送ください
  • 「トライアローグ」展会場内ポスト
    必要事項を応募用紙または別紙に記入して「トライアローグ」展内会場内ポストに投函してください

    応募用紙・チラシのダウンロードは こちら [1,581KB]
必要事項氏名、ペンネーム(あれば)、電話番号、メールアドレス、物語のタイトル、400字程度の物語
注意事項
  • 応募はオリジナルの未発表作品に限ります。
  • 手書きで応募いただいた入選作品は、文字起こしをして公開します。
  • 選外となった応募作品は公開いたしません。
  • 郵送・会場内ポストからの応募作品の返却はいたしません。
  • 審査内容に関するお問合せにはお答えしかねますのでご了承ください。
  • 応募作品の著作権は作者に、朗読映像の著作権は横浜美術館に帰属します。
  • お預かりした個人情報は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団個人情報保護方針に基づき厳重に管理するとともに、本プログラムに関わる目的以外では使用いたしません。
入選作品3点を予定。
横浜美術館館長、展覧会担当学芸員、エデュケーターが審査をおこないます。 
入選者には12月下旬頃ご連絡いたします。
入選作品発表・
公開
2021年1月22日(金)開始
入選作品は、森山未來さんによる朗読映像とテキストを、氏名またはペンネームと共に、横浜美術館「トライアローグ」展会場と横浜美術館ウェブサイト、広報媒体等にて公開いたします。
入選賞品横浜美術館「トライアローグ」展招待券、図録、グッズ
(国内居住者への発送に限ります)
宛先・お問合せ横浜美術館 教育普及グループ 物語募集係
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL 045-221-0300(受付時間10~18時、休館日を除く) FAX 045-221-0317
休館日:木曜日(2021年2月11日を除く)、2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)  
神奈川県の文化芸術活動再開加速事業補助金
このプログラムは、神奈川県の文化芸術活動再開加速化事業補助金を受けて実施しています。

おうちワークショップ「木の葉を縫う、持ち歩く」(New Artist Picks 柵瀨茉莉子展)

*

柵瀨茉莉子 《「木の葉を縫う、持ち歩く」2020WSイメージ》 2019年

手提げ袋に木の葉を縫い留め、世界に一つのトートバッグをつくりませんか。 アーティストの柵瀨茉莉子氏によるワークショップキットをご自宅にお届けします。 メッセージカードを読みながら、おうちでゆっくりと制作を楽しめます。 バッグが完成したら持ち歩き、作品に刻まれた時間と日常が交じり合っていくのを味わいましょう。 アーティストと参加者をオンラインでつなぐ作品発表会も開催します。
参加の流れ
  1. ワークショップキットが届く(11月11日[水]以降発送予定)
  2. 作品をつくる
  3. 完成したバッグを持ち歩く
  4. オンライン発表会に参加する(任意)
ワークショップキットの内容コットンバッグ(36×31.5cm)、刺繍糸、縫い針、まち針、アーティストからのメッセージカード
オンライン発表会日時2020年12月13日(日)14時~15時30分(13時40分受付)
  • web会議システム「Zoom」を利用します。開催日が近づいたら申込者全員にメールで参加方法をお知らせします。
  • カメラ、マイク付きの端末が必要です。アカウントは不要です。
  • ご参加は任意です。参加有無の事前連絡は不要です。ご希望者のみ当日ご参加ください。
アーティスト柵瀨茉莉子
対象日本国内に居住する方
定員20名(先着順)
参加費1,000円(申込完了後、銀行振込)
申込方法申込みフォーム
  • お申込み1名様につき1つのメールアドレスが必要です。 同じメールアドレスで複数名のお申込みはできませんのでご注意ください。
  • 受付完了メールが届かない場合は、下記までお問合せください。
申込受付期間2020年10月10日(土)10時~2020年10月29日(木)受付終了
※定員に達し次第締切ります 
お問合せ横浜美術館 市民のアトリエ
TEL 045-221-0366(受付時間10時~18時、木曜休館[10月8日は開館])
柵瀨茉莉子(さくらい まりこ)
*
1987年神奈川県生まれ。2012年筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻クラフト領域(木工)修了。主な個展に2011年「木を縫う」(GALERIE PARIS/神奈川)、2013年「Under 35」キュレーション森田彩子(BankART Studio NYK/神奈川)、2015年「木と刺繍」(LIBRE/東京)などがある。現在、横浜市在住。