申請にあたっての注意事項

会場の利用について、以下の事項をご了解のうえご申請ください。

1. 施設等の利用

  • 利用時間
    許可された利用時間内で、「準備開始」から「後片付け終了」までを行ってください。               ロビー、楽屋への入室も利用時間に含みます。進行に無理のない時間の設定をお願いします。
  • 附帯設備
    附帯設備のご利用は、必ずレクチャーホール技術者の指示に従うと共に、照明、音響などの機器操作、取扱いは、すべて利用者が技術の保有者を伴って行ってください。
    レクチャーホールの技術者は附帯設備の操作などは一切行いませんのでご了承ください。   

2.定員の厳守

事故防止のため、いかなる場合であっても定員(客席:240席)を厳守してください。
入場券、整理券の発行枚数は、横浜美術館の指示に従い決定してください。

3.会場の警備及び整理

催事の運営には、来場者の確認、会場整理のため、十分な係員を配置してください。

  • 受付責任者(常時):レクチャーホール入口を開場している間
  • 入場整理要員:開場前に来場者が多数来館することが予想される場合

4.舞台操作・附帯設備の利用

利用当日はレクチャーホール技術担当が立ち会いますが、附帯設備の操作等は行いませんので、転換・操作に必要な要員をご用意ください。

5.主催者用駐車場

  • 利用当日の関係者・スタッフ用車両について5台分までご用意します(無料)。
  • 5台を越える自動車の駐車は、すべて横浜美術館の有料駐車場をご利用ください。
    ※来場者に向けては有料駐車場をご案内ください。

6.横浜美術館職員の立ち入り

レクチャーホールの管理上必要があると認めた場合は、ご利用中の施設に横浜美術館の職員が立ち入ることがあります。

7.原状復帰

催事終了時直ちに、施設・設備を原状に復し、責任者立ち会いのもとに技術者の点検を受けてください。
施設及び設備等を破損又は滅失したときは、ご利用者の責任において、その損害を賠償していただきます。

8.その他の遵守事項

ご利用者は、次の事項を遵守していただくとともに、来場者にも周知徹底してください。

  1. 利用内容
    • レクチャーホールの貸出の趣旨と異なる目的に施設等を利用しないでください。
    • 絵具や墨などを使った、舞台及び客席を汚すおそれのある催し物はできません。
    • レクチャーホールの上階は展示室となっているため、展示室への影響が想定される大音量を伴った利用(ドラム、大太鼓などの打楽器)を使った利用はできません。
  2. 附帯設備など
    • 附帯設備(機器など)をレクチャーホール外に持ち出さないでください。
    • 許可なく、壁、柱、扉等に、ポスター、看板、旗、懸垂幕等を掲げ、はりつけ、又は文字などを書かないでください。
    • ガムテープ、紙テープ、釘類の貼付、打ち込みは行わないでください。
  3. その他
    • 館内および敷地内は全館禁煙ですので、近隣の喫煙所をご利用ください。
    • 飲食は、ロビー内の指定された場所及び楽屋内でのみお願いします。
      客席内はもちろん、指定された場所以外での飲食はお断りします。
    • 危険物、不衛生物、動物類を持ち込まないでください。
    • 火気・煙の使用をしないでください。
    • 催し物に関係のない物品の販売や展示、寄付金の募集、印刷物の配布、宣伝その他これに類する行為をしないでください。催し物に関係のある物品の販売、寄付金の募集を希望する場合は、 別途申請が必要です。
    • 騒音や怒声を発したり暴力を用いるなど、他人に迷惑を及ぼす行為をしないでください。

記載事項・内容に関するお問合せ

横浜美術館 レクチャーホール担当
TEL 045-221-0300(休館日をのぞく10時~18時)
※休館日:毎週木曜日(木曜が祝日の場合は翌日)、年末年始