原三溪市民研究会第3回シンポジウム「原三溪と本牧のまちづくり」開催!

2016年10月11日

原三溪と本牧のまちづくりー過去と現在の対話―

日程2016年11月12日(土)
時間13時30分~16時30分(開場13時)
プログラム【第1部】13時30分~14時30分
基調講演 :「善三郎の着眼と富太郎の本牧」
講師   :内海孝(東京外国語大学名誉教授)

【第2部】14時45分~16時30分
フォーラム:「これからの本牧のまちづくりー課題と展望を考える」
パネリスト:石田良男(本牧4南元気なまち運営委員会副会長)
     :伊波新之助(元朝日新聞編集委員)
     :大谷卓雄(原三溪市民研究会)
     :小島淳(原三溪市民研究会)
     :佐々木雄大(横浜国立大学准教授)
コーディネーター:猿渡紀代子(原三溪市民研究会顧問)
会場横浜美術館円形フォーラム
定員100名
料金無料(先着順、横浜美術館総合案内横にて12時半より整理券配布)
主催原三溪市民研究会、横浜美術館、三溪園
助成公益信託ヨコハマ中区まちづくり本牧基金
問合せ原三溪街づくり市民協議会サイト

2016年11月12日(土)に、原三溪市民研究会の主催にて「原三溪と本牧のまちづくり」をテーマにしたシンポジウムを開催します。
本牧という地域にとどまらず、横浜になくてはならない名園として多くの人を惹きつける三溪園。原三溪がどのような構想で三溪園を築き、本牧のまちづくりを進めようとしたのか、当時の資料をもとに明らかにします。後半のフォーラムと併せ、ぜひご参加ください。
詳細はこちら [1200KB]