村上隆さんが、本年度の芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)に選ばれました

2016年03月11日

当館の「村上隆のスーパーフラット・コレクション」展が好評開催中の村上隆さんが、本年度の芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)に選ばれました。

【贈賞理由】 「村上隆の五百羅漢図展」は、日本では14年ぶりとなる大規模な個展である。特に東日本大震災を契機に制作された「五百羅漢図」は、横100メートル、縦3メートルという桁外れの規模と完成度に圧倒される記念碑的な作品である。オタクカルチャーやキャラクターを明治以前の日本美術と接続した独自の概念「スーパーフラット」を果敢に展開してきた村上隆氏の新境地であると同時に、日本の文化や歴史を根源的に俯瞰する、かつてない道標を示した。
文化庁の報道資料はこちら

上記の森美術館の個展は3月6日をもって閉幕いたしましたが、当館の「村上隆のスーパーフラット・コレクション」展は4月3日まで開催中です。村上さんが、自身のコレクションを通して「スーパーフラット」のコンセプトを全開させたこの展覧会、お見逃しなく!
「村上隆のスーパ―フラット・コレクション」展特設サイトはこちら