美術情報センターにてヨコハマトリエンナーレ2014関連特別展示

2014年08月06日
ふんしょ
「焚書」-禁じられた書物と文化財ー ヨコハマトリエンナーレ2014のテーマの由来となったレイ・ブラッドベリのSF小説『華氏451度』は、書物の許されない社会を舞台に、本を焼き捨てる「焚書官」が主人公です。これは架空の物語ですが、本の破壊や禁止は今日まで世界各地で起こり、歴史的事実として記録されてきました。
美術情報センターでは、所蔵している焚書や文化財の受難を扱った資料、図版を紹介する特別展示をします。

期間:2014年8月1日(金)〜11月30日(日)
時間:10時〜18時(入室は17時30分)
場所:横浜美術館美術情報センター
休室日:8月〜10月は第1、第3木曜、11月は毎週木曜
※美術情報センターへの入場は無料です。
※会期中、展示替えがあります。