[終了]世界遺産登録記念シンポジウム「富岡製糸場と横浜の原三溪」開催

2014年07月12日

世界遺産に登録された「富岡製糸場」が、三溪園の創始者・原三溪にゆかりがあることをご存知でしょうか?
実業家として、また芸術のパトロンとしても多くの業績を残した原三溪は、36年間にわたり富岡製糸場を所有・経営していました。その時期は、三溪園の造園を行っていたころと重なります。
このたびの世界遺産登録を記念したシンポジウムを、三溪園、原三溪市民研究会、横浜美術館の共催で行います。ぜひご来場ください。

シンポジウム「富岡製糸場と横浜の原三溪―36 年間の経営と継承―」
日時: 2014 年10 月11 日(土) 14時~16時30分 
会場: 横浜美術館 レクチャーホール
参加費: 無料
定員: 先着200 名(12時30分よりホール入口にて整理券を配布します。)
主催: 原三溪市民研究会 横浜美術館 三溪園

詳細はこちら [262KB]