ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

ヨコハマトリエンナーレ2017

公式サイトはこちら

展覧会概要

第6回となる「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、ジャンルや世代を超えたメンバーからなる「構想会議」での議論を経て、タイトルをヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(英題:Yokohama Triennale 2017 “Islands, Constellations and Galapagos” )に決定しました。
「島」「星座」「ガラパゴス」は、孤立や接続性、想像力や指標(道しるべ)、独自性や多様性など、色々な捉え方のできるキーワードでもあります。このタイトルを手掛かりとして、先行きの見えない複雑な時代に、人間の想像力・創造力をもって、未来への知恵を多くの人々と共に考えていきます。
また、視覚体験に限定されない「対話・議論」、「思考」、「共有・共生」の場づくりを目指し、会期に先立つ2017年1月より定期的に公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を開催し、タイトルに関係する諸問題や可能性について議論していきます。

構想会議メンバー

スハーニャ・ラフェル (M+美術館 エグゼクティブ・ディレクター)
スプツニ子! (現代美術家、マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教)
高階 秀爾 (美術史家、大原美術館館長、東京大学名誉教授)
リクリット・ティラヴァーニャ (現代美術家、コロンビア大学美術学部教授)
鷲田 清一 (哲学者、京都市立芸術大学学長、せんだいメディアテーク館長)
養老 孟司 (解剖学者、東京大学名誉教授)

逢坂 恵理子 *(横浜美術館館長)
三木 あき子 *(キュレーター、ベネッセアートサイト直島インターナショナルアーティスティックディレクター)
柏木 智雄 *(横浜美術館副館長、主席学芸員)
*ヨコハマトリエンナーレ2017 ディレクターズ

基本情報

会期2017年8月4日(金)~11月5日(日)
休場日第2・4 木曜日
主会場横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館
主催横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、 NHK、朝日新聞社
横浜トリエンナーレ組織委員会

関連イベント

ヨコハマラウンド「ラウンド1 :0と1の間にあるアート」(ヨコハマトリエンナーレ2017)

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」は、「接続性」と「孤立」という視点から、人間の想像力や創造力の可能性について思考をめぐらせるため、展覧会だけでなく様々な分野の専門家を招いて議論を重ねる公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を実施し、視覚と対話の両面から考える機会を提供していきます。

第1回は、解剖学者でヨコハマトリエンナーレ2017構想会議メンバーの養老孟司が登壇し、0と1で構成されるデジタルの世界が広まる現代社会の中で、「0と1の間」という無限の世界にあるアートの可能性について探ります。
詳細はこちら

日程2017年1月15日(日)
時間 14時~16時(開場13時30分)
出演養老孟司 (解剖学者、東京大学名誉教授、ヨコハマトリエンナーレ2017構想会議メンバー)
布施英利 (美術批評家、解剖学者) 
会場横浜美術館レクチャーホール
定員200名
参加費無料
申込み*定員に達したため、受付終了

ヨコハマラウンド ラウンド2 〈創造と汚染〉(ヨコハマトリエンナーレ2017)

文化人類学者とアーティストが集い、新たな創造の背景となる異文化や言語の交差、混淆と混濁、その接続の難しさや、同時に得られる豊かさ、価値の変容ついて、改めて、この文明開化、開港の地、横浜で議論を重ねます。
(ヨコハマラウンド総合進行:三木あき子)
*第50回アジア開発銀行年次総会横浜開催 連携事業

詳細はこちら

日程2017年3月25日(土)
時間14時~16時15分(開場13時30分)
出演■今福 龍太 (文化人類学者、批評家、東京外国語大学大学院教授) 
■リクリット・ティラヴァーニャ (現代美術家、コロンビア大学芸術学部教授、ヨコハマトリエンナーレ2017構想会議メンバー)
■スプツ二子!*ファシリテーター(現代美術家、マサチューセッツ 工科大学メディアラボ助授、 ヨコハマトリエンナーレ2017 構想会議メンバー)
*日英通訳付
会場横浜美術館レクチャーホール
定員200名(先着順)
参加費無料
申込方法横浜トリエンナーレ公式サイト申込みフォームから
主催横浜市、横浜トリエンナーレ組織委員会
共催横浜美術館
助成公益信託タカシマヤ文化基金
問合せ横浜トリエンナーレ組織委員会事務局 
TEL:045-663-7232(平日10時~18時)

中高生プログラム「ヨコトリ2017を体験しよう!伝えよう!」(ヨコハマトリエンナーレ2017)

*

Photo: Ken Kato

中学生・高校生を対象とする長期プログラムを「ヨコハマトリエンナーレ2017」を舞台に開催します。
プログラム前半は、本物の美術作品、普段なかなか会うことのできないアーティストや専門家との出会いを通して、美術のいろいろな魅力を体験します。そして後半は、その体験をもとに、小学生に「ヨコハマトリエンナーレ2017 」の 楽しさを伝える展示室ツアーとワークショップを自分たちで企画し、夏休みに実施します。
たくさんの発見と出会いがつまったプログラムに参加して、新しい 世界の扉を開いてみませんか?

日時全8回(全回通し)
【美術を体験する編】  
 2017 年6 月18 日(日)10時~14時30分
 7 月9 日(日)10時~12時、30 日(日)10時~14時
 8 月6 日(日)10時~14時30分 
【こども探検隊 企画・準備編】  
 8 月11 日(金・祝)・20 日(日) 10時~14時 
【こども探検隊 本番】  
 8 月27 日(日) 10時~14時30分  ※参加必須 
【まとめ】  
 9 月10 日(日) 10時~12時

※毎回の積み重ねが必要となる連続的なプログラムですので、原則としてすべての回にご参加ください。こども探検隊の本番となる8 月27 日(日)は必ずご参加ください。
※その他の申込注意事項は、下記よりチラシPDFをご確認ください。
会場横浜美術館ほか
対象・定員中学生と高校生・18 名 程度(要事前申込み、抽選)
参加費500 円
申込方法申込フォームよりお申込みください  申込フォーム
申込締切2017年6月4日(日)

詳細は下記より中高生プログラムチラシPDFをご覧ください
チラシPDF(2ページ) [356KB]