ファッションとアート 麗しき東西交流

*

ターナー [イギリス]「ドレス」 1870年代 京都服飾文化研究財団蔵 リチャード・ホートン撮影

展覧会公式サイトはこちら

展覧会概要

海の向こうへの憧れが、新しい装いと美を生み出した――。

1859(安政6)年の開港以来、横浜は西洋の文化を受け入れ、日本の文化を海外に送り出す玄関口としての役割を担ってきました。この展覧会では、19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、横浜を一つの拠点とする東西の文化交流が、人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたのかを紹介します。  

明治以降の日本では、西洋からもたらされたファッションやライフスタイルが、急速に人々の暮らしに浸透していきました。一方、西洋へは日本の美術品やきものが輸出され、ジャポニスムのブームが起こりました。日本と西洋の双方にとって、海の向こうの人々は、美しく珍しい衣服を優雅にまとい、自分たちのものとは異なる工芸品で日々を豊かに彩る、「麗しき」他者であったことでしょう。  

横浜では初めての展示となる京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスや服飾品約100点を中心に、国内外の美術館や個人が所蔵する服飾品、工芸品、絵画、写真など計約200点を展観。日本と西洋が互いの装いと生活の文化をどのように受容・展開し、新しい美を見出していったかをたどります。
*会期中、一部展示替えがあります。

ファッション展画像1
ファッション展画像2
ファッション展画像3

基本情報

会期2017年4月15日(土) ~ 6月25日(日)
開館時間                   10時~18時 
*2017年5月17日(水)は20時30分まで
*入館は閉館の30分前まで
休館日木曜日、5月8日(月)*5月4日(木・祝)は開館
主催横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
公益財団法人京都服飾文化研究財団、日本経済新聞社
後援横浜市
特別協力 株式会社ワコール、三菱一号館美術館
協力日本宝飾クラフト学院、公益社団法人服飾文化研究会、 みなとみらい線、
横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社 

観覧料

先行ペア券2,000円
*1セット2枚で2,000円
*販売期間:2017年1月15日(日)~2月14日(火)
一般1,500円(前売 1,300円 / 団体 1,400円) 
大学・高校生 900円(前売 700円 / 団体 800円)
中学生 600円(前売 400円 / 団体 500円)
小学生以下無料
65歳以上      1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)            

■チケット取扱い
横浜美術館(前売りはミュージアムショップ
セブンチケット [セブンコード 051-239](セブン-イレブン店内マルチコピー機 もしくはウェブサイト

■特典つきグループチケット
[対象]一般/大学・高校生/中学生の前売・当日券の定価3名様以上
[特典]横浜美術館特製ポストカード(非売品)を人数分プレゼント
[チケット取扱い]セブンチケット [セブンコード 051-266] 
        (セブン-イレブン店内マルチコピー機 もしくはウェブサイト
*総合案内にて「引換券」と特典を引き換えてください。 

*前売券販売期間:2017年2月15日(水)~4月14日(金)
*2017年6月2日(金)は無料
*団体は有料20名以上(要事前予約)
*毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
*障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
*観覧当日に限り「ファッションとアート」展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可

関連イベント

講演会(ファッションとアート展)

ジュエリーがどのように日本人の生活に取り入れられていったのか、専門家を招いてお話いただきます。

日程2017年4月22日(土)
時間14時~15時30分
テーマ日本のジュエリーの歴史と美―近代の髪飾り、帯留、指輪など
講師露木宏(宝飾研究家、日本宝飾クラフト学院理事長)
会場横浜美術館レクチャーホール
定員240名(当日12時より総合案内にて整理券配布)
参加費無料

シンポジウム(ファッションとアート展)

東西のファッションと美術の相互影響について、掘り下げて考察するシンポジウムを、ジャポニスム学会との共催で開催します。

日程2017年5月27日(土)
時間13時30分~16時30分(13時開場)
テーマファッションとアートにみる東西交流の諸相
講師・内容■基調講演
「ファッションとしてのジャポニスム」
深井晃子(京都服飾文化研究財団理事/名誉キュレーター)

■発表
1.「ジャポニスムの広がりー19世紀末から20世紀の工芸・装飾美術・生活芸術」
    岡部昌幸(帝京大学教授、群馬県立近代美術館館長)
2.「輸出された室内着」 周防珠実(京都服飾文化研究財団キュレーター)
3.「日本画に描かれた洋風ファッション」内山淳子(横浜美術館主任学芸員)

モデレーター:沼田英子(横浜美術館主席学芸員)
会場横浜美術館レクチャーホール
定員240名(当日12時より総合案内にて整理券配布)
参加費無料
主催横浜美術館、京都服飾文化研究財団、ジャポニスム学会

YMA & KCI キュレーターズ リレー・ギャラリートーク(ファッションとアート展)

日程2017年4月28日、5月12日、19日、26日、6月9日 いずれも金曜日
時間いずれも15時~15時40分
テーマ・担当■2017年4月28日「横浜発のジャポニスム」沼田英子(横浜美術館主席学芸員)
■2017年5月12日「描かれた洋風ファッション」内山淳子(横浜美術館主任学芸員)
■2017年5月19日「KCIのドレス・コレクションについて」周防珠実(京都服飾文化研究財団キュレーター)
■2017年5月26日「ジュエリーの東西」長谷川珠緒(横浜美術館学芸員)
■2017年6月9日「文様にみる東西交流」坂本恭子(横浜美術館学芸員)
会場企画展展示室
参加費無料(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)

夜の美術館でアートクルーズ(ファッションとアート展)

閉館後の美術館を参加者だけで独占できる特別な鑑賞会です。今回は2名の学芸員によるリレー形式で展示解説をいたします。本展の企画から携わった学芸員ならではの、詳しい解説に耳を傾けながら、心ゆくまで展覧会をお楽しみください。

日程2017年5月20日(土)
時間19時~21時
*受付:18時30分~ 横浜美術館グランドギャラリー
*プログラム進行状況により終了時間が遅れる場合がございます。
*本イベントではミュージアム・ショップの営業はございませんが、グランドギャラリーにて展覧会カタログの販売をいたします。
*横浜美術館の駐車場をご利用の場合、出庫は21時まででございます。そのため、イベントに最後までご参加いただけなくなる可能性がございますこと、予めご了承ください。
会場企画展展示室
解説沼田英子(横浜美術館主席学芸員)、内山淳子(横浜美術館主任学芸員)
*都合により解説担当学芸員が変更になる場合がございます。
対象・定員 18歳以上・60名
参加費3,000円
申込方法こちらの申込フォームからお申込みのうえ、当日受付にて参加費3,000円を現金でお支払いください。
受付:2017年3月11日(土)10時より
申込フォームはこちら

*お申込み1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名お申込みいただいた場合、最後に入力した1名様分だけの受付になってしまいますのでご注意ください。
申込締切2017年5月10日(水)または定員に達し次第

【ファッション展関連ワークショップ】 親子講座 いとじゅんさんとファッションショー!

展覧会をみて、アーティストのいとじゅんさんといっしょに紙で服をつくってみよう。フィナーレは美術館グランドギャラリーでファッションショー!

「ファッションとアート 麗しき東西交流」特設サイト

日程2017年5月5日(金・祝)
時間10時30分〜15時(昼休憩あり)
会場横浜美術館グランドギャラリー
対象小学校1~6年生と保護者 
定員20組[1組3名まで](抽選)
参加費親子2名で2,000円(お1人追加で+500円)
申込方法
(1) 申込みフォーム
(2) 往復はがき
※お申込みの際にお子さまの身長をご記入ください(材料準備のため)
申込締切2017年4月18日(火)(必着)


伊東純子(いとう・じゅんこ)プロフィール
東京生まれ。2009年より、横浜市内にある京急高架下日ノ出スタジオを拠点とし、布や糸を使った作品を制作。オリジナルブランド「un:ten」(アンテン)を主催。
「un:ten」

*


*


*


日本刺繍の魅力 鑑賞と創作体験(ファッションとアート展)

1859年の開港以来、横浜は西洋文化を受け入れ日本の文化を海外に送り出す玄関口となり、その東西交流が人々の生活に様々な影響を及ぼしました。
今回のワークショップでは、和装から洋装への変化のなかで継承された日本刺繍に着目し、展示作品の鑑賞と、当時の文様を取り上げ、専門的な道具を使用した日本刺繍の創作体験(約7cm×9cm)を行います。明治から昭和初期にかけてのファッションにみる、日本刺繍の魅力に迫ります。
日程2017年5月21日(日)
時間13時~16時
講師岡田宣世(女子美術大学名誉教授/客員教授)
会場市民のアトリエ、企画展展示室
対象・定員12歳以上・16名(事前申込、抽選)
参加費2,500円
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
申込締切2017年5月1日(月)
糸と刺繍
■講師より
「日本刺繍の絹糸と金糸の光沢をお楽しみください」

■岡田 宣世(おかだ のぶよ)
1949年生まれ。'73年 女子美術短期大学専攻科刺繍修了。'95年 日本女子大学家政学部生活芸術学科卒。'81年 三軌会に出品を始める。受賞5回。'90年「 日本刺しゅう-今」展(横浜)。'95年 第15回日本画廊協会展(東京)。'98年 個展(東京)。三軌展審査員、評議員。'90年頃より染織遺品の修復に携わる。2009年より女子美術大学染織コレクションの調査・研究・教育的活用の実践。現在、女子美術大学名誉教授・客員教授、和洋女子大学家政学部服飾造形学類特任教授。日本刺繍・染織文化財修復を手掛ける。 

特別資料展示:洋画への眼差しを辿る-秋田蘭画研究のさきがけ『日本洋画の曙光』

本書「図版第二 佐竹曙山筆 唐鳥図」
今回の特別資料展示は、「ファッションとアート 麗しき東西交流」展に寄せて、東西交流の視点から、平福百穂(ひらふく・ひゃくすい)著『日本洋画の曙光(しょこう)』を紹介します。
江戸中期、在来の伝統的な画材で本格的な洋画を描こうと試みた秋田の藩士・小田野直武(おだの・なおたけ)(1749-1780)や藩主・佐竹義敦(よしあつ)(号:曙山(しょざん)、1748-1785)らの絵画は、のちに「秋田蘭画」と呼ばれ、日本初の本格的な洋風画と考えられています。平賀源内に手ほどきを受けた小田野直武は、『解体新書』の挿絵も描きました。
『日本洋画の曙光』は、日本画家で「アララギ派」の歌人でもあった平福百穂(1877-1933)が、「秋田蘭画」を初めて歴史的に位置付け、体系的に跡付けた書物と評価されています。しかし、昭和5年(1930)岩波書店から大判画集として出版されたときはわずか限定300部の発行で、ここに展示しているのはそのうちの1部です。現在では所蔵不明の作品の図版も含まれ、「秋田蘭画」に関する貴重な資料となっています。

図版:本書「図版第二 佐竹曙山筆 唐鳥図」
会期2017年3月24日(金)~7月23日(日)
時間10時~18時
休室日
木曜日(ただし5月4日を除く)、5月8日(月)
および特別整理期間 6月5日(月)~6月15日(木)
料金無料
場所美術情報センター

関連資料コーナー:集まれ! ファッションのテーマ展(ファッションとアート)

*

出品資料の一部(参考図版)

美術情報センターの蔵書は、現在、国内外の展覧会カタログが約6割を占め、6万8千冊以上に及びます。そこで、「ファッションとアート 麗しき東西交流」展に寄せて、その中からファッションをテーマに、国内で開催された展覧会カタログをまとめてご紹介します。
特に、服飾文化全体やモードの歴史を俯瞰したり、ある地域において発展した衣装に深く関わったりなど1970年代以降、ファッションを様々な角度から検証し、考察した展覧会28件を採りあげました。それらは身近な衣服や装身具が、いかに我々を魅了し続け、創造性豊かな世界を築いてきたかを教えてくれるでしょう。是非お手に取ってご覧ください。

会期2017年4月15日(土)~7月31日(月)※予定
時間10時~18時
休室日木曜日(ただし5月4日を除く)、5月8日(月)
および特別整理期間 6月5日(月)~6月15日(木)
料金無料
会場美術情報センター