蔡國強展:帰去来

*

「蔡國強展:帰去来」特設サイトはこちら

展覧会概要

本展は、ニューヨークを拠点に、現代美術界で最も活躍しているアーティストのひとり、蔡國強(ツァイ・グオチャン/さい こっきょう、1957年、中国福建省泉州市生まれ)による、日本国内では7年ぶりとなる大規模な個展です。

上海戯劇学院で舞台美術を学んだ蔡は、1986年末に来日し、筑波大学、河口龍夫研究室に在籍。東京そして、取手やいわきに滞在しながら創作活動を開始しました。日本滞在中に、実験を重ねて火薬の爆発による絵画を発展させ、一躍、内外の注目を浴びるようになります。日本での約9年にわたる創作活動を経て、1995年以降はニューヨークに拠点を移し、世界を舞台に、創作活動を続けています。2008年の北京オリンピックでは、開会式・閉会式の視覚特効芸術監督として花火を担当し、その様子は世界中に中継され注目を集めました。

蔡は、中国の文化・歴史・思想から着想を得ながら、火薬の絵画、独創的な花火、ランドアート、インスタレーションなど、多義的な視点による作品で、現代社会へ一石を投じてきました。例えば戦争や武器に用いられる火薬の爆発を、絵画や花火という美術作品へ転じることにより、火薬の破壊力と平和利用の有効性の双方の視点を、蔡は私たちにしなやかに提示します。また、彼は人々の感性に訴えるダイナミックな視覚的表現と柔軟なコミュニケーション力により、美術界だけではなく幅広く多くの人々を魅了してきました。近年は、子どもや自然、エコロジーなどにも、より意識を高めています。

タイトルの「帰去来(ききょらい)」は、中国の詩人、陶淵明(とうえんめい)*(365-427)の代表作「帰去来辞(ききょらいのじ)」から引用しています。官職を辞して、故郷に帰り田園に生きる決意を表したこの詩は、現実を見つめ、己の正しい道に戻り、自然に身をゆだねる自由な精神を謳っています。泉州から日本を経てニューヨークへ渡り、華々しい活動を続ける蔡が、アーティストとして自由な創作を開始した日本という原点に戻るという意味が、タイトルに示されています。また、同時に人間としての原点への問いも含まれています。

本展では、日本初公開となる近年の代表作《壁撞き(かべつき)》のほか、横浜に取材した大規模な火薬による平面作品と、テラコッタによるインスタレーションが新たに制作され展示されます。蔡の作品は、動植物に象徴される自然と人間との共生、複雑な社会における人間性への問いかけなどの様々な読み方を促してくれます。それは、紛争や対立が絶えない現代にあって、示唆に富んだものとなるでしょう。

老若男女にかつてない驚きと発見をもたらしてくれる蔡國強の世界。今年の夏、見逃すことができない展覧会です。
 
* 陶淵明(365-427)は中国、六朝期の詩人。著作に、ユートピアを描いた「桃花源記」「五柳先生伝」など。自らを五柳先生と称した。 

*

キャプション

*

火薬絵画《夜桜》(2015年、火薬・和紙、作家蔵)の爆破
Photo by KAMIISAKA Hajime

*

《夜桜》2015年、火薬・和紙、800×2400cm、作家蔵 
Photo by KAMIISAKA Hajime

*

《朝顔》(2015年、陶、藤蔓、鉄、作家蔵)《春夏秋冬》(2014年、火薬、陶器タイル、作家蔵)の展示風景 
Photo by KAMIYAMA Yosuke

*

《春夏秋冬》より 2014年、火薬・磁器、作家蔵、上海当代芸術博物館によるコミッション・ワーク

横浜、越後妻有、東京。蔡國強の夏!

日本では7年ぶりの大規模個展となる蔡國強ですが、今年は、春の京都国際現代芸術祭2015、7月26日から開幕する大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015での里山現代美術館キナーレ展「蓬莱山」、そして7月末からの代官山のアートフロントギャラリーと、国内で話題の展示が相次ぎます。
蔡の世界を体感する貴重な機会。蔡國強をめぐる夏をお楽しみください。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ] 
  特別企画展「蔡國強 蓬莱山—Penglai / Hõrai」
:2015年7月26日(日)~9月27日(日)    
 ※大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2015のプロジェクトとして開催
東京展 於アートフロントギャラリー
「蔡國強 アート・アイランド」展
:2015年7月28日(火)~9月6日(日)
 ※オープニング 7月27日(月)18時より

作家略歴

蔡國強(ツァイ・グオチャン/さい・こっきょう)   

*

蔡國強 Cai Guo-Qiang
Photo by Wen-You Cai, courtesy Cai Studio

近年の主な個展とプロジェクト:「透明モニュメント」メトロポリタン美術館、ニューヨーク(2006年)、「アイ・ウォント・トゥ・ビリーブ」ソロモン・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク、中国美術館、北京(2008年)、ビルバオ・グッゲンハイム美術館(2009年)、「蜃気楼」アラブミュージアム・オブ・モダン・アート(2011年)、「スカイ・ラダー」LAMOCA、ロサンゼルス(2012年)、「農民ダヴィンチ」ブラジリア、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ巡回(2013年)、「Falling Back to Earth/帰去來兮」クイーンズランド州立美術館、ブリスベン(2013年)、「九級浪」上海当代芸術博物館(2014年)ほか。また、2008年の北京オリンピック・パラリンピック開閉会式で視覚特効芸術監督を務める。

受賞歴:
第48回ヴェネチア・ビエンナーレ「国際金獅子賞」(1999年)、「アルパート芸術賞」(2001年)、第7回「ヒロシマ賞」(2007年)、第20回「福岡アジア文化賞受賞」(2009年)、第24回「高松宮殿下記念世界文化賞」(2012年)、「米国国務院芸術勲章」(2012年)など。

アーティストウェブサイト

観覧料

一般
1,500円(前売1,300円、団体1,400円)
高校・大学生900円(前売700円、団体800円) 
中学生600円(前売400円、団体500円)
小学生以下無料
先行ペア券
*期間限定
*販売終了
2,000円 *1セット2枚で2,000円、一般のみ
*販売期間:2015年3月28日(土)~5月6日(水・振)  
*販売場所:横浜美術館ミュージアムショップ      
                 スマートフォン・チケット「ティクシー」
       セブンチケット
*横浜美術館ミュージアムショップ販売の先行ペア券に限り、 オリジナルグッズプレゼント付 

チケット取扱い:横浜美術館(前売はミュージアムショップ)
        スマートフォン・チケット「ティクシー」
        セブンチケット 

※団体は有料20名以上(要事前予約)
※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「蔡國強展:帰去来」の観覧券で横浜美術館コレクション展も観覧可
※前売券の販売期間は2015年5月8日(金)~7月10日(金)(会期中は当日券のみ販売)

基本情報

会期      2015年7月11日(土)~10月18日(日) 
開催時間10時~18時(入館は17時30分まで)
※夜間開館:2015年9月16日(水)、9月18日(金)は20時まで開館
(入館は19時30分まで)
休館日木曜日
主催横浜美術館、読売新聞社
後援中国大使館、横浜市、一般社団法人日本福建経済文化促進会
特別協賛寺田倉庫
協賛華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)、株式会社 資生堂
特別協力日本航空
協力      ドイツ銀行グループ、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、
弁護士法人BridgeRootsブリッジルーツ、株式会社キクシマ、
東京藝術大学大学院映像研究科 桂英史研究室|geidaiRAM、横浜美術大学、
みなとみらい線、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社

関連イベント

アーティスト・トーク(蔡國強展)

蔡國強が自作について語ります。(日本語のみ)

日程      2015年7月11日(土)
時間15時~16時30分(14時30分開場)          
会場横浜美術館レクチャーホール                         
参加料   無料 
定員   240名(先着順) 
申込方法    申込フォーム受付終了 (定員に達したため申込みを締切ました)
※2015年6月1日(月)10時より申込受付開始       


学芸員によるギャラリートーク(蔡國強展)

日程      2015年7月17日(金)、7月31日(金)、9月4日(金)、9月11日(金)、
9月16日(水)、9月18日(金)
時間いずれも14時~14時30分
※9月16日(水)、9月18日(金)のみ18時~18時30分
会場蔡國強展展示室(展示室入口にお集まりください)
参加費無料(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)

夜の美術館でアートクルーズ(蔡國強展)

閉館後の美術館で、解説つきで展覧会をゆったり鑑賞するプログラム。
本展では館長の逢坂恵理子がナビゲートいたします。

日程①2015年8月29日(土)
②2015年9月9日(水) ※①②は同内容
時間いずれも19時~21時
講師逢坂恵理子(当館館長)
会場蔡國強展展示室
対象・定員18歳以上・各回30名(抽選)
参加費3,000円
申込方法参加希望日を選んで、申込フォームからお申込みください
①2015年8月29日(土):申込フォーム受付終了
②2015年9月9日(水):申込フォーム受付終了
申込締切①2015年7月30日(木) ②2015年8月13日(木)

シルバーウィーク対談「蔡國強を語る」(蔡國強展)

蔡國強と長く親交のある方々に、蔡さんとの思い出や、過去のプロジェクトについてお話しいただきます。

日程2015年9月20日(日)、9月23日(水・祝)
時間各日14時~14時40分
ゲスト9月20日(日)       山野真悟氏 (黄金町エリアマネジメントセンター 事務局長)
9月23日(水・祝) 芹沢高志氏 (P3 art and environment 統括ディレクター)
聞き手逢坂恵理子 (横浜美術館 館長)
会場グランドギャラリー
参加費無料(事前申込不要)
ゲスト
プロフィール
山野真悟(やまの しんご)
1950年、福岡県生まれ。1978年より福岡市でIAF芸術研究室を主宰。1990年ミュージアム・シティ・プロジェクト事務局長に就任。1990年に街を会場にした美術展「ミュージアム・シティ・天神」、1991年「中国前衛美術家展[非常口]」をプロデュースし、蔡國強の作品を紹介する。2005年「横浜トリエンナーレ」キュレーター、2008年より「黄金町バザール」ディレクター、翌2009年、黄金町エリアマネジメントセンター事務局長に就任。2014年、第65回芸術選奨文部科学大臣賞[芸術振興部門]受賞。
------------------------
福岡の街中を展示空間として開催された現代美術展「ミュージアム・シティ・天神」。初回にあたる1990年、屋外での大規模なプロジェクトを手掛けていた蔡國強にいちはやく注目し、参加作家のひとりとして招き、「私はE.T. ̶   天神と会うためのプロジェクト:外星人のためのプロジェクトNo.4 」を展開した。
-------------------------------------------------------------------------------------------
芹沢高志 (せりざわ たかし)
1951年、東京生まれ。神戸大学数学科、横浜国立大学建築学科を卒業後、生態学的土地利用計画の研究を経て、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、1989年にP3 art and environmentを開設。1999年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。2005年「横浜トリエンナーレ」キュレーター、「別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』」総合ディレクター、「さいたまトリエンナーレ2016」ディレクターなどを歴任。
------------------------
P3 art and environmentにて、蔡國強が日本で広く注目されるきっかけとなった個展「原初火球:The Project for Projects」(1991年)を開催。また、「万里の長城を一万メートル延長するプロジェクト:外星人のためのプロジェクト No.10」(1993年)をP3のコミッションワークとしてプロデュースし、実現に導いた。 

横浜美術館・森美術館コラボレーション 中高生プログラム(蔡國強展)

体験しよう!伝えよう!アート
-蔡國強展とディン・Q・レ展をめぐるワークショップ-

photo: Ken Kato

中高生のための現代アートを体験する長期プログラムです。
横浜美術館「蔡國強展:帰去来」と森美術館「ディン・Q・レ展:明日への記憶」。二つの美術館で開催される展覧会をみたり、実際にアーティストに会ったりして、現代アートを体験しましょう! そして、夏休みには小学生に蔡國強展をたのしんでもらうためのツアーやワークショップを自分たちで企画し、実施します。
刺激がいっぱいの未知の世界へ、扉を少し開いてみませんか?
日時 全9回
【導入】2015年6月28日(日)10時~12時
【蔡國強編】 7月5日(日)、7月19日(日)10時~12時
                   7月26日(日)、8月9日(日)10時~14時
                   8月19日(水)10時~15時30分
                   8月30日(日)10時30分~14時
【ディン・Q・レ編】 9月13日(日)10時30分~14時30分
【まとめ】 10月4日(日)10時~12時
会場横浜美術館 ※9月13日は森美術館
対象・定員中学生と高校生・18名程度(要事前申込、抽選)
参加費無料(ワークショップ参加中の観覧料も無料)
申込方法申込フォームからお申込みください 申込フォーム
申込締切6月14日(日)受付終了

詳細は中高生プログラムPDFチラシをご覧ください
チラシ表面 [316KB]    
チラシ裏面 [521KB]    

森美術館「ディン・Q・レ展」ウェブサイト

蔡さんと子どもたち 親子講座「カラーテープで昼間の花火を描(えが)こう」(蔡國強展)

昼間の花火

ワークショップ参加者作品

蔡國強さん(ツァイ・グオチャン)は、2008年の北京オリンピックの開会式・閉会式で、視覚特効芸術監督として花火を担当するなど、花火を作品にすることで知られています。その蔡さんの花火作品にちなみ、布地に花火を描きましょう。
材料は色とりどりのカラーテープ。作業はとてもかんたんです。それぞれのアイディアを活かして、蔡さんといっしょに楽しく花火づくりに挑戦しよう!

※出来上がった作品は、美術館前のグランモール公園工事壁に展示されます。
講師蔡國強、子どものアトリエスタッフ
日程2015年7月11日(土)
時間10時~12時
会場横浜美術館子どものアトリエ
対象小学校1~6年生と保護者
定員30組(1組最大子ども3名、保護者2名まで、抽選)
参加費無料
申込方法① 往復はがき
② 申込フォーム
申込締切     2015年7月3日(金)(必着) 受付終了             

蔡國強展をたのしむ! こども探検隊(蔡國強展)

*

             Photo: Ken Kato

中高生のための長期プログラムに参加している中高生たちが、小学4~6年生のこどもたち向けに企画したワークショップです。中高生のお兄さん、お姉さんと一緒に展覧会を見たり、創作活動をしたりして、ワクワクがいっぱいの蔡國強展を楽しみましょう! 美術館や現代アートが初めてのこどもたち、大歓迎です!
 
日程2015年8月19日(水)
時間10時30分~14時(ランチ交流を含む)
会場蔡國強展展示室、8階スクールスペース
対象・定員小学4~6年生・30名(要事前申込、抽選)
参加費無料  ※ランチはご持参ください
申込方法申込フォーム
申込締切2015年8月6日(木)受付終了