横山大観展-良き師、良き友

展覧会概要

近代日本画壇を代表する巨匠・横山大観は、良き師・岡倉天心(おかくらてんしん)から薫陶をうけ、大正期に共に歩んだ良き友4人、今村紫紅(いまむらしこう)、小杉未醒(こすぎみせい)(放菴)(ほうあん)、小川芋銭(おがわうせん)、冨田溪仙(とみたけいせん)との交流から、作風を飛躍的に発展させました。
天心は横浜生まれの思想家で、大観は天心が創設に関わった東京美術学校に第一期生として入学。天心が同校長職を追われた際には、師の目指す理想に共鳴し、日本美術院の創立に参画、新たな絵画の創出に邁進しました。
大正2年に天心が没すると、大観は日本美術院再興の先頭に立ちます。制作においては「朦朧体(もうろうたい)」を脱し、東洋趣味の水墨表現、大胆な色彩表現や構図、形態のデフォルメなどに取り組み、のびやかな明るさをもつ作品を生み出しました。その背景には、革新的な描法や構図を示した紫紅、線の片側をぼかして物のボリューム感を出す「片ぼかし」の技法をもたらした未醒(放菴)、陽気な気分や飄逸さをたたえて特有の自然観を表す芋銭、南画的傾向と装飾性を融合させた溪仙、これら個性豊かな画家たちとの交流があったのです。4人は制作だけでなく、一緒に旅行し、酒を酌み交わし、語らう仲間だったのです。
本展では、彼ら「良き師」「良き友」との関わりを読み解きながら、約140件の作品で明治から昭和初期までの大観芸術の魅力に迫ります。

関連イベント

記念講演会  良き祖父・大観の芸術と日常

日程2013年10月5日(土曜)
時間14時から15時30分
講師横山隆氏(横山大観記念館館長)
会場横浜美術館レクチャーホール
定員定員240名、要整理券
参加費無料

記念講演会 「美術感想文『横山大観展を見て』」

日程2013年10月19日(土曜) 
時間14時から15時30分
講師山口晃氏(画家)
会場横浜美術館レクチャーホール
定員240名、要事前申込み
参加費無料

学芸員によるギャラリートーク

日程2013年10月25日(金曜)、11月8日(金曜)
時間各回とも14時00分から14時30分
会場企画展展示室
参加費無料(当日有効の本展観覧券が必要)

創作&鑑賞ワークショップ「日本画を体感する-横山大観の世界」

日程2013年10月27日(日)
時間10時30分から15時30分(昼休含む)
会場横浜美術館市民のアトリエ、企画展展示室
定員16名(要事前申込み、抽選)
参加費おひとり 3,800円(他日使える本展鑑賞券付き)

横山大観X横浜音祭り2013 タイアップイベント   横浜美術館“音祭り”コンサート

星空シネマ×オルガン

日程2013年10月11日(金曜)
時間19時~20時(18時30分開場)
会場横浜美術館 正面広場
出演ピーター・クラシンスキー(電子オルガン)
参加費無料
藤原道山 plays 大観

日程2013年10月22日(火曜)
時間19時~21時(18時30分開場)
会場横浜美術館グランドギャラリーほか
出演藤原道山(尺八)
共演:田嶋謙一(尺八)、田辺道恵(尺八)
参加費全席自由 3,000円(税込)
大観を奏でる~塩谷哲スペシャルコンサート

日程2013年11月3日(日曜・祝日)
時間11時30分~/15時30分~ 各回とも30分
会場横浜美術館グランドギャラリー
出演
塩谷哲(ピアノ)
参加費
無料

夜の美術館でアートクルーズ

日程①2013年10月25日(金曜) ②2013年11月9日(土曜)
時間各回とも19時から20時45分
会場企画展展示室
定員各回30名(要事前申込み、抽選)
参加費おひとり 3,500円