梶井照陰写真展HARBIN 2009-2012

展覧会概要

取り壊される下町 道外区 2

《取り壊される下町 道外区 2》 2009-2012(プリント2012年) 
発色現像方式印画、アクリル h.120.0x w.180.0㎝ 作家蔵

写真家・梶井照陰(かじい・しょういん)は、2009年、初めて訪れた中国東北部の都市ハルビンで、大規模な開発計画により固有の都市風景や古くからの生活様式が今まさに失われようとしていることを知り、衝撃を受けます。 激変する生活環境と、そのただ中に暮らす人々をより間近に捉えるべく、梶井は中国語を学び、その後毎年一定の期間をハルビンに暮らして、街と人々の表情を撮り続けてきました。
本展で初めて公開される新作シリーズ「HARBIN 2009-2012」には、この間に梶井が目の当たりにしたハルビンの現実が、淡々としかし穏やかな眼差しで写し出されています。

梶井は現在、新潟県佐渡島の最北端・鷲崎で、写真家としてだけでなく僧侶として生活しています。作家が暮らす村は人口の半数以上が65歳以上、俗に「限界集落」と呼ばれ、年々働き手が減ってゆくなど、構造的な問題を抱える地域です。同様の状況に置かれた全国の限界集落に目を向けた梶井は、2009年に『限界集落 -Marginal Village』と題した書籍と展覧会を発表しました。「限界集落」と同様、「HARBIN 2009-2012」においても、梶井の視線は一貫して表情豊かな人々の姿に注がれています。多様な人々と、画一化する都市景観との対比は、本当の豊かさとは何か、今一度我々に立ち止まって考えることを促します。

梶井は、佐渡の大波を撮影した「NAMI」でデビューし、その後、世界の川を独特の視点で撮影した「KAWA」により、国際的にも高い評価を得ました。横浜美術館では、2007年に開催した企画展「水の情景 −モネ、大観から現代まで」で《NAMI》を紹介し、本展は横浜での5年ぶり2回目の作品展示となります。本展は、梶井が「限界集落」により平成21年度五島記念文化賞美術新人賞を受賞したことを記念して開催するものです。

基本情報

会期2012年11月3日(土曜、祝日)から11月18日(日曜)
会場
横浜美術館アートギャラリー1
開室時間11時00分から18時00分(入場は閉室の15分前まで)
休館日木曜日
観覧料無料

主催横浜美術館
共催公益財団法人五島記念文化財団/フォイル
協力みなとみらい線/横浜ケーブルビジョン/FMヨコハマ/首都高速道路株式会社
後援横浜市
巡回情報

京都:2012年12月1日(土曜)~12月23日(日曜) 
フォイル・ギャラリー

同時発売

梶井照陰写真集『HARBIN 2009-2012』予価2,940円(税込)フォイル刊

プロフィール

梶井照陰(かじい・しょういん)

1976年新潟県出身、佐渡島在住。1999年高野山大学密教学科卒業。16歳の頃より写真雑誌などで作品を発表し始める。1995〜1999年、高野山で修行。ヴェトナム、カンボジア、タイ、パプアニューギニア、イギリス、中国など、世界各国を訪れ、積極的に取材する。2004年、佐渡の波を撮り続けたシリーズ「NAMI」で第1回フォイル・アワードを受賞、写真集『NAMI』(リトルモア/フォイル)を発表する。本作で2005年度日本写真協会賞新人賞を受賞。その後、日本各地で過疎化の進む集落を取材し、フォト+ルポルタージュとして一冊にまとめた『限界集落-Marginal Village』(フォイル)を発表。2009年、その活動が認められ五島記念文化賞美術新人賞を受賞。2010年、世界の川を撮影しまとめた写真集『KAWA』を発表、同シリーズで写真展を開催する。最新作に「TSUKI」など。個展・グループ展は国内にとどまらず多数。現在、佐渡島にて真言宗の僧侶をするかたわら、写真家としての活動をおこなっている。

主な出品作品
ふたり

《ふたり》 2009-2012 (プリント2012年) 
発色現像方式印画、アクリル h.40.0x w.40.0cm 作家蔵
《A pair》 2009-2012 (Print 2012) Chromogenic print, acrylic 40.0x40.0cm Collection of the Artist

水槽の魚

《水槽の魚》 2009-2012 (プリント2012年) 
発色現像方式印画、アクリル h.40.0xw.40.0cm 作家蔵
《Fish in a tank》 2009-2012(Print 2012) Chromogenic print, acrylic 40.0x40.0cm Collection of the Artist