特別展 源氏物語の1000年 −あこがれの王朝ロマン

展覧会概要

日本はもとより世界の文学史における名作の一つ「源氏物語」は、「紫式部日記」の記述から、寛永5年(1008)には宮中で読まれていることが確認され、物語としてある程度まとまった部分が成立していたと考えられています。したがって、2008年は源氏物語が歴史上に登場してちょうど1000年の節目にあたります。その源氏物語千年紀」を記念し、特別展を開催いたします。主人公・光源氏の恋愛や人間関係が豊かに綴られた「源氏物語」。1000年もの長きにわたり愛されてきたこの長編小説は、物語を読み継ぐ歴史と、物語にもとづいて新たな芸術を創る歴史をあわせ持っています。
作者の紫式部が当時の文化を背景にして源氏物語絵巻を執筆して以来、この物語を愛した菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)から、藤原定家をはじめとする源氏学者、そして現代語訳者の営みを経て、現在も愛読者が増え続けています。また、執筆された平安期から、源氏物語は絵画化され、いわゆる「源氏物語」の系譜を形成していきました。とりわけ近世には、王朝人の生活や文化への憧れと印刷技術の発達によって、幅広く人々に受け入れられ、雅俗両様の多彩な「源氏絵」が描かれました。
本展では、現代にまでいたるその「源氏絵」、および源氏物語や紫式部にまつわる絵画を中心に、国宝・重要文化財・重要美術品約20数件を含む豪華絢爛な作品を展観します。