サビーヌ・デルクール展 人の住む風景

展覧会概要

サビーヌ・デルクール(1968年生まれ)は、パリ第八大学で美術と写真を学んだのち、現在もフランスを拠点に制作・発表を行っている現代美術家です。彼女は地面に直接カメラを設置して撮影した建築物の写真を、テキストやインタビュー音声と組み合わせることで、土地や場所、建築物の歴史や社会的背景を重層的に表現してきました。
1992年から93年にかけて撮影した《移動》シリーズは、パリの郊外(セーヌ=サン=ドニ県)で撮影されたものです。古い観光ガイドブックで紹介されている場所を訪れて撮影した写真と、元となったテキストを重ね合わせることで、その土地の時間的変遷を示します。
《街をつくる人々》(2000年)シリーズは、ノルマンディー地方の一都市エルーヴィルで撮影されました。1960年代以降ニュータウンとして発展したこの都市のランドマーク的な建築物の映像と住民へのインタビューを織り交ぜて構成し、新しく造られた街の姿を描き出します。
デルクールは2002年9月から12月にかけて、アーカスプロジェクト実行委員会(茨城県)が主催するアーティスト・イン・レジデンス・プログラムの招聘作家として来日し、茨城県守谷市に滞在しました。彼女は、滞在中に行った調査で、西洋の家屋とは全く異なる建築方法や素材によって建てられる日本の家が、単純な外観とは対照的に複雑な内部構造を持つことに関心をもちました。そこで、建築途中の戸建住宅を撮影するとともに、日本人の生活観と住宅建築との関係を考えるために、家や家族についてのアンケートを行い、インスタレーション作品《私たちを囲むもの…》を制作しました。この作品はこれらの写真、アンケートに加え、段ボール製の家型オブジェ、サウンドにより構成されます。
本展では、土地や建築物とそこに住む人々との関係を共通のテーマとした、デルクールの10年にわたる取り組みの結晶ともいえるこれら3つのシリーズを日本で初めてまとめて紹介します。

基本情報

会期2005年6月18日(土)から7月18日(月・祝)
会場
横浜美術館アートギャラリー
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-4-1 TEL:045-221-0300 (代)
開室時間11時00分から18時00分
観覧料無料
主催デルクール展実行委員会 横浜美術館 (財団法人横浜市芸術文化振興財団)
助成フランス大使館文化部
協賛東京日仏学院 横浜日仏学院 株式会社堀内カラー チヨダコンテナー株式会社 メルシャン株式会社 @GALLERY TAGBOAT
協力G.I.P.Tokyo 横浜国立大学建築学教室
アーティスト・トーク

講師サビーヌ・デルクール
日時
2005年6月18日 土曜日/15時〜16時
会場横浜美術館アートギャラリー

※逐次通訳付き(日/仏)、聴講無料

市民のアトリエ アート・ア・ラ・カルト

「現代美術の作家と話してみよう」

講師サビーヌ・デルクール
日時
2005年6月19日 日曜日/14時〜16時30分
会場横浜美術館市民のアトリエ
定員20名
参加費1,500円

※逐次通訳付き(日/仏)

出演サビーヌ・デルクール
梅本洋一(横浜国立大学教育人間科学部教授)
北山恒(建築家、横浜国立大学大学院工学研究院教授)
大原一興(横浜国立大学大学院工学研究院教授) ほか
日時
2005年6月23日 木曜日 16時30分〜19時
会場横浜国立大学付属図書館メディアホール(240-8501横浜市保土ヶ谷区常盤台79-6)
主催横浜国立大学建築学教室、 デルクール展実行委員会、
横浜美術館(財団法人横浜市芸術文化振興財団)
助成横浜日仏学院
定員200名

※逐次通訳(日/仏)つき、参加無料
※一般の方も聴講できます。詳しくは横浜国立大学建築学教室内、建築計画研究室(電話:045-339-4069 担当:平島)までお問い合わせください。