ナデジダ・オレック・リャホヴァ展 ヴァニタス

展覧会概要

本展は、ブルガリアの女性現代美術作家、ナデジダ・オレック・リャホヴァによる日本での初個展です。ナデジダ・オレック・リャホヴァ(1960年生まれ)はソフィア国立芸術アカデミーを卒業後、テレビや舞台美術の世界で活躍するかたわら、ブルガリア国内外において個展やグループ展を多数開催してきました。彼女は食器や石鹸、氷、綿菓子など身近な素材を用い、味覚や嗅覚、触覚に訴えかける様々なインスタレーションやパフォーマンスを行っています。
日本初個展となる今回は、平面作品4点を中心に構成されたインスタレーションを展示し、4回のパフォーマンスを行います。「ヴァニタス(Vanitas)」とはラテン語で「空虚(くうきょ)、はかなさ、むなしさ」を意味する言葉で、17世紀のオランダの静物画で中心的な主題となり、「人生のはかなさ」の寓意として、頭蓋骨(ずがいこつ)、砂時計、蝋燭(ろうそく)、花、果物などが描かれました。リャホヴァはこの伝統的な主題からインスピレーションを受け、パフォーマンスとデジタル処理した写真により、現代のヴァニタス静物画を描きだします。
会期中4回行われるパフォーマンス《ヴァニタス》では、テーブル上に並べられた皿に作者の顔をかたどったアイスクリームのオブジェと果物が盛られ、参加者がそれをスプーンですくって食べます。食べるという行為を通して、参加者は作品世界に直接かかわり、人生や美のはかなさを体感することになるでしょう。会場の壁面には街角で撮影された、花柄の服を着た女性達の後ろ姿に、本物の花の写真を合成した平面作品《デジタル・スティル・ライフ》シリーズが展示されます。繰り返される花の背景にとけこみ、のみこまれていくかのように見える彼女達の姿は、有限と無限について観る者に問いかけます。パフォーマンスが行われていない日も会場のテーブル上には空の皿とスプーンが置かれるなど、ギャラリー内の展示は「ヴァニタス」という言葉から連想される様々な要素で構成されています。
本展では、ナデジダ・オレック・リャホヴァの作品を紹介するとともに、講演会などを通して、ブルガリアの現代美術の一端を紹介します。

主催/横浜美術館・リャホヴァ展実行委員会 助成/独立行政法人国際交流基金 財団法人アサヒビール芸術文化財団 協賛/タカナシ乳業株式会社/BRASSERIE T's 後援/駐日ブルガリア共和国大使館

講演会とアーティスト・トーク
「ナデジダ・オレック・リャホヴァの作品とブルガリアの現代美術について」

日時2004年7月17日(土) 13:00〜15:00
会場レクチャーホール
講師フィリップ・ジダロフ(ソフィア国立美術館展覧会ディレクター)
ナデジダ・オレック・リャホヴァ(本展出品作家)

※通訳つき、聴講無料
ブルガリア国内外で数々の現代美術に関する展覧会を企画しているフィリップ・ジダロフ氏に、ナデジダ・オレック・リャホヴァの作品についてお話いただきます。