教師のためのワークショップ

子どものアトリエでは、幼児の発達を造形としてどうとらえるかをテーマにした「教師のためのワークショップ」を、春と夏に開催しています(各期とも2日間)。幼児の表現活動に必要なのは、「自分でする」という“意志の育ち”です。自分が描く、自分がつくるから「自己表現」といい、幼児の造形活動はこの「自分」という意識の育ちが目的であるといえます。描きつくる活動は目に見えない「子どもの思い」を見えるようにしてくれる優れた活動です。
幼児・初等教育に関わる先生方のご参加をお待ちしています。

*

絵の具の活動

*

工作の活動

*

工作の活動

*

土粘土の活動

教師のためのワークショップ2017 夏期講座

2017年7月29日(土)、30日(日)を予定(変更になる場合もあります)

※募集の詳細は開催2か月前を目安にこちらのページに掲載します。