教育プロジェクト


*

教育プロジェクトは、鑑賞をはじめとする美術館体験がより豊かで多様なものとなる機会を来館者に提供することを目的に、2012年から始動しました。コレクション展・企画展の鑑賞を中心にした教育プログラムやワークショップを実施するほか、美術に関わる人材の育成事業として、展示解説などのボランティア、博物館実習、インターンシップも担当しています。市民が集い、美術や作品について学びながら主体的に活動にかかわることで、人々が生き生きと輝いている、そんな美術館を創出します。

鑑賞プログラム

コレクション展・企画展をより深く楽しんでいただけるよう、ギャラリートーク、鑑賞ワークショップ、ボランティアによる展覧会観覧前のガイダンスなど、鑑賞に関わるプログラムを開催しています。一般の方のみではなく、障がいのある方、保護者と子どもなど、多様な来館者が参加しやすいプログラムを実施することで、美術と美術館に親しんでいただくための活動の広がりを追求しています。
また、中学校、高等学校を中心にした学校連携をとおして十代の若者の鑑賞にも取り組んでいます。 
 
現在、ご参加いただける鑑賞プログラムはこちらをご覧ください。

ギャラリートーク

学芸員やエデュケーター(教育担当)などが、さまざまな切り口でコレクション展のみどころや楽しみ方を紹介します。

  • 開催予定 原則、コレクション展開催期間中の第2・第4金曜日 14時~14時30分
         ※日時は変更になる場合がありますので、コレクション展関連イベントのページでご確認ください
  • 会場   コレクション展展示室(ご参加には当日有効の観覧券が必要です)

ワークショップなど

企画展、コレクション展に関連するワークショップ形式(体験型)の鑑賞プログラムです。 開催される企画展のテーマに併せ、実施しています。コレクション展は、障がいのある方など様々な方にも参加していただけるような内容で実施します。 

その他

特別支援・養護学校(中等部・高等部)を対象としたプログラムや、外部NPOなどと連携したプログラムを主催するほか、横浜市芸術文化教育プラットフォーム・学校プログラムにも携わっています。

鑑賞ツール/来館ツール

鑑賞の補助ツールとして、手にとってご覧いただけるパンフレットや解説シートを制作しています。
また、視覚に障がいのある方の来館ツールとして、音声ガイドや触察のフロアマップなどをご用意しています。

パンフレット、解説シート

*

パンフレット、解説シート

展覧会や作品の理解を深めてもらえるよう、子どもにもわかりやすいパンフレットや解説シートなどを作成しています。

音でめぐる横浜美術館

*

音でめぐる横浜美術館

美術館の方針や施設、活動などご紹介する8番組の音声ガイドです。当ウェブサイトからダウンロードしてご利用いただけます。 また、「横浜美術館の建物案内(視覚障がい者対象)」は「手で見るフロアマップ」と併せて、視覚に障がいのある方の館内案内にお使いいただけます。
耳でたのしむ!横浜美術館(音声ガイド)

手で見るフロアマップ(視覚障がい者対象)

*

手で見るフロアマップ(視覚障がい者対象)

UV樹脂による立体的な印刷を施した地図なので、点字による情報とあわせて、各階の概要を触って把握することができます。来館前にご連絡いただければ送付します。

鑑賞補助教材(画材/模写)

*

鑑賞補助教材(画材/模写)

材料、素材、道具などに直に触れられるので、洋画および日本画についての理解を深める学習ツールとしての画材です。視覚に障がいのある方にもご利用いただけます。また、手にとって作品の質感を観察できるよう、当館所蔵の日本画、下村観山《小倉山》の部分模写を制作しました。これらの鑑賞補助教材は各種のプログラムで活用しています。

ボランティア/インターンシップ

横浜美術館では、教育普及活動の一環としてボランティア、インターンシップの育成にも取り組んでいます。
詳しくはこちら