ワークショップ

ワークショップでは、さまざまな制作のプロセスを体験することができます。
市民のアトリエのワークショップ対象年齢は満12歳以上です(一部講座を除く)。

小さなブロンズ作品づくり

*

参加者ブロンズ作品例

■講師: 小林 且典(彫刻家)、木下 貴博(当館主任エデュケーター)

1日目に横浜美術館の展示作品見学や、ワックス(蝋)で、決められた範囲の大きさで1つ目の作品を造形します。2日目に美術館の市民のアトリエ立体室で鋳造をします。3日目は、2つ目のワックス制作。4日目に2つ目のブロンズ鋳造。本物の素材に触れながらの創作体験を通してブロンズ作品の理解を深めませんか。2点の作品制作です。初めての方も歓迎します。
コース番号・日程 [1]Aコース:2017年4月16日(日)~5月7日(日)【日曜、全4回】
[2]Bコース:2017年7月9日(日)~7月30日(日)【日曜、全4回】
[3]Cコース:2017年9月10日(日)~10月1日(日)【日曜、全4回】
時間各 14時~16時30分
定員各 8名
参加費各 9,000円  ※材料費含む
申込方法(1) 申込フォーム
(2) 往復はがき
申込締切 [1]Aコース:2017年3月29日(水)
[2]Bコース:2017年6月19日(月)
[3]Cコース:2017年8月22日(火)
講師:小林 且典(こばやし かつのり)

1989年 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了。ミラノのブレラ美術アカデミーに留学。自身で蝋型鋳造を手掛けブロンズ作品を制作。またそれを構成し写真作品も発表。美術館やギャラリーでの個展活動を中心にコミッションワーク、海外のシンポジウム参加。著書「小林且典作品集、ひそやかな眼差し」(みすず書房)。
http://www.studiokobayashi.com


木彫と彩色「静かな光、いとしいもの」

*

講師作品

●森 栄二(彫刻家) 

身近な植物、動物や家族や友人、小さな日用品や小物など。静かな光の中で、大切なものを見つめ、その形や色を木彫作品にとどめましょう。最初はモチーフ案を持ち寄り、講師と相談をします。自分にとって大切なものの再発見につながり、創作時間が日常で感じることのない、素敵な時間になるのではないかと思います。
※彫刻の木材や道具は、こちらでご用意したものを使用できます。彩色については、各自ご用意いただくものが若干あります。
コース番号・日程[4] 2017年5月13日(土)~7月29日(土) 【土曜、全12回】
時間14時~16時30分
定員10名
参加費32,000円
申込方法(1) 申込フォーム
(2) 往復はがき
申込締切[4] 2017年4月24日(月)
講師:森 栄二(もり えいじ)
1967年 神奈川県生まれ。'92年 多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業。'95年 東京藝術大学大学院保存修復技術彫刻専攻修了。個展、'97年 タケダエキジビットハウス(鎌倉)、'98年 ギャラリー山口(京橋)、2004年 茅ヶ崎市美術館プティ・サロン、'06年 柴田悦子画廊(銀座)、'09年 LOWER AKIHABARA(東神田)、'12年、'14~'16年 Gallery花影抄(根津)。二人展、'16年 茅ヶ崎市美術館。他グループ展等多数。

版画基礎コース

*


■インストラクター
安井 春菜/銅版画
長田 奈緒/シルクスクリーン
吉田 ゆう/リトグラフ

版画制作を始めてみたい方を対象にした基礎講座です。銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン、各版画の基礎的な制作を体験します。ご希望の版種(版画の種類)にお申込みください。2度目以降のご参加の方は、アドバイスを受けながら各自で制作を進めます。
※Cコースは小さい作品を制作するショートコースです。初めてご参加になる方を優先します。

コース番号・日程 [5] Aコース:2017年5月13日(土)~6月17日(土)【土曜、全6回】
[6] Bコース:2017年6月24日(土)~7月29日(土)【土曜、全6回】
[7] Cコース:2017年9月2日(土)~9月23日(土)【土曜、全4回】
[8] Dコース:2017年9月30日(土)~11月4日(土)【土曜、全6回】
時間各 10時10分~12時40分
定員銅版画8名、シルクスクリーン5名、リトグラフ4名
参加費
ABDコース 16,000円  ※材料費含む
Cコース   10,000円  ※材料費含む
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき ※版画の種類をご明記ください。
申込締切 [5] Aコース:2017年4月15日(土)
[6] Bコース:2017年6月3日(土)
[7] Cコース:2017年8月5日(土)
[8] Dコース:2017年8月31日(木)
長田 奈緒(おさだ なお)

1988年生まれ。2016年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。在学中は版画研究室に所属し、'13~'14年にウィーン応用芸術大学に交換留学。シルクスクリーンでの制作を中心に版画だけでなく絵画やインスタレーションにも作品を展開している。

安井 春菜(やすい はるな)

1987年生まれ。2012年多摩美術大学大学院修了。エッチングによる銅版画やボールペン画で独自の世界“エスムルブ”を中心に制作活動を行っている。ストーリーと描画による作品世界で見る者の心の中にもうひとつの“世界”を生み出すことをコンセプトにし、文章・絵画・インスタレーションさまざまな表現を探求する。
http://esumurubu.com/esumurubu/

吉田 ゆう(よしだ ゆう)

1986年 神奈川県生まれ。2010年 女子美術大学大学院美術研究科美術専攻修了。同大学同学科の助手を務める。現在、東京造形大学非常勤講師。横浜の馬車道にある創造界隈拠点「宇徳ビル ヨンカイ」を中心に創作活動を行う。サメをモチーフにした奇妙な人物像や風景を、写真やリトグラフを用いて表現している。


横浜みどりアップ・ワークショップ

*
現在、横浜市では市内の樹林地や農地の減少にともない、緑を保全し創造するため「横浜みどりアップ計画」を推進しています。今回、横浜美術館市民のアトリエでは、この計画に連動したワークショップを開催します。森や植物の魅力を十分に感じるとともに、私達に癒しを与えてくれる、緑との共存を五感で楽しむワークショップです。
※このワークショップは横浜市環境創造局受託事業として12歳以上対象で行います。

横浜の森「木製ハンドジューサーづくり」

**
■講師:宮崎 喜一(ART&LIFE自然学校代表)

1日目は、横浜市保土ケ谷区の環境活動支援センターで担当職員の案内で、自然公園内を散策。また、森の中ならではのワークショップを体験しながら様々な発見をします。2日目は、横浜美術館の市民のアトリエで、公園の間伐材を使用し、クラフトの楽しさや自然の大切さを感じながら木製ハンドジューサーを作ります。完成後に作品でレモンをしぼり、ジュースで乾杯しましょう。

コース番号・日時[13] 2017年5月14日(日)、6月11日(日)【日曜、全2回】
時間13時30分~15時30分
定員15名
対象
12歳以上
参加費無料
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
会場
1回目:環境活動支援センター(保土ケ谷区)
2回目:横浜美術館 市民のアトリエ(みなとみらい)
締切日2017年4月25日(火)
講師:宮崎 喜一(みやざき きいち)
渡辺えり代

みどりアップ講師宮崎氏

名古屋生まれ。10歳から大学卒業までYMCAで自然体験活動に参加。1979年「生活にアートを」をテーマに工房地球号設立。金属を中心とした 造形活動や広分野でのプロデュース活動を展開。愛知県立芸術大学、デザイン専門学校で感性を育てる教育を行い現在に至る。2000年飛騨に移り、オーク ヴィレッジ森の自然学校ディレクター及び森のレストランシェフに就任。'05年秋より愛知県瀬戸市に住まいを移し、アート、クラフト、食をテーマに 「ART&LIFE自然学校」を設立。現在は子どもから大人までの感性、環境、造形を組み合わせた「ソダテルLABO」メソッドを開発中。


初めての絵画教室

*


■講師:柳川 文秀(当館主任エデュケーター)

「絵を習ってみたいな・・・。でも自信ないな・・・。」と思っている初心者の方たちのためのコースです。絵画のもっとも基本となるデッサンを中心に進めていきます。初めは大変だと感じることもあるかもしれませんが、少しでも絵を描く楽しさを感じていただければと思います。
コース番号・日程 [9]Aコース:2017年5月20日(土)~6月17日(土)【土曜、全5回】
[10]Bコース:2017年9月30日(土)~10月28日(土)【土曜、全5回】
時間各 14時~16時30分
定員各 15名
参加費各 14,000円  
※材料費含む。画材類や一部モチーフを各自でご用意いただく場合があります。
申込方法(1) 申込フォーム
(2) 往復はがき
申込締切 [9]Aコース:2017年4月24日(月)
[10]Bコース:2017年9月11日(月)

西洋の古典技法講座「羊皮紙に描く装飾デザイン」

*

参考作品
※今回のワークショップで扱うデザインとは異なります。

■講師:上野 淑美(絵画修復士)

14世紀に紙が普及する以前、西洋では写本などに動物の皮が用いられてきました。この講座では羊皮紙に7世紀頃のCelts(ケルズ)の福音書を参考に装飾写本のデザインを古典技法で製作してみましょう。独特な世界観をもつ幾何学文様、彩色や金箔を施す制作過程で中世の深い魅力を感じていただけるはずです。
コース番号・日程 [11]2017年6月24日(土)~7月8日(土)【土曜、全3回】
時間13時30分~16時30分
定員15名
参加費16,500円
※材料費含む。一部材料用具を各自でご用意いただく場合があります。
申込方法(1) 申込フォーム
(2) 往復はがき
申込締切 [11]2017年6月2日(金)
講師:上野 淑美(うえの よしみ)

1986年 東京造形大学絵画科卒業。'91年 フィレンツェ国際芸術大学絵画修復科卒業。卒業後、イタリアの修復工房でフレスコ画修復研修。帰国後、絵画修復工房勤務。'99年 パラッツォ・スピネッリ東京校修復科主任。2009年 株式会社シー・アール・エス(絵画保存修復室)設立。
http://restauro.crs2008.net/


ステップアップ透明水彩

*

講師作品

●野澤 奈穂子(画家) 

「イメージした色にならない」「もっと滲みやぼかしの技法を効果的に使いたい」など水彩画の初心者からステップアップを目指す方たちのためのコースです。今回は、身近なものを丁寧に観察して描くことで透明水彩絵具の特徴や混色の仕方など水彩画の基本を学んでいきましょう。
コース番号・日程[12] 2017年6月30日(金)、7月7日(金) 【金曜、全2回】
時間10時30分~16時(昼休含む)
定員16名
参加費14,000円 ※一部材料費含む。水彩絵具・用具は各自でご用意いただきます。
申込方法(1) 申込フォーム
(2) 往復はがき
申込締切[12] 2017年6月5日(月)
講師:野澤 奈穂子(のざわ なおこ)

1991年 女子美術大学版画専攻卒業。'92年 同大学研究生修了。'93~'95年 同大学専任助手。'89年より個展・グループ展多数、2011年より毎年なるせ美術座企画展にてペーパーワークや版を使った作品と水彩画を発表。現在、女子美術大学非常勤講師。'14~'17年 月刊誌「一枚の絵」で水彩画教室のコーナーを連載。
http://golden-nozawa.com