演出家・多田淳之介 ワークショップ(BODY/PLAY/POLITICS展)

企画展 市民のアトリエ ワークショップ

横浜美術館×横浜赤レンガ倉庫1号館 共同企画

*

田村友一郎《裏切りの海》2016年(会場風景)撮影:田村友一郎

「BODY/PLAY/POLITICS」展のパートナー・プロジェクトである「横浜ダンスコレクション2017」(横浜赤レンガ倉庫1号館)との共同企画として、本展 出品作家・田村友一郎氏の新作《裏切りの海》の展示空間で、演出家・多田淳之介氏によるワークショップを開催します。 ※このワークショップは、一部公開型です。一般のお客様もご見学いただけます。 詳細は「見学について」をご覧ください。

【参加者追加募集について】
ご好評につきワークショプ参加者の追加募集をいたします。
ご希望の方は専用申込みフォームからお申込みください。 
募集人数  :3名(先着順)
受付開始日時:2016年11月12日(土)10時より 

日程2016年12月4日(日)
時間13時30分~17時
会場横浜美術館企画展展示室 他
講師多田淳之介
(東京デスロック主宰/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督/
 「横浜ダンスコレクション2017」参加アーティスト)
ゲスト田村友一郎(本展出品作家)
対象舞台表現者(振付家、ダンサー、役者、演出家等)または目指している方
18歳以上 
注意事項参加にあたり、下記に同意いただきます。
  • ワークショップは展示室において一般公開の形で実施されます。
  • ワークショップの様子を写真と動画で記録撮影し、ウェブサイトや他会場、
    他イベント等で公開させていただく場合があります。
定員12名(受付終了)
参加費3,000円 ※会期中に使える本展観覧券付き
申込方法参加者は定員に達しましたが、参加者の追加募集をいたします。 
■追加募集人数:3名(先着順)

こちらの申込フォームからお申込みください。
■受付:2016年11月12日(土)10時より
専用受付フォームはこちら 

※お申込み1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名お申込みいただいた場合、最後に入力した1名様分だけがお申込み完了となりますのでご注意ください。
共催横浜ダンスコレクション2017

講師より

今回のワークショップでは、田村友一郎さんの作品を触媒に作品 作りをします。まず自分は作品において、演出するのか、作劇す るのか、演じるのか、踊るのか、振付けるのか、振付けられるの か、それ以外でも構いませんが、大まかな方向を決め、グループ で作るのか、ソロで作るのか、を決めます。例えば演出家が戯曲 と対峙するように、田村さんの作品を戯曲と読み解くこともでき るでしょう。踊りと読み解いても、舞台と読み解いても、社会と 読み解いても、それ以外でも構いません。短い時間ですが、田村 さんの作品と自分の関係から、まずは作品を立ち上げる部分を丁 寧に考えてもらいたいと思っています。発表もありますが、完成 よりも自身の活動に繋げていくための時間になればと思います。

多田淳之介
多田淳之介(ただ・じゅんのすけ)
1976年生まれ。演出家、俳優、東京デスロック主宰。2010年より富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督に就任。俳優の身体、観客、劇場空間を含めた、現前=現象にフォーカスした演出を特徴とし、古典から現代劇、パフォーマンス作品まで幅広く手がける。「演劇LOVE」を公言し、地域、教育機関でのアウトリーチ活動も積極的に行い、国内外を問わず活動を展開。2014年 韓国で最も権威のある東亜演劇賞の作品賞、演出賞を外国人演出家として初受賞。2016年より横浜ダンスコレクション・コンペティションの審査員をつとめ、横浜ダンスコレクション2017「BODY/PLAY/POLITICS」にて、ダンス作品(2017年2月世界初演)を発表予定。
公開ワークショップの見学について

「演出家・多田淳之介 ワークショップ」は、一部公開の形で開催され、一般のお客様もご見学いただくことができます。ご希望の方は、会場にお集まりください。

日時2016年12月4日(日) 16時~17時
会場横浜美術館 企画展展示室(田村友一郎氏展示空間)他 
※事前申込不要。ただし当日有効の本展観覧券が必要です。  

※公開ワークショップの時間帯及びその前後は、通常の展示状態とは異なる場合があります。 ご了承ください。