陶芸の基礎「暮らしの器」

市民のアトリエ ワークショップ

*

参加者制作(絵付け)の様子

■講師: 樋口 拓(東京藝大陶芸研究室教育研究助手)

粘土は古信楽(細目・白土1.5kg以内)を使用し、指導のもとお茶碗、湯呑み、小鉢、花器など、作りたい器を1点~3点程度、形づくります。成形、乾燥、素焼き、下絵付け、施釉(透明釉)、本焼き(約1240℃)という順番で制作します。下絵付けの色は10種類程度です。初めての方も参加できます。

コース番号・日程[11] Bコース:2015年10月3日(土)、10日(土)、31日(土)、11月7日(土)【土曜、全4回】
[43] Cコース:2016年1月31日(日)、2月7日(日)、21日(日)、28日(日)【日曜、全4回】
時間14時~16時(最終日は14時~15時)
定員10名
参加費12,000円 ※材料費・焼成費含む。
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
申込締切[11] Bコース:2015年9月14日(月)受付終了
[43] Cコース:2016年1月11日(月)受付終了
講師:樋口 拓(ひぐち たく)

1988年 愛知県生まれ。2014年東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻陶芸分野修了。'11年和日器展(愛知県)。'12年第26回四日市萬古陶磁器コンペ、優秀賞(三重県)。'13年GTS -藝大・大東・隅田観光アートプロジェクト-。'14年MITSUKOSHI×東京藝術大学夏の芸術祭2014(日本橋三越)、第62回東京藝術大学卒業・修了制作展 原田賞、第22回取手市長賞(修了作品買い上げ)。