和紙の魅力

市民のアトリエ ワークショップ

■講師:森田 千晶(和紙作家)

無形文化遺産に登録され注目を集めている和紙。アートの世界でも作品の素材や美術品の修復現場など様々な場面で広く使用されています。今回は、そんな和紙の魅力を体感していただける講座を2コースご用意しました。和紙の持つ美しさ、強さ、手から伝わるなんともいえない温かさを感じていただけるはずです。

和紙づくり体験コース

*
和紙の原料である楮(こうぞ)の皮をむき、叩き、紙を漉(す)くまで。
どのようにして和紙が作られるかを体験していただきます。

コース番号・日時[41] 2016年1月24日(日) 【日曜、全1回】
時間10時30分~15時30分(昼休含む)
定員15名
参加費5,000円 ※材料費含む
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
申込締切
2016年1月7日(木) 受付終了


透かし和紙づくりコース

*

講師作品

オリジナルデザインで透かし模様の型を制作し、紙を漉きます。
世界にひとつの和紙をつくってみましょう。

コース番号・日時[42] 2016年3月6日(日) 【日曜、全1回】
時間10時30分~16時(昼休含む)
定員12名
参加費5,000円 ※材料費含む
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
締切日2016年2月15日(月) 受付終了
講師:森田 千晶(もりた ちあき)

女子美術短期大学造形学科生活デザイン専攻卒業。アクセサリーデザイン会社を経て小川町和紙体験学習センターにて講座受講後、同センターに勤務。オランダ美術留学。現在、アトリエ線路脇にて創作活動。
http://www.senrowaki.com/chiaki