横浜みどりアップ・ワークショップ

市民のアトリエ ワークショップ

現在、横浜市では市内の山林や農地の減少にともない、緑を保全し創造するため「横浜みどりアップ計画」を推進しています。 今回、横浜美術館市民のアトリエでは、この計画に連動した2種類のワークショップを開催します。森や植物の魅力を十分に感じるとともに、私達に癒しを与えてくれる、緑と共存するための知恵を身に着けるワークショップです。
※このワークショップは横浜市環境創造局受託事業として行います。

横浜の木でスプーンづくり

横浜の木でスプーンづくり
■講師:横浜美術館 市民のアトリエスタッフ

樹木は、台風などで倒木の危険が発生したり、より良い環境にする為にどうしても切らなくてはいけない場合があります。
今回は、公園管理上伐採された横浜の木を使ってスプーンづくりをします。初日は、横浜市保土ヶ谷区の環境活動支援センターで公園の樹木を見学し樹木のことについて学びます。2回目から4回目は、横浜美術館市民のアトリエでスプーンづくりをします。

コース番号・日時[27] 2015年5月10日(日)、17日(日)、24日(日)、31日(日)  【日曜、全4回】
時間13時30分~16時00分
定員12名
参加費無料
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
会場
1回目:環境活動支援センター(保土ヶ谷区)
2回目~4回目:横浜美術館 市民のアトリエ
締切日2015年4月21日(火) 受付終了


「苔玉の小さな森づくり」

「苔玉の小さな森づくり」
■講師: 山崎 ちえ(盆栽家・豆松屋代表・(公社)全日本小品盆栽協会認定講師)

第1回目は、環境活動支援センター公園で剪定の時期に合わせて挿し木用の枝をいただき、各参加者が挿し木を体験します。講師と各参加者が自宅でそれぞれ挿し木の苗を育てます。第2回目は、それぞれが育てた挿し木を苔玉にし、小さな森づくりをします。この機会に緑の育て方や、苔玉の作り方や飾り方の体験を通して癒しの時間を待ちませんか。自宅に持ち帰ってからも大切に育てる事ができます。

コース番号・日時[28] 2015年6月7日(日)、12月12日(土)  【全2回】
時間13時30分~16時00分
定員15名
参加費無料
申込方法(1)申込みフォーム
(2)往復はがき
会場
6月7日:環境活動支援センター(保土ヶ谷区)
12月12日:横浜美術館 市民のアトリエ
締切日2015年5月18日(月)受付終了
講師:山崎 ちえ(やまざき ちえ)

2008年 青山学院大学卒業。その後1年半の間、会社事務職勤務。子供のころから山登りの経験があり、大学在学中はワンダーフォーゲル部主将。山や樹木の風景が忘れられず、“盆栽を仕事にしたい”との夢を胸に退社し、'09年8月~'12年8月やまと園(神奈川県大和市)にて修業。'12年「豆松屋」としての活動開始。'14年(公社)全日本小品盆栽協会認定講師を取得。現在、横浜市本牧の古民家を拠点に盆栽教室を開催し、月刊誌『盆栽世界』での取材など、親しみやすい小品盆栽の普及に努めている。
http://www.mamematsuya.com/