親子のフリーゾーン


*


親子のフリーゾーンは「ねんど」「えのぐ」「かみ」などの基本的な素材を使い、親子で造形を楽しめる体験の場です。12歳までの子どもと保護者の方の個人参加を対象としています。
描き、つくることに必要なのは、「汚れても平気なこと」や 「手をいっぱい使えること」、また「長い時間かかわっていられること」などです。 親子のフリーゾーンは「えのぐ」や「ねんど」や「かみ」などの基本的な素材に自由にかかわり、造形を楽しむことを通して、「自分でする」「自分がする」という意欲を育むことを目的としています。予約のいらない自由参加(定員制)のプログラムです。
親子のフリーゾーンガイド [2.8MB] 

開催概要

日曜日(月3回程度)10時~11時30分(入場は11時まで) 
※毎週ではありません。以下の開催日程をご確認ください。 

今後の予定

■2016年
3月6日、13日、20日8月7日、14日、21日
4月10日、17日、24日9月4日、11日、18日
5月8日、15日、22日10月9日、16日、23日
6月5日、12日、19日11月6日、13日、20日、27日
7月3日、10日、17日12月4日、11日
■2017年
1月8日、15日、22日3月5日、12日、19日
2月5日、12日、19日  

参加費

小学生以下 無料
保護者および中学生以上 1人100円

入場方法

当日の9時45分から、子どものアトリエ入口で入場整理券を配布します。
※代表者1名にお並びいただければ5名様分まで入場整理券をお渡しします。
※入場整理券は、列に並んでいる保護者の方への配布に限らせていただきます。
※当日の列の状況により入場整理券の配布開始を早める場合があります。
※スムーズにご入場いただくために、お釣銭のないようご用意ください。

8月より入場方法が変更されます

2016年8月から事前申込み(先着順)による受付を導入の予定です。7月までは従来通りご参加いただけますが、8月以降のご参加につきましては、ご参加希望日の受付期間に当館ウェブサイトからのお申込みが必要となります。
詳細につきましては、近日中にチラシもしくはこちらのページでご案内いたします。

定員制について

親子のフリーゾーンは、年間2万人を超える方々にご参加いただいている、横浜美術館の人気プログラムです。しかし近年、混雑のために、子どもたちが自由に造形にとりくむ空間が確保できないケースが恒常化してきました。 こうした混雑の緩和と安全対策のために、2013年6月より、以下のとおり定員制とさせていただきました。皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

定員数晴天時:600人 
雨天時および冬期(12月から3月):500人 ※
※中庭を使用せず室内のみの利用となるため、定員数が少なくなります。 
お車での来館について

駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共機関でご来場ください。
なお、横浜美術館の駐車場は、10時よりのご利用となります。ご注意ください。
※定員に達してフリーゾーンにご入場いただけない場合も駐車料金は発生いたします。ご了承ください。

自転車・自動二輪車での来館について

自転車・自動二輪車の駐輪場はございません。
駐車場・周辺の駐輪施設についての詳細はこちら
自転車駐車場情報


ご利用内容

ねんどコーナー


土ねんどはさわり心地がとても良く、もっとやってみたくなります。
たくさんつかって遊びましょう。
えのぐコーナー・室内のえのぐのコーナー


<4月~11月の晴天時>
アトリエの中庭で、いろいろな色をつくる色水遊びや、好きなところに自由にえのぐをつけるフリーペインティングができます。
※11月はその日の天候、気温によって室内で開催する場合があります。
※衣服についた絵の具は完全には落ちません。


<雨天時、12月~3月>
雨の日や寒い日は、室内のボードに貼った紙や、床に敷きつめた紙に自由にお絵かきができます。
かみのコーナー


道具ははさみ・ステープラー・セロハンテープ。
材料は紙やダンボールや端材があります。アイディアを生かしたものを作ってみましょう。

*おかたづけのお願い 楽しいことをした後は自分で片づけることも子どもたちに教えてあげましょう。

「親子のフリーゾーン」ご参加の皆様へ(重要)

  • 安全への配慮からお子さんだけの入場はお断りしています。
  • 団体でのご参加はできません。
  • 保護者の方はお子さんの安全に十分ご注意いただき、事故や怪我のないようお過ごしください。
  • 持ち物や格好:「えのぐ」は洗ってもよく落ちません。大人も子どもも汚れてもよい服装やくつでご参加ください。(バッグなども汚れる可能性があります。)お子さんの着がえがあると安心です。
  • お子さんの履物について:子どもたちは履物をぬいでもかまいません。その場合は下駄箱でのとりちがえや緊急の場合に備え、ご持参の袋に入れてお手持ちください。履物をはいて遊ぶ場合は、水場でも靴底が滑りにくいものをご用意ください。
  • ベビーカーについて:会場入り口にベビーカー置き場があります。室内は込み合うためベビーカーは入れません。
  • 「親子のフリーゾーン」は横浜信用金庫にご協賛いただいております。 開催時の記録画像等を横浜信用金庫の広報活動に利用させていただくことがございます。 ご参加の際には予めご了承ください。
    万一、利用された画像について問題が生じた場合は、横浜美術館 広報・渉外チームまでお申し出ください。 速やかに対応させていただきます。ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

緊急時にそなえて

  • 緊急時のお子さんの保護のため、保護者の方は靴を履いたままお入りください。
  • お子さんが保護者から離れて遊んでいると、はぐれてしまう可能性があります。保護者の方は必ずお子さんと行動を共にしてください。
  • 地震などの緊急事態が発生した場合、スタッフの誘導にしたがって落ち着いて行動してください。
                                                                                                                   横浜美術館 子どものアトリエ