コレクション・フレンズ 参加規約

第1条(趣旨)

この規約は、横浜美術館の作品保存・展示の資金支援プログラム「横浜美術館コレクション・フレンズ2015」(以下、フレンズ)への運営および参加に関する、必要事項を定めるものです。   

第2条(管理運営者)

フレンズの管理運営は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団横浜美術館(以下、横浜美術館)が行います。

第3条(フレンズの目的)

横浜美術館所蔵作品(以下、所蔵作品)の「保存」と「展示」のため、広く市民から資金支援を募ります。それにより所蔵作品、ひいては横浜美術館に親近感をもっていただくことを目的とします。 フレンズの参加費は、所蔵作品の修復や備品購入等に活用するとともに、横浜美術館コレクション展の準備・開催費用に充当いたします。

第4条(参加者の募集)

フレンズの募集は、横浜美術館ウェブサイトや広報媒体等にその募集要項を公開します。

第5条(募集条件)

募集の対象者は16歳以上とします。ただし、未成年者は酒類を提供するイベントをはじめ、未成年者参加不可のイベントには参加できません。

第6条(募集期間)

第4条により横浜美術館が募集要項を公開した日から、2016年3月31日までとします。

第7条(支援対象期間)

2015年4月1日から2016年3月31日までとします。

第8条(参加費について)

一口 10,000円とします。複数口の申込も可能とします。但し、複数口でお申込の場合の特典は第13条で定める通りとします。

第9条(参加申込方法)

参加希望者は、横浜美術館ウェブサイト上の申込フォーム、または横浜美術館が指定した申込用紙に必要事項を記入のうえ、送信または郵送します。その後、横浜美術館が送付する郵便振替用紙に必要事項を記入し、参加費を送金します。横浜美術館が着金を確認した段階で、参加申込受付完了となります。

第10条(フレンズカードの発行)

参加者には参加申込完了の1週間後を目処に、参加者1名につき1枚のフレンズカードを発行します。フレンズ参加者特典を利用する時には必ず提示するものとし、提示の無い場合には特典の提供を受けられません。

第11条(フレンズカードの貸与について)

フレンズカードの利用は参加者本人に限り、いかなる場合も貸与・譲渡はできないものとします。

第12条(フレンズカードの紛失および再発行について)

フレンズカードを紛失した場合は、横浜美術館へその旨を申請し、再発行を受けるものとします。その時点で、旧フレンズカードは使用不可となります。

第13条(参加者特典について)

参加者には支援対象期間中に以下の特典が提供されます。

  1. 横浜美術館内にお名前を掲出します。
  2. お申込み1名様につきフレンズカードを1枚発行します。
    (ご本人様のみ使用可。裏面に会員番号とお申込み口数が記載されています。)
  3. フレンズ カードのご提示で、横浜美術館コレクション展に何度でもご入場いただけます。
    (お申込み口数と同等の人数でご利用いただけます。 例:2口お申込み→毎回2名様入場可) 
  4. 横浜美術館の各企画展招待券を進呈します。
    (各展、お申込み口数と同等の枚数を進呈します。 例:2口お申込み→各展2枚ずつ進呈)
  5. 横浜美術館コレクション展の会期ごとにコレクション・フレンズ参加者を対象とした特別イベント「コレクション・フレンズ・ギャラリートーク(学芸員の解説付き鑑賞会)」へご招待します。
    (お申込み口数と同等の人数でご参加いただけますが、各回定員がございます。要事前申し込み。)
  6. ご支援期間中に2回(前期1回、後期1回)「コレクション・フレンズ レクチャー&交流会」へご招待します。
    (お申込み口数と同等の人数+2名様までご参加いただけますが、各回定員がございます。要事前申し込み。) 
第14条(参加者特典提供期間について)

2015年4月1日以前に申込受付が完了した場合の特典利用期間は、2015年4月1日から2016年3月31日までとなります。また、2015年4月1日以降に申込受付が完了した場合の特典利用期間は、申込受付完了日から2016年3月31日までとなります。

第15条(著作権)

フレンズの運営や特典で発生する著作権などの一切の権利は、横浜美術館に帰属します。

第16条(禁止事項)

次の各号に該当する参加者の行為を禁止します。また、本条に抵触する行為が認められた場合、横浜美術館は当該参加者を強制退会させることができます。

  1. 法令等に違反し、参加者特典を利用する行為。
  2. 個人の活動、企業の宣伝、製品の販促および営業を目的として参加者特典を利用する行為。
  3. フレンズカードの譲渡、貸与および転用。
  4. 美術作品や美術館建物、什器備品を故意に破損する行為。
  5. この他、横浜美術館に重大な損失を与える行為。
  6. その他、横浜美術館が不適当と判断する行為。
第17条(参加費の返金)

横浜美術館の責に帰すべき理由によりこのプログラムの継続が困難となった場合には、公示した支援対象期間にかかわらずフレンズの運営を停止し、参加者に参加費を全額返金します。返金の際に生じる手数料は横浜美術館が負担します。但し、強制退会を含む参加者の責に帰すべき理由により退会する場合には、参加費を返還いたしません。

第18条(個人情報の取り扱いについて)

申込受付の際にお預かりする個人情報は、横浜美術館プライバシーポリシーに基づき適正に取り扱います。
横浜美術館プライバシーポリシー

附則(施行期日)
この要綱は、2014年12月10日より施行します。