個人の造形プログラムアーカイブ

    講座レポート「えのぐでぐちゃぐちゃ」

    -いろいろな色をまぜたよ!-

    2012oneenogu1.jpg

    4月29日(昭和の日)、年長さんのお友だちが一日造形講座「えのぐでぐちゃぐちゃ」に挑戦(ちょうせん)しました。知らないお友だちがたくさんいて、はじめはちょっとみんな緊張(きんちょう)気味・・これからどんなえのぐがでてくるのかな?

    2012oneenogu2.jpg

    最初に(さいしょ)に使うえのぐは、「まほうのえのぐ」です。みんなでいろいろなかたちのダンボールに、もようをつけていきます。
    しましまもよう、水玉もよう・・どんな色のもようにするのか、今日は「自分できめる」ことのれんしゅうです。

    2012oneenogu3jpg.jpg

    たくさんかたちが集まったところで、まほうのじゅもんをみんなでとなえます。

    すると・・・・

    2012oneenogu4.jpg

    うわあああー!

    まほうのえのぐは、ブラックライトで光るえのぐでした。
    みんなもだいぶ緊張がほぐれてきたようです。

    さあ!まだまだえのぐがんばるぞー!

    次は4色の色をたくさんまぜてみよう。
    スポンジでのびのびとお絵かきをしたあとに、お外に出て自分でえのぐをまぜてお絵かきをしました。

    2012oneenogu5.jpg2012oneenogu6.jpg
    2012oneenogu7.jpg

    気づいたら手足がいろいろな色になっているお友だちがたくさんいました。赤・青・黄・白と4色しかないけれど、自分でまぜればピンクもみどりも、自由につくることができます。
    すっかりえのぐとなかよしになって、みんな笑顔(えがお)でかえっていきました。

    お子さんの楽しそうな姿を見て、いっしょにえのぐで遊んでみたいと思われたお父さん、お母さんも多かったのではないでしょうか。次回の1日造形講座は「親子講座 土粘土であそぼう」です。ぜひご家族でねんどで遊んでみませんか?
    わくわく1日造形講座についてはこちらから→http://www.yaf.or.jp/yma/children/050/

    講座レポート「ちっちゃなぬいぐるみ」

    ーはじめて針でぬったよー

    2012nui2.jpg 2012nui1.jpg 2012nui3.jpg 2012nui4.jpg 2012nui5.jpg
    2012nui6.jpg 2012nui7.jpg 2012nui8.jpg 2012nui9.jpg 2012nui10.jpg
    2012nui11.jpg 2012nui12.jpg 2012nui14.jpg 2012nui15.jpg 2012nui21.jpg
    2012nui16.jpg 2012nui17.jpg 2012nui18.jpg 2012nui19.jpg 2012nui22.jpg
    2012nui23.jpg 2012nui13.jpg 20212nui4-4.jpg 2012nui20.jpg 2012nuiura.jpg

    3月20日、うららかな春分の日、子どものアトリエでは小学校1・2・3年生のお友だちが「ちっちゃなぬいぐるみ」に挑戦(ちょうせん)しました。

    まず、丸いかたちのフェルト2枚を切り取って端(はし)をぬい合せ小さな袋(ふくろ)をつくります。初めて針(はり)をつかうお友だちがほとんどでしたが、玉結(たまむす)びはインターンのお姉さんに手伝ってもらいながら、1はり1はりていねいにぬっていました。ふかふかの綿(わた)をつめるとちいさなクッションの出来上がり。「どらやきだ!」ってよろこんでいたお友だちもいましたよ。
    さて次は、このカラフルなクッションを何にしようかと考えます。子どもたちはさまざまに思いをめぐらし、ごらんのように変身(へんしん)しました。どらやきは熊(くま)に、青いボールは地球(ちきゅう)になりました。
    さて、手のひらにほっこりおさまるちっちゃなぬいぐるみ、子どもたちは大切そうにおうちに持ち帰りました。春休みに体の部分もつくるんだ!ってはりきっていたひともいましたよ。

    この講座(こうざ)では子どものアトリエのインターンのお姉さんたちが、子どもたちのサポートをしてくれました。この日は最後の活動日となりました。お姉さんたちは一年間の活動を通して、こんな感想を書いてくれました。

    P3200184.jpg

    (後ろの列 右から)わたなべさん:子どもたちといっしょに、作るよろこびを何度もかみしめることができました!

    あきもとさん:おもしろいと感じたこと、失敗したけどそれを乗りこえたこと、すべてを含めて“作ることが楽しい!”と思ってくれることが大切なんだと思いました。インターンを通してますます子どもが好きになりました。

    やすださん:子どもたちからインターンで得たことが今後の大きなエネルギーになりました。

    やまださん:子どもたちがわくわくしている顔やひらめいた時の表情が大好きです。作品からも元気をもらいました。
    下:本文筆者

    子どものアトリエはインターンやボランティアさんなど、たくさんの方々が子どもたちの活動を支えてくれています。
    一年間本当にどうもありがとうございました。

    4月さいしょのわくわく日曜造形講座は、小学校高学年対象(たいしょう)の「ジグソーパズル」です。糸のこ盤(ばん)を使うよ!やってみたい!と思ったお友だちはぜひ応募(おうぼ)してくださいね。
    わくわく日曜造形講座についてはこちらから→http://www.yaf.or.jp/yma/children/040/

    講座レポート「立体人間をつくろう」

    ーいろんなポーズができたよ!ー

    2011ninngen1.JPG

    今年最初の造形講座(ぞうけいこうざ)は、小学1〜3年生を対象とした「立体人間をつくろう」です。やわらかい針金(はりがね)で人間のかたちをつくり、紙粘土で肉付けをしたあと、色をぬりました。

    2011ninngen2.JPG2011ninngen3.JPG2011ninngen9.JPG
    2011ninngen4.JPG2011ninngen5.JPG2011ninngen6.JPG

    鉄ぼうをする人

    バスケットのドリブル中

    大漁だ!

    写真の他にも、サッカーをしている人バレエをおどっている人など、おもしろいポーズがたくさんできあがりました。みんな最後までていねいにつくってがんばりましたね。

    最後に、おまけの写真。ブリッジしているポーズといしょに、はい、ポーズ!

    2011ninngen7.JPG2011ninngen8.JPG

    ちなみに作者本人です

    講座レポート「クリスマス飾りをつくろう」

    ー明日はクリスマス!ー

    12月の「クリスマス飾りをつくろう」では、22体のたのしいクリスマスツリーができあがりました!
    みんなのおうちにサンタさんがきてくれますように。

    xmas1.jpg xmas2.jpg xmas3.jpg xmas4.jpg xmas5.jpg
    xmas6.jpg xmas7.jpg xmas8.jpg xmas9.jpg xmas10.jpg
    xmas11.jpg xmas12.jpg xmas13.jpg xmas14.jpg xmas15.jpg
    xmas16.jpg xmas17.jpg xmas18.jpg xmas19.jpg xmas20.jpg
    xmas21.jpg xmas22.jpg

    ハッピーメリークリスマス!

    講座レポート「木で車をつくろう」

    ーカッコイイ車ができたよ!ー

    2011kuruma1.jpg
    2011kuruma2.jpg2011kuruma3.jpg2011kuruma4.jpg

    10月は、年長さんを対象とした「木で車をつくろう」を開催しました。
    この講座では、車輪のついた木の板の上に、木の端材を構成して車をつくります。
    まずは木のかたちえらび。床一面に広げた木は、三角や四角、棒状のものなど、一つ一つちがう「かたち」をしています。子どもたちは、「これはつかえるかなあ」「もっとはねみたいなのがほしい」などといいながら、時間をかけてほしいかたちをさがしました。そしてえらんだ木を、今度は板の上に積んだりならべたりして、つくりたいかたちを考えました。
    そしてボンドでくっつけると・・・すてきな車の誕生!!大人もウーンとうなる出来映えでした。最後は絵の具を塗って完成です。
    子どもたちがつくった作品の一部をご覧ください。

    2011kuruma5.jpg

    大きな四角のはねが6つもついています。空もとべるかな?

    2011kuruma6.jpg

    絶妙なバランスですね。色もすてきですね。

    2011kuruma7.jpg

    あいている窓から、向こう側をのぞけるんだって!

    2011kuruma8.jpg

    赤い部分を持って屋根をあけると、中にお客さんがのっています。

    それぞれの車に、みんなの思いがぎゅっとつまっていますね。
    次の年長さんの講座は、12月の「クリスマス飾りをつくろう」です。
    ※「わくわく日曜造形講座」くわしくはこちらをご覧ください→
    http://www.yaf.or.jp/yma/children/040/

    講座レポート「親子講座 ダンボールアート」

    ー親子で仲良く挑戦!ー

    2011親子講座様子1 2011親子講座様子2.jpg

    10月10日、体育の日に行われたわくわく一日造形講座では、小学生のお友だちとそのお父さん、お母さんと一緒にダンボールアートに挑戦しました。いつもの個人講座とは違い、今回は親子、また参加したみんなで力をあわせて一つの大きな作品をつくりあげる体験をしました。

    2011親子講座3.jpg

    まずはじめに、タテ×ヨコ160cmの大きなダンボールシートの上に親子のからだのかたちをクレヨンで写しとります。
    なんだかくすぐったそうだけれど、大きなシートに寝そべってみんな楽しそうでしたね。
    かたちがなぞられたら、次は線にそってダンボールカッターでくりぬいていきます。

    2011親子講座4.jpg

    大きいかたちをくりぬくのは大人でも大変そうでしたが、親子で力をあわせてごりごりごりごり・・
    くりぬいたかたちを見てびっくり!親子のかたちが合体して、おもしろいかたちになりました。
    次に、くりぬいたかたちに「魔法のえのぐ」ですてきなもようを描いて仕上げをしました。

    2011親子講座5.jpg 2011親子講座6.jpg

    最後に奥のスタジオの床や壁にかざりつけをしました。25組の親子のかたちがにぎやかにせいぞろいしたところで「ピカリン、ピカリン・・」魔法のじゅもんをみんなでとなえると、なんと・・いっせいに光りだしました。みんなの使った「魔法のえのぐ」はブラックライトに当てると光る「蛍光えのぐ」だったのです。
    みんなで力をあわせたからこそできた、この一瞬のすてきな空間の体験を忘れないでほしいなあと思います。

    2011親子講座7.jpg 2011親子講座8.jpg
    2011親子講座9.jpg 2011親子講座10.jpg

    ※次回のわくわく1日造形講座は、小学校高学年のお友だちを対象とした鑑賞講座「彫刻をみよう」を開催します。ただいま受付中です。
    くわしくはこちらから→http://www.yaf.or.jp/yma/children/050/

    講座レポート「夏休み造形講座」

     

    ーモザイクアート・ジオラマアートー

    モザイク講座の様子1

    とうとう夏休みも終わってしまいましたね。
    子どものアトリエでは、8月の5・6・7日に小学校低学年のお友だちが「モザイクアート」に、19・20・21日に小学校高学年のお友だちが「ジオラマアート」に挑戦(ちょうせん)しました。夏休みの思い出に残るすてきな作品がたくさんできましたのでそれぞれの講座(こうざ)を紹介(しょうかい)します。まず、「モザイクアート」の講座から。

    モザイク講座の様子2

    モザイクアートの材料(ざいりょう)は、くだいたタイルです。タイルはよくお風呂やキッチンにはってありますよね。
    まずはじめにどんな絵にするかを紙にかいて、木の板にカーボン紙でていねいにうつします。そして、絵がらにそってタイルのかけらを並べてボンドではっていきます。少しすきまを開けて並べるのがポイントです。みんなピンセットを上手に使って、ていねいにはることができました。

    モザイク講座の様子3 モザイク講座の様子4

    最後にすきま(めじ)に石こうを流しこんでふきとると、すてきな絵がらがうかびあがってきました。夏の思い出や、大好きなものをモザイクで表現(ひょうげん)したお友だちの作品を紹介(しょうかい)しましょう。

    モザイク作品1 モザイク作品2
    モザイク作品3 モザイク作品4

    小学校高学年のお友だちが参加した「ジオラマアート」では、いろいろなたてものがある風景(ふうけい)ができあがりました。石や砂、本物そっくりの草をはり、池には水色の石こうを流しこんだりしてとってもリアルになりました。さすが高学年!夕方までじっくり取り組んで自分のつくりたいイメージをかたちにすることができました。
    あなたはどのお家に行ってみたいですか?タイムスリップできたらいいのになあ、と言っているお友だちもいましたよ。

    ジオラマ作品1 ジオラマ作品2

    ツリーハウス

    テムズ川(ロンドン)の風景

    ジオラマ作品3 ジオラマ作品4

    海の家

    工事中の家

    ジオラマ作品5 ジオラマ作品6

    エジプトの家

    つりぼりの家

    最後に、今回の夏休み造形講座では、たくさんの若い学校の先生や大学生のインターン生が子どもたちの作品づくりのサポートをしてくださいました。最後までみられなかった方もいますので、みんなうれしそうに完成した作品を持って帰りましたことをここにお知らせいたします。本当にありがとうございました。

    講座レポート「ダンスクラブ」

    ーからだを動かすと心もはずむ!ー

    2011dance1.jpg

     8月の1,2,3日の3日間、幼児のお友だちを対象とした「ダンスクラブ」を開催しました。
     ダンスの先生は、笑顔がとてもすてきな天野優子先生。はじめは少し緊張していた子どもたちも、先生と一緒に体操をしたり、大きな声を精一杯出したり、音楽に合わせてからだを動かしているうちに、どんどん心もほぐれていくから不思議です。
     その他にも、からだ全身をつかってじゃんけんをしたり、自分でかんがえたポーズ!で決めてみたり。3日目には、アップテンポの音楽が聴こえてきただけで、自然にからだがリズムに合わせて動きだしました。子どもたちそれぞれの動きでリズムに合わせます。決められた振り付けでおどるだけがダンスではなく、「これもダンスだよ!」と優子先生。一曲みんなでおどりきりましたね。はあはあと背中で息をしながら笑顔を見せてくれた子どもたちの姿はとても印象的でした。
     からだが動くと、心も大きくはずむのですね。

    2011dance2.jpg 2011dance3.jpg
    2011dance4.jpg 2011dance5.jpg

    講師紹介  天野優子(あまのゆうこ)
    1985年からプロのダンサーとして活動をはじめ、現在は振付け師として大黒摩季などのアーティストのコンサートのステージングなどで活躍中。

    講座レポート「花器をつくろう」

    ーお花をいけたよ!ー

    kaki1.jpg kaki2.jpg
    kaki3.jpg kaki4.jpg

    7月のわくわく日曜造形講座では、1,2,3年生のお友だちを対象とした「花器をつくろう」を開催しました。
    まず初日は、お花をいける花器づくり。やわらかい土粘土を筒状にして、思い思いに形を仕上げました。うまく焼けるか心配しましたが、全員分の花器がとてもきれいに焼き上がり、ほっと一安心。二日目、花器に色をつけもう一度窯で焼きました。最終日、子どもたちは自分でつくった花器に、いよいよ本物のお花をいけました。
    生のお花を、はさみで切るのは初めて!という子どもたちもいたようです。自分の花瓶の正面はどこかな?主役の花、脇役の花はどれにしよう。お花の高さはどれくらいがいいかな?お花をすてきにいけるために、自分で決めてやってみることがたくさんありました。
    子どもたちの作品をほんの一部ご紹介します。つくった花瓶といけたお花は、今ごろ子どもたちの家の中に飾られていることでしょう。

    work1.jpg work2.jpg
    work3.jpg work4.jpg

    講座レポート「油絵クラブ」

    ー自分で描く!自分が描く!ー

    講座の様子.jpg

    6月は小学校4、5、6年生のお友だちを対象とした長期日曜造形講座「油絵クラブ」を開催しました。
    F8号(455mm×380mm)のキャンバスに自分で選んだ静物を油絵の具で描きました。部屋の中はシーンと静まり返り、溶き油のにおいが立ちこめて、絵描きさんのアトリエの様でした。自分で描くって楽しいね。
    ※キャンバス 油絵を描くための木枠に布をはったもの。

    みんな素敵な作品ばかりで、ごく一部しか紹介できないのがとても残念ですが、どうぞごらん下さい。

    作品1.jpg
    作品2.jpg
    作品3.jpg
    作品4.jpg

    なお、次回の長期日曜造形講座は日本画を予定しています。
    ※詳しくはこちらhttp://www.yaf.or.jp/yma/children/060/