子どものアトリエアーカイブ

    子アト通信:講座レポート「親子でホイッスラー展を見よう」-その1-

    「ホイッスラーさんに変身したよ」

    kbh-0.jpg

    ▲ホイッスラーさんのトレードマークのおひげをつけて展示室をめぐりました。

    さる1月12日の成人の日、子どものアトリエでは横浜美術館で現在開催中の「ホイッスラー展」に関連した親子鑑賞講座を行いまた。絵をみるだけではなく実際に画材を見たり触ったり体験をしてから作品に向かい合うというのが子どものアトリエの鑑賞講座です。今回はさらにホイッスラーの絵の特色がよくわかるようにアトリエでのレクチャーも企画しました。最初に一度絵を見に行ってホイッスラーの絵の雰囲気を感じたあと、アトリエに戻ってミニレクチャーを行いました。

    ホイッスラーの色の秘密を探ろう!

    ホイッスラーの絵の特徴はよく「色の調和(ハーモニー)」にあるといわれます。でも言葉だけでは説明しづらいので、「調和」というものを音の和音や旋律に置き換えて感じてもらうところから始めました。澄んだピアノの音の重なりに子どもたちの顔はみるみるうっとりした表情にかわりました。また一転してぶつかり合う不協和音には、びっくりして目をまんまるに見ひらき、笑いだしてしまう子もいました。この音の組み合わせをホイッスラーの絵の中に置き換えてみると、彼の絵には反発し合うような色の組み合わせは見当たりません。むしろ仲間同士の色を使って全体の調和を図り、その中にほんのちょっぴり性格の違う色を入れることによって、ピリッと緊張感のある画面構成を試みていたことがわかります。

    kbh-01.jpg

    《ノクターン:青と金色-オールド・バターシー・ブリッジ》 1872-75年 テート美術館 (c)Tate,London 2014


    例えば「ノクターン」という絵を見てみましょう。ここに使われている色には濃い紺色からだんだん水色に近くなる色の変化があります。その中にかすかな黄色の点として花火の輝きがあらわされています。深い夜の闇の中、大きな橋のシルエット越しに遠くに「パーン」と聞こえてきそうな空間が心に広がります。橋の上の人たちの囁く声も聞こえてきそう。色の調和で音や空間まで感じさせるとは、ホイッスラーって色の魔術師みたいですね。

    どんな風に描いていたの?
    kbh-1.jpg kbh-2.jpg
    ▲一年生のおひげ君、キャンバス(画布)に向かってポーズ。 ▲気分はホイッスラー!

    さて、展示室にはホイッスラーの使った長い筆が展示してあります。大きな絵を描く時は少しはなれて描かないと全体が見えないのでそんな筆が必要だったのですね。そこで、みんなでホイッスラーに扮して長い筆をもって描くまねをしてみました。トレードマークのおひげをつけて、気分はすっかりダンディ(※)な絵描きさん。みんなすっかりなりきって様になっていました。
    さて、アトリエの中には油絵の具に触れられるコーナーやホイッスラーがたくさん残した版画(エッチング)に関する画材、刷るためのプレス機なども用意し自由に見てもらいました。めずらしいものが多く、参加者の皆さんはそれぞれ手に触れながら、いろんなことを親子で話し合っていました。 (※①おしゃれな男性 ②洗練された)

    kbh-3.jpg kbh-4.jpg
    ▲油絵が得意なスタッフが実演します。     ▲興味津々な顔!
    kbh-5.jpg kbh-6.jpg
    ▲「エッチング」に使う銅板と描くためのニードル。▲銅板を刷る機械。小型のプレス機を回してみよう。
    kbh-7.jpg kbh-8.jpg
    ▲油絵の具に混ぜる油。独特のにおいがします。 ▲「へぇ~油絵ってこんな画材で描くんだ。」

    もう一度、ホイッスラーの絵を見に行こう!
    kbh-9.jpg kbh-10.jpg kbh-11.jpg
    ▲展示室の入口で、絵を見るときのマナーやお約束を再確認。そのあと家族やスタッフと一緒に見ました。

    子どものアトリエで色についてのレクチャーのあと、ふたたび展示会場へ足を運びました。今度はアトリエで体験したことをヒントに、いろいろな発見を親子で話し合っていました。休日の午後、展示室はそれぞれの親子の時間が流れていました。

    さてこの講座にはもう一つ、皆さんにお知らせしたいトピックがあります。
    そのお話はまた次回の子アト通信で。お楽しみに!

    ホイッスラー展について詳しくはこちら

    子アト通信:学校のためのプログラム

    ibukino2.jpg

    子どものアトリエでは、年間90校の横浜市内の小学校、幼稚園・保育園、特別支援・養護学校を対象に、造形を中心とした「学校のためのプログラム」を行っています。
    ここではなにかをつくるのではなく、粘土や絵の具や紙(ダンボール)といったさまざまな素材との関わりの中で、自分の感性に出会い、素材の特性を知り、造形の仕組みを発見することが目的となります。

    ibukino5.JPG

    床いっぱいに広げた大きな紙に自分でつくった色でお絵描きしてみたり、1トンもの土粘土を全部使ってみたり...広いスペースで、たくさんの素材を使って行われるこれらの活動が、子どもたちの心身を開放し、日頃見られない子どもたちの側面を引き出してくれます。

    今回ご紹介する写真は、昨年11月に横浜市立いぶき野小学校1年生183人の子どもたちが訪れてくれたときのものです。この日に子どもたちが体験したのは「絵の具の活動」でした。

    ibukino3.JPGのサムネイル画像  ibukino8.JPGのサムネイル画像

    ibukino4.JPGのサムネイル画像  ibukino9.jpgのサムネイル画像

    午前中にたっぷり絵の具で遊んだあとは、お弁当を食べてから午後に「かげとり遊び」をして楽しみました。

    ibukino6.JPGのサムネイル画像  ibukino7.JPGのサムネイル画像

    子どものアトリエには、子どもたちの影が大好物の、不思議な壁があります。その壁の前でポーズをすると、あらフシギ!子どもたちの影が壁にくっついてしまうのです。身体を使った造形あそびとも言える、こんなシンプルな仕掛けの遊びも、子どもたちに大人気のメニューです。

    「学校のためのプログラム」は、1日1校(園)を受け入れ、事前に先生とご相談してその日の内容を決定します。展覧会が開催されている時期であれば、造形活動の後に展覧会を鑑賞することも可能です。

    2015年度以降(2015年4月~)のご利用の抽選会は、2015年2月に予定しています。ご興味のある先生方はぜひご参加ください(事前申込み要。横浜市内の学校に限ります)。

    「学校のためのプログラム」の詳細はこちら

    横浜市立いぶき野小学校 「いぶき野日記」

    子アト通信:講座レポート「透けるえのぐでかこう」

    bp4.jpg

    外はすっかり冬の装い。子どものアトリエに遊びに来る子どもたちは寒さにも負けず、毎日元気いっぱいです。
    今回の子アト通信では、11月に幼稚園・保育園の年長さんを対象に行われた「透けるえのぐでかこう」の様子をご紹介します。

    b6.jpg b3.jpg b2.jpg

    b14.jpg b5.jpg b4.jpg

    ▲鉛筆やペンで描く線とは一味違う、なんとも味のある線ですね。

    透明なアクリルの板にチューブからえのぐを絞り出すことで描くこの作品。
    えのぐが乾くとステンドグラスのような作品に仕上がります。光にかざすときらきらしてとてもきれい!
    子どもたちも自分たちが描いた絵がきらきら透明に変身する様子に大喜び。
    クリスマスツリーの下でプレゼントを受け取る自分、サッカー選手、かわいい動物たち...
    みんなの夢がたくさん詰まった、素敵な作品ができました。

    bp1.jpg bp2.jpg
    ▲えのぐを絞り出すのにも意外と力が必要です。子どもたちも真剣な表情!

    b9.jpg b10.jpg b12.jpg 
    こちらはクリスマスリース。
    まあるく穴の開いたリースの真ん中には、みんなが透けるえのぐで描いた小さな絵が飾られています。
    色とりどりのシールでデコレーションして、完成!
    お家のドアや窓に飾ったら、サンタさんへの目印になりそうですね。

    b15.jpg b13.jpg b7.jpg

    メリークリスマス!よいお年を!

    子アト通信 ヨコハマトリエンナーレ2014 ―ギムホンソックさんのクマちゃんをつくったよ!―

    PA120271.JPGPA120272copy.jpg

    10月に入りおだやかな天気が続いた日曜日の「親子のフリーゾーン」。この粘土コーナーで、現在開催中の「ヨコハマトリエンナーレ2014」にちなみ、韓国の出品作家のギムホンソックさんの《クマのような構造物-629》という作品をもとに「わたしのクマちゃん」というテーマで、自由なポーズのクマちゃんをつくりました。(もとの作品はこちら>>

    それでは、できた作品をちょこっとだけお見せしますね。
    PA121830copy.jpgPA120292copy.jpg
    ▲クマちゃんとお友達                 ▲"チームクマちゃん" エイエイオッ~

    PA121868.JPGPA121858copy.jpg
    ▲クマちゃんは階段下にいます             ▲マックス・エルンスト風のクマちゃん

    クマの形をもとにいろいろな大きさの、いろいろなコンセプトのクマちゃんができました。たくさんの親子のみなさんにご参加いただいて、思いがけないアイディアに出会えた楽しい時間となりました。(おもしろかった~!)
    ギムホンソックさんの作品は、横浜美術館の最寄駅「みなとみらい線」みなとみらい駅の改札付近にあります。参加してくれたみなさんは、親子のフリーゾーンの帰り道、駅の柱のかげにいる現物のクマちゃんに会っていってくれたかな?

    PA120322.JPG
    ▲クマちゃん勢ぞろいショット!寝そべってるクマちゃんもいますね。

    GIM (Bearlike)_KK_1.jpg

    ギムホンソック 《クマのような構造物-629》
    2013年―2014年
    協力:MARK IS みなとみらい
    撮影:加藤健

    さて、トリエンナーレも残すところあとわずか。まだ見ていらっしゃらないかたはどうぞお急ぎください!

    ヨコハマトリエンナーレ2014公式ウェブサイト>>

    いつもの風景が...

    1.JPG

    子どものアトリエの床という床を埋めつくす、無数のグレーの物体!
    一体これ、なんだと思いますか?

    ...実は全部、土粘土を薄くスライスしたものなんです。
    この粘土は、いま開催中の展覧会「ヨコハマトリエンナーレ2014」に出品中のグレゴール・シュナイダー氏の作品、《ジャーマン・アンクスト》の一部に使われています。
    どのように作品に使われているかは...見てのおたのしみです。
    粘土の総重量、なんと1.5トン!

    これだけの粘土の作業をするには子どものアトリエのスペースしかない!ということで、
    様々なセクションから参戦した美術館スタッフと市民ボランティアさん、のべ約30人のメンバーが一緒に作業にあたりました。

    2.JPG

    粘土は親子のフリーゾーンや学校のためのプログラムでいつも扱いなれているから任せて!...と言いたいところですが、何しろ量が量ですから。大変な作業でした。

    1日目
    とにかく粘土を薄くスライス。重たい粘土をせっせと運んではひたすら切り続けました。
    そして子どものアトリエ中に新聞紙を広げ、その上で乾燥させました。

    2日目
    カチンコチンに乾いた粘土を今度は小石くらいの大きさになるまで砕きました。

    これだけの粘土を床いっぱいに広げることはまず後にも先にもないことでしょう。
    いつもの子どものアトリエの風景が全然違って見えますね。


    3.JPG

    ほどよく砕かれた粘土は20kgくらいずつ袋詰めにされて、人の手で作品の設置場所に運び込まれました。その量、なんと150袋!
    そしてオープニングの日に行ってみると、その大量の粘土がシュナイダー氏の作品に生まれ変わっていたのです。
    一体どのような作品になったのか、実際の作品をぜひ見てみてくださいね!


    ヨコハマトリエンナーレ2014
    華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある
    2014年8月1日(金)~11月3日(月・祝)
    公式ウェブサイトはこちら>>

    「お届け子アト」 in KCMC(神奈川県立こども医療センター)

    今年もおじゃましました!こども医療センター

    kcmc1.jpg

    さる8月26日、子どものアトリエは横浜市南区にある「神奈川県立こども医療センター」に出張しました。一年ぶりにおじゃました「重症心身障害児施設」では、たくさんの子どもたちが待っていてくれました。子どものアトリエの定番メニューのお湯の入った袋やビーズクッションに横たわり、子どもたちはスタッフのみなさんに体を揺らしてもらってちょっぴりいつもと違う時間を過ごしました。その表情からは「あれ?これは何だろう?」とか、「気持ちいい~!」とか心の声が聞こえてきそうです。一方、ビーズクッションにすっぽり収まり、すやすや眠っている子もいて静かに様子を見守るひとときもありました。

    kcmc2.jpg kcmc3.jpg kcmc4.jpg

    スタッフのみなさん今年もお世話になりました。どうもありがとうございました!

    kcmc5.jpg kcmc6.jpg

    さて、午後は病棟の「プレイルーム」へおじゃましました。ここは入院生活を送っている子どもたちが、本を読んだり遊んだりできるスペースです。ここでは子どものアトリエのオリジナル教材「デコ車」をつかったワークショップを行いました。動く台車(デコ車)に木っ端を飾り付けて色を塗る工作です。最後にひもをつけて動かせるようにしました。子どもたちはとても喜んで、ひもを引っ張りながらナースステーションのまわりをお散歩しました。何周もまわって看護婦さんに「ちょっと歩きすぎですよ」と注意されていたお友だちもいましたっけ。また、おもしろくて2台も作っちゃったお友だちもいましたよ。子どもたちの作品、力作ぞろいです。とっても素敵なので全部お見せしますね。このブログを見ていてくれたら嬉しいな。

    kcmc7.jpg kcmc8.jpg kcmc9.jpg   kcmc10.jpg kcmc11.jpg kcmc12.jpg

    ★この「出張プログラムは、横浜美術館の企業向け芸術支援プログラム「Heart to Art」の一環で、横浜信用金庫様のご協賛により実現いたしました。ありがとうございました。 ★※Heart to Artについてはこちらから>>

    講座レポート「夏休み造形講座」

    d0.jpg
    心も身体も自然に動き出す、子アトの夏休み!

    だんだんと秋の気配が近づいてきましたね。
    今回はこの夏に行われた「夏休み造形講座」の様子をお届けします。

    ★「ダンスクラブ」
    7月後半に開催された「ダンスクラブ」。幼稚園、保育園の年長さんが集まりました。
    初日は恥ずかしがっていたお友だちも、2日目、3日目になると大きな声であいさつができたり、自分で考えたダンスを披露してくれたり。
    普段の造形講座とは一味違い、今回の素材は"自分自身"。身体を使って表現することの楽しさ、リズムに合わせて動くうちに自然と発見できたみたいですね。
    d1.jpg d2.jpg d3.jpg
    身体全体をめいいっぱい使ってダンス!最後は、自分で考えた決めポーズ!ばっちり決まったね。
    d4.jpg
    先生の動きに合わせて踊れるかな?

    ★「発泡スチロールアート」
    8月最初の講座は1・2・3年生が対象の「発泡スチロールアート」です。
    自分で考えた"設計図"をもとに発泡スチロールを切り取り、組みあわせます。
    絵の具で色を塗れば完成!中には自分と同じくらいの大きさのものも!
    h3.jpg h4.jpg
    h2.jpg h1.jpg
    はじめて使うスチロールカッターにみんな緊張気味?子アトスタッフのお兄さんやお姉さんも手伝ってくれましたよ。

    みんなの作品はこちら!
    hs.gif


    ★「モザイクアート」
    夏休み最後の講座は4・5・6年生対象の「モザイクアート」です。
    色とりどりのタイルを使いたい大きさに割り、自分の考えた絵柄に沿って貼り付け、隙間に目地材(セメント)を流します。
    とても細かく根気のいる作業ですが、みんな一生懸命に取り組みました。
    m1.jpg m2.jpg m3.jpg
    真剣な表情の子どもたち。この夏の思い出を作品にしたお友だちもいます。

    みんなの作品はこちら!
    mz1.gif mz2.gif

    3つの「夏休み造形講座」、それぞれで難しいこと、楽しいこと、たくさん経験しましたね。
    講座が終わるころにはちょっとお兄さんお姉さんの顔をしてたかも?
    みんなの夏休みの思い出の1ページに子アトでの体験がしっかりと刻まれたはずです。
    新学期も楽しい毎日を送ってくださいね!

    夏のお花畑 ~教師のためのワークショップ~

    kyousi1.jpg
    先生が描いたユニークなお花でいっぱい!

    子どものアトリエにとって夏休みといえば、毎年恒例の先生のための研修シーズン。
    今年も幼稚園、保育施設の先生や、小学校の先生など、たくさんの先生が研修会に参加してくださいました。
    この研修では、基本的な素材であるえのぐ、粘土、紙を用いた造形教育の可能性を、先生も子どもと同じように手を動かし体験することをとおして学んでいただきます。
    今回ご報告する「教師のためのワークショップ」は、幼稚園、保育所の先生を対象に2日間の日程で開催されました。


    2014kyousi2.jpg     2014kyousi3.jpg
    描きごこちが良いえのぐの濃さはどれくらい?      3色のえのぐを混ぜたら、たくさんの色ができました。


    kyousi7.jpg          2014kyousi22.jpg
    新聞紙と紙コップで...けん玉のできあがり!           はさみのおさんぽ。手の動くままチョキチョキ。


    紙を素材とした活動では、「はさみのおさんぽワークショップ」と題して、手のおもむくまま自由なかたちを切りとってみました。
    その次に先生たちに出したお題は、「偶然できたかたちから、キャラクターをつくろう」というもの。
    キャラクターづくりは先生たちにはお手のもの。
    色紙やペンをつかって、たちまちユニークなキャラクターが生み出されました。
    せっかくなので、先生たちと描いたお花の絵を発表のステージに仕立て直して発表会も行いました。


    kyousi9.jpg


    発表された全キャラクターをご紹介しましょう!


    kyousi10.jpg kyousi11.jpg


    kyousi12.jpg kyousi13.jpg


    kyousi14.jpg kyousi15.jpg


    kyousi16.jpg kyousi17.jpg


    kyousi18.jpg kyousi19.jpg


    2日間、朝から夕方まで研修内容満載のカリキュラムでしたが、
    先生たちの学ぶ熱気は衰えることはなく、時間はあっという間に過ぎてしまいました。
    えのぐ、粘土、紙、という基本的な素材の特徴をよく知り、
    先生たちの引き出しが多ければ多いほど、子どもたちの造形活動の可能性がより広がっていきます。
    新学期を迎え、先生たちがここで学ばれたことを日頃の活動に活かしてくださることでしょう。


    「教師のためのワークショップ」の詳細はこちら

    親子のフリーゾーン「かわいい忘れもの」

    P7060100.jpg
    おしゃれなお洋服を着た女の子。誰がつくったのかなー?

    2週連続で雨に見舞われた「親子のフリーゾーン」。
    本日やっとお日様が顔を出しました!みんな元気に中庭のえのぐコーナーで遊んでいましたよ。

    さて、写真のかわいらしいお人形。
    実はこれ、本日の「親子のフリーゾーン」の忘れ物なんです。
    模様の描かれたダンボール板をお洋服に見立てることでとてもおしゃれなお人形になりましたね。

    あまりにもかわいいので、しばらく子どものアトリエで飾らせていただきます。
    (もし、作者の方がこのブログを読んでいたら、迎えに来てあげてくださいね。)

    「親子のフリーゾーン」の詳細はこちら

    「学校のためのプログラム」

    ―今日は子どもが褒めてくれました!―

    P6200270.jpg

    さる6月20日、横浜みこころ幼稚園の年長さん52人が先生といっしょに「学校のためのプログラム」に参加してくれました。お話を聞くと引率の先生の中に子どもの頃このプログラムに参加したことがあるという先生がいらっしゃるとの情報。子どものアトリエスタッフは是非その先生に、このプログラムに参加して子どもの時に感じたことと大人になって感じたことを伺ってみたいと思いました。
    さて、事前に決めたこの日のテーマは「えのぐであそぼう」。子どもたちはさっそく汚れても良い格好に着がえてアトリエに集合しました。最初のメニューは、「魔法のえのぐ」。子どもたちは筆にたっぷりのえのぐをつけて、いろいろなかたちのダンボールに模様を描いてゆきます。

    P6200254.jpg P6200258.jpg

    できたダンボールは隣のスタジオに並べてみんなで魔法のかかるおまじないを唱えました。一瞬にして闇にカラフルな模様が浮かび上がり、静寂のあと「うわ~!」と大歓声が上がりました。

    P6200269.jpg  P6200277.jpg  P6200274.jpg
    ▲明かりを消すとブラックライトに模様が光ります。▲次は道みたいに並べかえてみました。▲天の川みたいだね。

    お気づきの通り"魔法のえのぐ"とはブラックライトに光る蛍光の絵の具のこと。幼稚園の頃、同じ体験をした先生は、「ふだんは光らないえのぐが光ったことに本当にびっくりして、感動したことを思いだしました。心が動く体験を自分と同じように自分の子どもたちにもさせてもらえて嬉しいです」と話してくださいました。
    さて、次のメニューは「色つくり」です。今度は赤と青と黄色と白の4つの色を使って自由に混ぜてみます。いわば「色つくりの実験」かな?

    P6200278.jpg P6200280.jpg
    ▲「あれあれ、混ぜたら色がかわったよ。できた色でお絵かきしよう!」 アトリエのお姉さんの説明に思わずにじり寄ってしまいます。

    P6200282.jpg  P6200297.jpg  P6200304.jpg
    ▲どうなった? あ、おんなじだぁ。   ▲うわ~!ピンクになったよー!    ▲柔らかい色の楽しい模様でいっぱいです。

    子どもたちは何度も何度も色を混ぜていろいろな変化を発見しました。子どもたちが作った色で、床に引いた大きな紙はみるみる楽しい模様で埋め尽くされ、あっという間に予定の時間は過ぎてしまいました。子どもたちは大きな桶で手足を洗い、この後アトリエの中でお弁当を食べました。「学校のためのプログラム」はこんな感じで一日を美術館で過ごすプログラムです。もしかしたらこの日参加してくれた子どもたちの中にも将来お父さんお母さんになったり、先生になって子どもたちをアトリエに連れて来てくれる人もいるかもしれませんね。

    さて、子どもたちが帰ったあと先生方に感想を伺いました。

    すみれ組の先生:
    「何事にも慎重で、描くのが苦手な男の子が、今日は何も声をかけなくても自分からやっていました。全部で2枚描いていましたが、一枚は全色(7色)を使って丁寧に丁寧に描いていました。最後に『また来たい人?』と尋ねたとき、両手と肘がピンと上に伸びて、おしりもプンと突き出していたので、とても楽しかったんだなってわかりました。

    ゆり組の先生(子どもの頃来たことのある先生です。)
    日ごろからダイナミックな子どもたちなのですが、大きな紙を見てさらに発想が制限なくのびのびとやっていました。声掛けはあまりしなくても良くて、気が付いたら自分も子どもと一緒に色つくりを楽しんでいました。子どもが「ゾウさんの色になったよ」と見せに来てくれたので「じゃあ、先生りんごの色つくってあげるね。」と言って描いてあげると、今日は子どもが褒めてくれました。自然な流れでやり取りが楽しめました。

    主任の先生:
    子どもたちが心を開放し、色やかたちを楽しんでいるのがキラキラした表情からわかりました。かけがえのない時間でした。

    ※「学校のためのプログラム」は横浜市内の幼稚園・保育園、小学校、特別支援学校などを対象とした子どものアトリエの学校連携プログラムです。詳細は こちらをご覧ください。