親子のフリーゾーンアーカイブ

    子アト通信:「親子のフリーゾーン」ボランティア

    _KNK-7036.jpg
    ▲"絵の具屋さん"に変身する子どものアトリエボランティアのみなさん。

    現在、横浜美術館では来年度に向けて、館内のさまざまなセクションでボランティア活動の募集を行っています。
    詳しくはこちらをごらんください。
    http://yokohama.art.museum/education/volunteer/require.html

    ※平成28年度の募集は終了しました。

    子どものアトリエでも、日曜日の午前中に開催している「親子のフリーゾーン」でのボランティアさんを募集中です

    「親子のフリーゾーン」とは、子どもたちが家族と一緒に粘土や絵の具、紙といった素材で自由に遊べる、開館当初から26年間続いている人気のプログラム。毎回500人近い参加者があり、私たちスタッフと市民ボランティアのみなさんで運営しています。
    直接指導はしませんが、素材別のコーナーで子どもたちの案内をしたり、道具や素材を渡したりと、子どもたちと触れ合う機会がたくさんあります。子どもたちが自由な発想でいろいろな素材を使い遊ぶ姿はとてもパワフルで、私たちもたくさんの元気をもらうことができます。

    現在ボランティアとしてこのプログラムを支えてくださっているのは、学生さんやお子さんのいらっしゃるお母さん、会社員の方、定年を迎えた方まで、幅広い世代、背景の方々です。自分が子どもの頃フリーゾーンで遊んでいたという人もいるんですよ。
    親子のみなさんが帰り、会場の清掃が一通り終わった後、スタッフみんなでお茶を飲みながら「今日はこんな子たちがいたね。」「こんな大きいな作品を作った子がいました!」と振り返るのも楽しみのひとつです。

    s_KNK-7347.jpg
    ▲準備、片付け、清掃など、子どもたちが楽しく安全に遊ぶためにはとても重要なお仕事です。

    _KNK-7293.jpg
    ▲子どもたちと触れ合う機会もたくさんあります。「粘土で何をつくるのかな?」


    私たちと一緒に親子の活動を見守る、縁の下の力持ちになってみませんか?

    ボランティア募集情報はこちらです。                                                                 http://yokohama.art.museum/education/volunteer/require.html

    ※平成28年度の募集は2月22日で終了しました。

    「親子のフリーゾーン」の詳細はこちらです。                                                 http://yokohama.art.museum/education/children/freezone.html

    子アト通信:講座レポート「親子のフリーゾーン」

    ―親子のフリーゾーンはじまりました!―

    2016koatofzblog0115-1.jpg1/10(日)、2016年はじめての親子のフリーゾーンが開催されました。

    久しぶりの親子のフリーゾーンは、3連休の中日ということもあり、たくさんの親子が遊びにきてくれました。

    「描き初めだー!」と絵の具まみれになってお絵描きをしているお子さんもいて、寒い冬でも関係なくパワフルな子どもたちのすがたに圧倒されてしまいました!今回は「冬はえのぐコーナーはやっていないのですか?」とたくさん質問を受けましたので、「冬のえのぐコーナー」について少しご紹介したいと思います。

    12月~3月は寒いので中庭でお絵描きをすることはできませんが、室内で行っています。

    夏場ではお着替えや授乳など、フリースペースとして使っている一番奥のお部屋です。

    お部屋の中はお絵描きボードでぐるりと囲まれ、床には白くて大きな紙が広げてあります。あらかじめバケツに絵の具が入っているので、好きな色の筆をとってお絵描きしましょう。

    みんなに注意してほしいことは2つ。

    1つは使ったお筆は同じ色のバケツに戻すこと。

    2つめは足に絵の具をぬっているお友だちがいますが、とてもすべりやすいので気を付けること。最近は小さいお友だちも増えているので、お父さん、お母さんも目が離せませんよ。

    さて、たくさん遊んだあとはみんなでおかたづけをして、汚れた手足はあたたかいお湯の入った水そうでざっと洗うことができます。

    親子のフリーゾーンには、「えのぐコーナー」のほかにも「ねんどコーナー」や「かみコーナー」がありますので、好きな場所からはじめてくださいね。

    2016koatofzblog0115-2.jpg 2016koatofzblog0115-3.jpg
    ▲「ねんどコーナー」のようす           ▲「かみコーナー」のようす

    今年も親子の笑顔がたくさんあふれ、みんなが楽しく安全に遊べる親子のフリーゾーンになりますように。スタッフ、ボランティア一同お待ちしています!

     

    ※「親子のフリーゾーン」の日程はこちらからご確認ください。

    http://yokohama.art.museum/education/children/freezone.html

     

    子アト通信:親子のフリーゾーン「子どものアトリエへようこそ」

    20140509oyakofztop.jpg▲ねんどコーナー 親子でなにをつくっているのかな?

    20140509oyakofzenogu.jpg     20140509oyakofzkami.jpg
    ▲えのぐコーナー                        ▲かみコーナー

    いよいよ初夏到来!「親子のフリーゾーン」のお絵描きコーナーは屋内から屋外(中庭)に場所が変わりました。この時を待っていましたとばかりに中庭へ直進するお友だちがいる一方、この4月はきょろきょろと少し不安そうな顔でお部屋を見渡している親子の姿も多く見受けられました。4月~11月の晴天時は、ほぼ定員の600人に近い入場者数があるので、初めての人は広いお部屋と中庭で大勢の親子が遊んでいるのにびっくりしてしまうようです。

    今回は、これから"フリーゾーン・デビュー"を計画している皆さんへ、フリーゾーンで安全に楽しく遊んでいただくコツをお伝えしましょう。

    親子のフリーゾーンは「絵の具」「粘土」「紙」の3つの素材コーナーに分かれています。はじめての時はひとまずぐるりとお散歩してみて、興味がわいたところからスタートしてはいかがでしょう。粘土はいつも子どもたちがさわってみたくなるようなやわらかさに練られており、絵の具はなめらかな濃さに溶かれています。色々な紙や、基本的な工作の道具もそろっていますが、ないものがあっても工夫をするチャンス。ああでもないこうでもないとじっくり素材に関わることによって、「自分でする」「自分がする」という気持ちを育んでほしいと思います。フリーゾーンでは特別に「今日はこれをつくりましょう」という指導はしていません。親子でたくさんお話しながら自由な造形の時間を楽しんでくださいね。お父さん、お母さんも汚れてもよい格好が安心ですよ。

    えのぐコーナー

    中庭の奥にある「えのぐやさん」に並んで順番に絵の具と筆をもらいましょう。絵の具は赤・青・黄・白の4色あります。ピンクやオレンジなど、まぜる色もつくってもらえます。透明の長い袋に水を入れて好きな絵の具で色をつける「色水づくり」もできます。絵の具と袋は白い机にセットしてあります。こちらは柵に吊り下げてながめてみましょう。現代アートみたいでステキです!  

    20140509oyakofzenoguya.jpg20140509oyakofziromizu.jpg
    ▲えのぐやさん            ▲色水づくりコーナー

    2014fziromizukazari_edited-1.jpg
    ▲色水を飾っているところ

    ねんどコーナー

    まず、空いているテーブルを確保してください。ねんどは入口付近でお渡ししています。ねんどはやわらかく練ってあるのでさらに水をまぜる必要はありません。かきべらやへら、切り糸など道具なども用意してあります。粘土には他のものを混ぜないでね。

     かみコーナー

    いろいろな種類の紙の素材を用意しています。使う分だけ選んで大切に使いましょう。余ったら戻してね。お友だちやスタッフが作った見本も置いてありますから参考にしてみてください。紙工作の作品だけは持ち帰りができますので袋を持参していただけると便利です。

    20140509oyakofznendo1.jpg    20140509oyakofznendosakuhin.jpg   2014 fzkamikousaku.jpg
    ▲いつも練りたての粘土を用意しています ▲できた作品はかざりましょう  ▲いろいろな紙を用意しています

    おやくそく

    ●11:25頃からみんなでお片付けの時間になります。アナウンスをよく聞いて、使い終わった道具や素材は元のところへ戻しましょう。お父さん、お母さんの瞬間ボランティア、大歓迎です!

    ●お部屋の中を走ることはとても危険です。小さい赤ちゃんもたくさんいるので、まわりにも気をつけましょう。

    ●絵の具コーナーは大変すべりやすいので、足元にお気を付け下さい。

    ●緊急時のため、保護者の方は靴をはいてください。お子さんの靴は袋に入れてお手持ち下さい。

    20140509oyakofzenoguarai.jpg   20140509oyakofzenogusouzi.jpg  .20140509oyakofztukuehakobi.jpg
    ▲使い終わったカップは桶で洗います   ▲最後にスポンジでこすって流します  ▲机はふいて2人1組で運びます

    さて、フリーゾーンで楽しく安全に遊ぶコツをご紹介しましたが、だいたい様子はつかめましたか?困ったことや質問があったらスタッフや、紺色のエプロンのボランティアさんたちに聞いてくださいね。子どものアトリエはみなさんのスムーズで楽しいフリーゾーンデビューを応援しています。

    親子のフリーゾーンの開催日程はこちら

    親子のフリーゾーン「かわいい忘れもの」

    P7060100.jpg
    おしゃれなお洋服を着た女の子。誰がつくったのかなー?

    2週連続で雨に見舞われた「親子のフリーゾーン」。
    本日やっとお日様が顔を出しました!みんな元気に中庭のえのぐコーナーで遊んでいましたよ。

    さて、写真のかわいらしいお人形。
    実はこれ、本日の「親子のフリーゾーン」の忘れ物なんです。
    模様の描かれたダンボール板をお洋服に見立てることでとてもおしゃれなお人形になりましたね。

    あまりにもかわいいので、しばらく子どものアトリエで飾らせていただきます。
    (もし、作者の方がこのブログを読んでいたら、迎えに来てあげてくださいね。)

    「親子のフリーゾーン」の詳細はこちら

    親子のフリーゾーン

    ー冬も元気に!絵の具コーナー

    いつも人気の、親子のフリーゾーン「絵の具コーナー」。
    屋外での開催は11月でおわってしまいましたが、12月から3月の間はあたたかい室内へ場所を変えます。

    中庭の色水あそびは、冬のあいだはお休みです。4月になったらまたできるよ。

    fuyu_fz5.jpg

    室内では色水あそびはできませんが、床には一面に白い大きな紙とお絵描きできる壁がぐるっと部屋を囲んでいます。絵の具と筆がバケツに入っていますので、好きな色をつかって描いてくださいね。自分の手に絵の具をつけたり、大きく筆をうごかしたり、のびのびとあそぶことができるのは、夏とかわりません。あそび終わったら、お湯の入った大きな水槽で手足を洗い流すこともできます。
    「親子のフリーゾーン」には、絵の具の他にも粘土や紙工作のコーナーがあります。
    さむい冬でも、ぜひ親子であそびにきてね!
    ※年間42回開催!「親子のフリーゾーン」の日程は、こちらでご確認ください→http://www.yaf.or.jp/yma/children/030/

    fuyu_fz1.jpg fuyu_fz2.jpg
    fuyu_fz3.jpg fuyu_fz4.jpg

    親子のフリーゾーン

    ーはるちゃんとパパー

    前回の巨大な”カブトムシ”の写真は、この夏、親子のフリーゾーンで制作された粘土の作品でした。
    作者は、はるちゃんとそのパパ。はるちゃんのパパは、はるちゃんがまだ幼稚園に上がる前くらいの頃からフリーゾーンに通ってきてくださっているおなじみさんです。
    はるちゃんとパパはいつも粘土で制作します。
    ふたりのテーマはいつも「大きなものをつくる」こと。

    ある時は「大きな木の家」だったり、

    大きな木の家

    小さい頃のはるちゃんとパパ。はるちゃんはせっせとお手伝い。

    また、ある時は、

    巨大ヤモリ ジンベエザメ

    巨大ヤモリ!

    ジンベエザメかな?

    ハリネズミ

    これは近作の巨大ハリネズミ。後ろで見守っている人たちはボランティアのみなさんです。
    「はるちゃんとパパの作品にはいつも驚かされます。何ができるかとっても楽しみにしているんですよ。」とエールを送ります。
    はるちゃんが小さい頃から一体いくつの作品ができたのでしょうか。ずーっとつくり続けているお父さんには、ただ、ただ脱帽です!

    さて、巨大なカブトムシに話を戻しましょう。
    はるちゃんはもう小学2年生になりました。妹さんも生まれて大きな粘土制作は、親子3人の協同制作となりました。はるちゃんは、妹のてるちゃんにいろんなことを教えてあげています。お父さんは助手さんが一人増えました。

    カブトムシ

    はるちゃんも、てるちゃんも

    怪獣 大きく、大きく育ってね。

    親子のフリーゾーン

    ー夏の思い出ー

    フリーゾーンの様子1.jpg

    9月下旬になって急に涼しくなってきた今日このごろ。今年の夏も格別に暑かったですね。
    さて、子どものアトリエの夏といえば、親子のフリーゾーンの「えのぐコーナー」。今年の夏も大変に賑わいました。何といっても子どもたちが大好きなのは、中庭の色水あそびとお絵描きボード。「夏休みには水着を持って美術館にいこう!」とばかりに、水着と麦わら帽子で遊んでいる子がいっぱいでした。そんな中、ひそかな人気スポットが、、、

    フリーゾーンの様子2.jpg

    コップの洗い場です。
    水はいつもえのぐが混ざってピンクっぽいグレー。
    えのぐよりも、お水をくんではこぼす作業にはまっているお友だちがたくさんいましたね。

    フリーゾーンの様子3.jpgフリーゾーンの様子4.jpg

    水といえば、赤ちゃんといえどもこの真剣なまなざし!
    ついつい、お父さんお母さんの目尻がさがります。
    中庭のオブジェに目をやると、、、見て下さい。この堂々とした描きっぷり!

    フリーゾーンの様子5.jpg

    しっかりとした「意志」を感じますね。

    さて同じ頃、部屋の中は、というと、、、

    フリーゾーンの様子6.jpg

    うわーっ!なんだこりゃー。

    フリーゾーンの様子7.jpg

    わー!こっちも、す、すごいね。
    パワフルな兄弟(兄妹)たちにより、エネルギッシュな創作がくりひろげられていました。

    おや、巨大な親子のカブトムシもいましたよ!

    フリーゾーンの様子8.jpg

    「そうか。今日は、カブトムシだったんだ、、、」さて、このお話は次回へと、つづく・・・


    ※中庭のえのぐコーナーは、4月から11月の間、お天気のよい日に体験できます。雨の日や寒い12月〜3月は室内となります。
    親子のフリーゾーンの日程はこちらです。http://www.yaf.or.jp/yma/children/030/

    冬の親子のフリーゾーン

    ー「えのぐあそび」は室内でー

    冬の親子のフリーゾーン


    日曜日の親子のフリーゾーンは、ねんどやえのぐ、紙工作が年間を通じて楽しめます。
    その中でも特に人気があるのがえのぐコーナー。お天気の良い日は中庭で、子どもたちがえのぐまみれであそぶ姿が横浜美術館の夏の風物となっています。
    「冬はえのぐはできないんですか?」というお問い合わせをよくいただきます。
    いえいえそんなことはないんですよ。寒いので外ではさすがに無理ですが、屋内に床一面の紙をしき、腕をいっぱいにのばしてかけるお絵描きボードをつなげて、紙の上ならどこにつけてもいいことになっています。足についたえのぐはざっと洗える桶もあります。
    冬はあたたかい室内で、自由にお絵描きを楽しんでください。
    (えのぐコーナー=12〜3月は室内、4〜11月は屋外。雨天の場合は室内です。)

    ※親子のフリーゾーン日程はこちらです。http://www.yaf.or.jp/yma/children/030/