学校のためのプログラムアーカイブ

    子アト通信:学校のためのプログラム

    ibukino2.jpg

    子どものアトリエでは、年間90校の横浜市内の小学校、幼稚園・保育園、特別支援・養護学校を対象に、造形を中心とした「学校のためのプログラム」を行っています。
    ここではなにかをつくるのではなく、粘土や絵の具や紙(ダンボール)といったさまざまな素材との関わりの中で、自分の感性に出会い、素材の特性を知り、造形の仕組みを発見することが目的となります。

    ibukino5.JPG

    床いっぱいに広げた大きな紙に自分でつくった色でお絵描きしてみたり、1トンもの土粘土を全部使ってみたり...広いスペースで、たくさんの素材を使って行われるこれらの活動が、子どもたちの心身を開放し、日頃見られない子どもたちの側面を引き出してくれます。

    今回ご紹介する写真は、昨年11月に横浜市立いぶき野小学校1年生183人の子どもたちが訪れてくれたときのものです。この日に子どもたちが体験したのは「絵の具の活動」でした。

    ibukino3.JPGのサムネイル画像  ibukino8.JPGのサムネイル画像

    ibukino4.JPGのサムネイル画像  ibukino9.jpgのサムネイル画像

    午前中にたっぷり絵の具で遊んだあとは、お弁当を食べてから午後に「かげとり遊び」をして楽しみました。

    ibukino6.JPGのサムネイル画像  ibukino7.JPGのサムネイル画像

    子どものアトリエには、子どもたちの影が大好物の、不思議な壁があります。その壁の前でポーズをすると、あらフシギ!子どもたちの影が壁にくっついてしまうのです。身体を使った造形あそびとも言える、こんなシンプルな仕掛けの遊びも、子どもたちに大人気のメニューです。

    「学校のためのプログラム」は、1日1校(園)を受け入れ、事前に先生とご相談してその日の内容を決定します。展覧会が開催されている時期であれば、造形活動の後に展覧会を鑑賞することも可能です。

    2015年度以降(2015年4月~)のご利用の抽選会は、2015年2月に予定しています。ご興味のある先生方はぜひご参加ください(事前申込み要。横浜市内の学校に限ります)。

    「学校のためのプログラム」の詳細はこちら

    横浜市立いぶき野小学校 「いぶき野日記」

    「学校のためのプログラム」

    ―今日は子どもが褒めてくれました!―

    P6200270.jpg

    さる6月20日、横浜みこころ幼稚園の年長さん52人が先生といっしょに「学校のためのプログラム」に参加してくれました。お話を聞くと引率の先生の中に子どもの頃このプログラムに参加したことがあるという先生がいらっしゃるとの情報。子どものアトリエスタッフは是非その先生に、このプログラムに参加して子どもの時に感じたことと大人になって感じたことを伺ってみたいと思いました。
    さて、事前に決めたこの日のテーマは「えのぐであそぼう」。子どもたちはさっそく汚れても良い格好に着がえてアトリエに集合しました。最初のメニューは、「魔法のえのぐ」。子どもたちは筆にたっぷりのえのぐをつけて、いろいろなかたちのダンボールに模様を描いてゆきます。

    P6200254.jpg P6200258.jpg

    できたダンボールは隣のスタジオに並べてみんなで魔法のかかるおまじないを唱えました。一瞬にして闇にカラフルな模様が浮かび上がり、静寂のあと「うわ~!」と大歓声が上がりました。

    P6200269.jpg  P6200277.jpg  P6200274.jpg
    ▲明かりを消すとブラックライトに模様が光ります。▲次は道みたいに並べかえてみました。▲天の川みたいだね。

    お気づきの通り"魔法のえのぐ"とはブラックライトに光る蛍光の絵の具のこと。幼稚園の頃、同じ体験をした先生は、「ふだんは光らないえのぐが光ったことに本当にびっくりして、感動したことを思いだしました。心が動く体験を自分と同じように自分の子どもたちにもさせてもらえて嬉しいです」と話してくださいました。
    さて、次のメニューは「色つくり」です。今度は赤と青と黄色と白の4つの色を使って自由に混ぜてみます。いわば「色つくりの実験」かな?

    P6200278.jpg P6200280.jpg
    ▲「あれあれ、混ぜたら色がかわったよ。できた色でお絵かきしよう!」 アトリエのお姉さんの説明に思わずにじり寄ってしまいます。

    P6200282.jpg  P6200297.jpg  P6200304.jpg
    ▲どうなった? あ、おんなじだぁ。   ▲うわ~!ピンクになったよー!    ▲柔らかい色の楽しい模様でいっぱいです。

    子どもたちは何度も何度も色を混ぜていろいろな変化を発見しました。子どもたちが作った色で、床に引いた大きな紙はみるみる楽しい模様で埋め尽くされ、あっという間に予定の時間は過ぎてしまいました。子どもたちは大きな桶で手足を洗い、この後アトリエの中でお弁当を食べました。「学校のためのプログラム」はこんな感じで一日を美術館で過ごすプログラムです。もしかしたらこの日参加してくれた子どもたちの中にも将来お父さんお母さんになったり、先生になって子どもたちをアトリエに連れて来てくれる人もいるかもしれませんね。

    さて、子どもたちが帰ったあと先生方に感想を伺いました。

    すみれ組の先生:
    「何事にも慎重で、描くのが苦手な男の子が、今日は何も声をかけなくても自分からやっていました。全部で2枚描いていましたが、一枚は全色(7色)を使って丁寧に丁寧に描いていました。最後に『また来たい人?』と尋ねたとき、両手と肘がピンと上に伸びて、おしりもプンと突き出していたので、とても楽しかったんだなってわかりました。

    ゆり組の先生(子どもの頃来たことのある先生です。)
    日ごろからダイナミックな子どもたちなのですが、大きな紙を見てさらに発想が制限なくのびのびとやっていました。声掛けはあまりしなくても良くて、気が付いたら自分も子どもと一緒に色つくりを楽しんでいました。子どもが「ゾウさんの色になったよ」と見せに来てくれたので「じゃあ、先生りんごの色つくってあげるね。」と言って描いてあげると、今日は子どもが褒めてくれました。自然な流れでやり取りが楽しめました。

    主任の先生:
    子どもたちが心を開放し、色やかたちを楽しんでいるのがキラキラした表情からわかりました。かけがえのない時間でした。

    ※「学校のためのプログラム」は横浜市内の幼稚園・保育園、小学校、特別支援学校などを対象とした子どものアトリエの学校連携プログラムです。詳細は こちらをご覧ください。

    学校のためのプログラム

    ― 年間7000人の子どもたち(4歳~12歳)がこのプログラムを体験しています。 ―


    school1.gif


    横浜美術館のさまざまな教育プログラムの中で、特徴的なものとしては平日に行っている「学校のためのプログラム」があげられます。
    このプログラムは横浜市内の「幼稚園・保育園」、「小学校」、「養護・特別支援学校」「区ごとの個別支援学級」、そして外国の「各種学校」の子どもたちが、先生と一緒にアトリエにやってきて授業の一環として造形や鑑賞活動を楽しみます。いわば学校と美術館が連携して行う学校連携プログラム。開館から24年間続いているので、最近は当時子どもだった人たちが先生としてやって来て、「先生ねぇ、子どもの頃、ここに来たことあるよー。」とちょっぴり嬉しそうに話しかけている様子も見かけるようになりました。


    美術館が教室となるこのプログラム、だいたい朝10:00頃に始まります。午前中、子どもたちはアトリエでエデュケーターと一緒にえのぐや粘土を使った造形ワークショップでパワー全開。活動の終了後、手足を洗って着がえを済ませ、お弁当の時間となります。お天気の良い日、美術館の前で子どもたちがお弁当を楽しんでいる様子が横浜美術館の日常風景となっています。午後は気分を改め、美術館で作品を鑑賞したり、アトリエの奥のスタジオで遊んだりして学校へ帰ります。「学校のためのプログラム」への参加費は特別の場合でない限り無料です。
    活動の内容や時間の流れは先生方に事前にアトリエに来ていただき打ち合わせをします。人数、年齢、学校での経験などを考慮しならじっくり話合いをします。利用者に合わせてプログラムを組むのもこのプログラムの特徴です。
    利用する学年が小学校高学年の場合なら、一日鑑賞をテーマにした鑑賞ワークショップを組むこともできます。アトリエで興味のきっかけづくりをし、展示室で実作品に臨みます。自分の五感を通した経験から、よりリアルな発見があることでしょう。エデュケーターや友達とのやりとりをしながら自ら鑑賞するために必要な、「見て、考える」力をつける事を目的としたプログラムです。


    school2.gif


    「自分でする」、「自分で見る」という姿勢は大人になるためのとてもたいせつな心がまえです。子どものアトリエでは「自分でするから楽しい」ということを造形や鑑賞を通じて体験してもらい、これからも子どもたちの自立を支援する活動に学校の先生方と一緒に取り組んでいきたいと思います。


    次年度の募集について

    平成25(2013)年度は小学校(横浜市内)の新規募集を行います。
    幼稚園・保育園/ろう・特別支援学校・養護学校、区毎の個別支援学級(小学校)合同、各種学校の募集はありません。

    詳細はこちらをご覧ください。⇒学校のためのプログラム(学校関係者のみなさまへ)

    「学校のためのプログラム」

    ー抽選会を実施しました。ー

    抽選会の様子

    先週2月25日の土曜日、子どものアトリエで来年度の「学校のためのプログラム」の利用を決定する抽選会を開催しました。いつもは子どもたちであふれる子どものアトリエのプレイルーム。この日は椅子で埋め尽くされました。
    「学校のためのプログラム」は年間90日、横浜市内の小学校、幼稚園・保育園、特別支援学校などを対象に平日に実施している子どものアトリエの特徴的なプログラムです。今回は幼稚園・保育園、特別支援学校、各種学校の利用枠に関しての抽選会を行いました。今回の抽選では前回を上回るお申し込みをいただきました。

    子どもたちの楽しい活動のために休日返上でお集まりくださった200名近くの先生方、本当にありがとうございました。

    学校のためのプログラム

    ー子どものアトリエの新学期がはじまったよ!ー

    学校のためのプログラムえのぐの活動

    4月13日の水曜日、子どものアトリエの今年度の「学校のためのプログラム」がスタートしました。この日、横浜市内の保育園の年長さん30人が先生に引率されてアトリエを訪れました。お天気にも恵まれて、みんなやる気満々です。さっそく汚れてもよい格好に着替えて、えのぐの活動を開始!

    スポンジでお絵描き1
    スポンジでお絵描き2

    床一面にひろげた大きな紙にスポンジでスタンプしたり、たっぷりえのぐのついた筆をゆっくり動かして壁にお絵描きしたり、「汚れるからヤダ」なんて言うお友だちは誰もいませんでした。思うぞんぶんえのぐで遊んでみんな満足そう。

    鑑賞に出発1 鑑賞に出発2

    おいしいお弁当のあと、みんなで美術館のギャラリーへいって絵や彫刻をみました。
    子どもたちは発見したことをたくさんお話ししてくれて、楽しい鑑賞をすることができました。

    美術館で過ごした一日を、ずっと憶えていてほしいなぁ。

    学校のためのプログラム

     
    ー先生にだっこされて。色水袋ー

    今回の「子アト通信」は子どものアトリエのインターン生によるレポートです。

    はじめまして。子どものアトリエのインターンの新井です。大学院で芸術支援学を専攻している学生です。現在子どものアトリエで、いろいろなプログラムのお手伝いをしながら現場のことを研修中です。

    %20oyubukuro.jpg

    さて、この床に寝かされている色の袋は何だと思いますか?実はこれ、お湯を入れたビニール袋なんですよ。一体どんな風に使うのかなって思うでしょう。
    私も最初は???でした。でもすぐに謎は解けました。この袋はごろりと寝転んで、ゆらゆらな感じを味わうことが出来るお湯のベッドなのです。「学校のためのプログラム」で重い障がいのある子どもたちがアトリエを訪れた時、担任の先生がこのお湯の袋に子どもたちをそっとのせて、揺らしたり名前を呼びかけたりして子どもたちに語りかけるのです。
    (その様子はhttp://www.yaf.or.jp/yma/children/080/の「養護学校プログラム」をご覧ください。)

    「上に乗っても大丈夫なの?」と思う人もいるかもしれませんが、実はこのビニール袋はとても厚手でさらに2重にしてあるのです。大人の私(やや大柄)が乗っても破ける事はありませんでした。丈夫なんですね。冬は暖かいお湯を、夏は水の袋を用意するそうです。
    子どもたちをこのお湯のベッドに寝かせてあげると表情が和らぐのがわかります。確かに体が温まり緊張していた関節がほぐれるのですね。私もこっそり寝てみましたが大変気持ちが良く、思わず眠ってしまいそうになりました。

    お湯のベッドで心身をほぐしたあと、子どもたちは先生方にだっこされて、紙やえのぐ、粘土などの素材に触れたり、音や光を感じたりと、いつもと違う場所で、日常と違う体験をするのです。この日私は子どもたちの様々な表情に出会うことができました。また、子どもたちに寄り添って、表情から感じ取れる「楽しい」「気持ち良い」「不快」「不思議だ」「初めて出会った」という感情を優しく受け止めている先生方の姿がとても印象的でした。先生が、「○○ちゃん、これはどう?」と、元気よく働きかけると、子どもたちはとても元気になるんです。きっと心のやりとりをしているんでしょうね。

    そういった体験を子どもたちと先生ができるような「場」を美術館が提供していることは、私が今学んでいる"芸術による支援"のひとつのあり方であり、私も将来いろいろな場所で、「場」をつくる一人として頑張っていけたらなと思っています。

    学校のためのプログラム


    ーお花ばたけ出現!ー

    おはなばたけ

    立春もすぎ、いよいよ春がやってきますね。
    昨日、「学校のためのプログラム」で子どものアトリエにやってきた横浜市内の小学校の2年生と3年生のお友だちが、「えのぐ」の活動で一足はやい満開のお花ばたけを描いてくれました。
    なかにはこんなユニークなお花や、

    ユニークなおはな
    こんなお花も。

    こんなおはな1 こんなおはな2

    ウキウキ春のおはな
    なんだかウキウキしてきますね。

    「学校のためのプログラム」の詳細はこちらです。

    学校のためのプログラム

    ー先生といっしょに活動したよ!ー

    「学校のためのプログラム」粘土の活動


    子どものアトリエの平日は、学校教育と連携した「学校のためのプログラム」を行っています。このプログラムは横浜市内の小学校、幼稚園・保育園、養護学校/特別支援学校が対象で、年間90日開催しています。
    どんな活動をするのかは、事前に担当の先生に来ていただいてスタッフと話し合いをし、その目的や内容を子どもたちの年齢や時期などにあわせて展開できるよう細かく打ち合わせをします。「学校のためのプログラム」の特徴は、作品をつくる”制作”を目的としたものではなく、粘土やえのぐ、ダンボールなどといった基本的な素材を用いたワークショップを通し、子どもたちが「自分でする」という主体的な気持ちや、意志を実現する”手の技術”を身につけるところにあります。全体の指導はアトリエ指導員が行いますので、先生も子どもたちと一緒になって活動を楽しむことができます。
    「いつもは授業をする側なので、今日は子どもの一人ひとりをじっくり見守ることができました。」「”こんな素朴なことにも子どもたちは喜ぶんだな”と発見がありました。」という感想をよくいただきます。それをもとに学校の授業に発展することもあるそうで、学校と美術館の関係において新たな可能性を感じます。また最近打ち合わせに来た若い先生の中には、自分が子どもの頃、園児や生徒として活動に参加したという人たちも出てきました!今度は教師として子どもを引率してアトリエを訪れるので、打合せもしぜんに熱がこもります。

    さて、きたる2月下旬に次年度以降の「学校のためのプログラム」利用校を決定する「抽選会」を開催します。対象となる横浜市内の小学校と、養護学校/特別支援学校には1月末に横浜市教育委員会の市ポストを通じてご連絡を差し上げますので子どものアトリエからの「図工主任様」あての配布物にご注意下さい。(なお、今回は小学校枠と養護関連団体枠に関しての抽選会のため、幼稚園・保育園枠の募集はありません。
    「学校のためのプログラム」の詳しい内容はこちらです。http://www.yaf.or.jp/yma/children/080/