NAP荒木悠展アーカイブ

    NAP「荒木悠展 複製神殿」展覧会コラム vol.4

    投稿日: by  カテゴリ:

    「荒木悠展 複製神殿」担当学芸員の大澤です。

    前回のコラムからあっという間に1ヶ月以上過ぎてしまいました。コラムの更新が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

    先週の金曜日、「荒木悠展 複製神殿」が開幕いたしました。開幕から1週間が経ちましたが、既に1,200人を超える方にお越しいただき、荒木さんの注目度の高さを改めて実感しています。

    NAP_Araki_vol.4_1.jpg
    撮影:山中慎太郎氏

    また、開幕の翌日にはアーティスト・トークを開催しました。こちらにもたくさんの方にお越しいただき、幸先の良い展覧会のスタートが切れたことを嬉しく思います。

    NAP_Araki_vol.4_2.JPG
    撮影:佐藤毅氏

     

    さて、前回のコラムでご紹介した荒木さんのインタビュー映像、先月末にようやく完成しました。既にウェブサイト上でご覧になった方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

    じつは今回、2種類のインタビューを作成しています。美術家としての活動のほか、Art Translators Collective(アート・トランスレーターズ・コレクティブ)という美術専門の通訳・翻訳・プロジェクトの企画運営を行う専門家集団にも所属する荒木さん。今回はその能力を生かして、英語と日本語でインタビューを収録し、ひとつは英語インタビューの日本語字幕版として、もうひとつは日本語吹き替え版として完成させました。


    日本語吹き替え版

     


    日本語字幕版

     

    インタビューの冒頭で述べられているように、荒木さんは13歳のとき、家族で二度目の渡米をしました。その際、英語がほとんどできなかった荒木さんは、「見よう見まね」で英語を習得します。しかし、英語を覚えれば覚えるほど、自分のなかに「日本人としての自分」と「アメリカ人になりきれない自分」という、二つの性質を認識するようになっていったそうです。「自分はニセモノではないだろうか。」この体験は、「本物と複製(ニセモノ)」を問う今回の展覧会のコンセプトに繋がるとともに、「誤訳」という考え方を広く捉え、作品のテーマに据える荒木さんの活動にも繋がっていきます。

    ※荒木さんの言葉に関わる体験については、3/1発売の『Pen』掲載インタビューでも話されています。新作のキーワードとなっている「casting(キャスティング)」についても触れられていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

    日本語と英語。広義には日本とアメリカ(もっというと西洋と東洋)は、荒木さんにとって重要なテーマです。インタビュー字幕版は会場で上映しているほか、荒木展の英語サイトに、吹き替え版は荒木展の日本語サイトでご覧いただけます。

    こうしたコンセプトのもとバイリンガルで制作されたインタビューは、「今回の展覧会の作品のひとつ」(作家談)に仕上がっています。

    (大澤紗蓉子)

    NAP「荒木悠展 複製神殿」展覧会コラム vol.3

    「荒木悠展 複製神殿」、担当学芸員の大澤です。展覧会コラムvol.3です。

    先日、今回の展覧会にあわせ、荒木さんのインタビュー映像を収録しました。インタビュー制作を担うのは、2003年から展覧会の告知映像やインタビュー制作などで連携を行う、城西国際大学メディア学部の学生さんたちです。

    NAP_Araki_vol.3_1.jpg

    インタビュー当日は、あいにくの曇り空。自然光の入る撮影場所だったので、刻一刻と変化する天気が心配でしたが、学生さんたちの頑張りと技術力に支えられ、素敵なインタビューを撮影することができました。このコラムを書いているときは編集の真最中。インタビューは、2月下旬より荒木展ウェブサイトで公開します。会期中には、会場でもご覧いただけます。荒木さんのこれまでの活動と新作についてお話し頂きましたので、完成の暁にはぜひご覧ください。

    ところで、このインタビューのなかで、荒木さんはご自身の制作について、次のように述べていました。

    『作品を作るうえで唯一設定しているのは、「知らない場所に行く」ということです。ここから、制作を始めています。』

    この言葉は、荒木さんがこれまで制作してきた作品の多くに共通する特徴だったので、とても惹きつけられました。

    2007年、ミズーリ州セントルイス・ワシントン大学を卒業した荒木さんは、8年ぶりに日本に帰国します。帰国後も勉強に励み、翌年には東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻に入学。本格的に映像制作に取り組みはじめた荒木さんは、在学中、「未知の領域」を求めて、《Deep Search》(2009)という作品を制作します。これは、誰もが見たくて、でも肉眼で見ることのできない場所、自分の体内を撮影する映像作品でした。

    NAP_Araki_vol.3_2.jpg《Deep Search》2009、ビデオ

    その後、大学院修了を控えた荒木さんは、大学主催の交流プロジェクトに参加し、フランス、ナント市で2週間の滞在制作を行ないます。このとき撮影された作品《Baguette Walk》(2010)は、バゲットを食べながらナント市内を散策する荒木さんの様子が、バゲットの先端に付けられたスパイカメラによって映しだされます。見知らぬ土地でのちょっとした遊び心から生まれた映像でしょうが、ここからは、カメラを通して「知らない場所」で制作する自身を見つめようとする姿勢や、何かを模索するような様子などを伺い知ることができます。

    NAP_Araki_vol.3_3.jpg《Baguette Walk》2010、ビデオ

    こうした初期の制作を経て、荒木さんは「カメラと身体」「無関係のもの(見知らぬ場所と自分など)を繋ぎ合わせること」といった、その後の作品に繋がるヒントやテーマを見出して行きます。大学院修了後も、「未知の領域」を求めて、ベトナムやスペインなど、様々な都市に滞在。それぞれの地域で出会う見知らぬ出来事、見知らぬ人、見知らぬ歴史や慣習など、そういったものをひとつひとつ調べ、撮影を繰り返して行きました。ときにはドキュメンタリー映画監督のようにカメラによって見つけだし、ときにはスパイのようにこっそり盗み撮るなど、撮影方法はそのときどきの状況にあわせ、直観的に選ばれていったそうです。こうした撮影現場でのインスピレーションと、文献や対話から得た情報をもとにした考察が、荒木さんの作品の光景を作りだしているようです。

    次回はそろそろ、今回の新作制作の様子を、レポートしたいと思います。

    (大澤紗蓉子)

    NAP「荒木悠展 複製神殿」展覧会コラム vol.2

    「荒木悠展 複製神殿」の展覧会コラムvol.2です。

    今回は、前回に続き、展覧会のフライヤーをご紹介します。

    NAP_Araki_vol.2_1.jpg

    NAPでは、昨年度の「田中望展 潮つ路」より、共通のデザインによる展覧会フライヤーとリーフレットを制作しています(荒木展のリーフレットは3月中旬発行予定)。ロゴとデザインのベースカラーは展覧会ごとに変わり、田中展はさわやかな水色でしたが、荒木展はキッチュなピンク色になりました。

    そしてここで目を惹くのは、フライヤーのメインビジュアル。この画像は、本展の新作制作のため、アテネに滞在していた荒木さんから届いた「複製神殿コンセプトスケッチ」です。画像の下地になっているのは、アメリカ・テネシー州の州都ナッシュビルにある「パルテノン神殿」の約100年前のお土産用ポストカード。そのファサード部分に、荒木さんがアテネで撮影した2015年現在のパルテノン神殿の写真が重ね合わされています。

    ナッシュビルの「パルテノン神殿」は、知る人ぞ知る存在。アテネのパルテノン神殿と同じスケールで建てられたレプリカで、本家のパルテノンでは破壊されてしまったフリーズ彫刻や、紀元前5世紀の彫刻家フェイディアスによる金色のアテナ像なども復元されています。このコンセプトスケッチでは、こうした「レプリカ(複製)」のパルテノン神殿がベースになっています。そしてまた、このナッシュビルは、荒木さんにとって第二の故郷と呼べる場所でもあります。

    NAP_Araki_vol.2_2.jpg
    「ナッシュビル、テネシー州 ザ・パルテノン」1910年頃、インク、紙(絵葉書)、8.8×13.9cm、作家蔵

    荒木さんは、3歳から6歳、14歳から18歳の間、ナッシュビルに暮らしていました。高校から美術を学び始め、17歳のとき、ナッシュビルのパルテノンの地下にあるギャラリーで、クラスメイトたちとグループ展を開催。そこで初めて、自身の作品として自画像を出品しました。その後、ナッシュビルの高校を卒業した荒木さんは、ミズーリ州セントルイス・ワシントン大学に入学します。大学では彫刻を専攻しますが、次第にカメラ=映像表現に関心を抱き、2006年頃から映像作品の制作を始めるようになりました。

    メインビジュアルの話しに戻りますが、荒木さんは、本展の会場となる当館のアートギャラリー1を初めて下見したとき、ナッシュビルのパルテノンの地下ギャラリーを思い出されたそうです(当館アートギャラリー1とナッシュビルの地下ギャラリーは、どちらも大きな2本の柱が中央に立っています)。そして常々、丹下健三さんの設計による横浜美術館を、どこか神殿のようなイメージでとらえていたとのこと。ここから、荒木さんは今回の展覧会にあたり、地理的に遠く離れた3つの神殿――ナッシュビルのパルテノン神殿(アメリカ)、横浜美術館(日本)、アテネのパルテノン神殿(ギリシャ)――を繋げてみる試みに挑むことを決意したそうです。

    美術を志すことを決めたナッシュビルに一度立ち返り、横浜を経由しつつ、アテネへと向かう。フライヤーに使われているメインビジュアルには、展覧会の始まりを表すこうした経緯とコンセプトが込められています。新作では、一体どのような旅の結果が見られるのでしょうか、、

    次回は、2007年に大学を卒業後、日本に帰国してからの荒木さんの活動をご紹介します。

    (大澤紗蓉子)

    NAP「荒木悠展 複製神殿」展覧会コラム vol.1

    横浜美術館では、これまで将来活躍が期待される若手作家を紹介する展覧会「New Artist Picks」を、年に1度、当館のアートギャラリーやCafé小倉山などを会場に開催してきました。昨年度の「田中望展 潮つ路」をご覧になった方も多いのではないでしょうか?

    通称、NAP(なっぷ)と呼んでいるこの展覧会は、昨年の田中望展を機に名称を「New Artist Picks」と改めましたが、それ以前から、「百瀬文展 サンプルボイス」(2013年)、「中谷ミチコ展 境界線のありか」(2010年)、「小西紀行展 千年生きる」(2008年)、「淺井裕介展 根っこのカクレンボ」(2007年)など、現在活躍中の若手作家を数多く紹介してきたプロジェクトの流れを汲むものです。(NAPという名前は、淺井裕介さんや小西紀行さんの展覧会のときに初めて使われました)

    今年度は、ここ数年、世界各地を舞台に作品を制作している映像作家・荒木悠(あらき・ゆう)さんを紹介します。そして本日、「荒木悠展 複製神殿のフライヤーが完成しました!!

    NAP_Araki_vol.1_1.jpg

    もし、どこかの美術館やギャラリーでこのフライヤーを見かけられたら、ぜひお手にとってご覧ください。

    このコラムでは、これから、本展担当学芸員の大澤が、荒木さんのこれまでの活動や、今回の新作について、少しずつ紹介してまいります。次回はさっそく、このフライヤーに使われている画像についてご紹介します。

    「荒木悠展 複製神殿」は、2016年2月26日(金)から4月3日(日)まで。「村上隆のスーパーフラット・コレクション」展より1ヶ月あとにオープンし、閉幕日は同じです。

    (大澤紗蓉子)