中高生プログラムレポート(2) ヨコトリを伝える!編

tourplan.JPG

中高生プログラム前半では、「現代美術ってどんなもの?」ということで、ヨコトリの作品を見たり、出品アーティストの方々に会ってお話を聞いたりしながら、たくさんのことを吸収してきました。(レポート(1)参照)

後半では、前半で学んだり、感じたり、考えたりしたことをフル活用し、小学4~6年生とヨコトリを楽しむための展示室ツアー&ワークショップ「こども探検隊」の内容を考えていきました。

「自分が小学4~6年生の時はどんなだったかな?」と思い出しながら、小学生が興味を持ちそうな作品を選び、展示室ツアーのコースを考えます。それぞれに紹介したいお気に入りの作品がある様子。どの作品をだれが解説するか、チームごとに役割分担も決めて、準備万端!

wsplan.JPG

ワークショップは、「島と星座とガラパゴス」のテーマや展示作品にインスピレーションを得て、各チームとっておきの創作活動を考えます。実際にいろいろな材料を使って試作をしてみて、うまくいかない部分はしっかりと改善し、最終プランを決定しました。

 

【ヨコトリ2017で世界の現代アートをたのしむ!こども探検隊】

そして迎えた「こども探検隊」本番当日!!夏休みも終わりの8月27日に開催しました。

●「開港GO」チーム

横浜美術館会場に加えて、電車で横浜市開港記念会館会場にもツアーしました。みんなで15秒ずつ絵を描いて一つの作品を制作!

1_IMG_4493.JPG 1_170827yma108.jpg

●「with 美」チーム

身近な素材をつかって「島」がついたオリジナルの帽子をつくりました。

2_170827yma078.jpg 2_170827yma100.jpg

●「Hexágono(ヘクサゴノ)」チーム

日用品や廃材でつくった、みんなの六角形の島をならべて「ヘクサゴノ(六角形)諸島」が完成!

3_IMG_5061.JPG 3_170827yma145.jpg

●「ゾウガメアイランド」チーム

ヨコトリのメインビジュアルのように、小さなカメの背中にミニチュアの世界をつくって、それぞれのカメ島を制作!

4_IMG_1206.JPG 4_MG_8195.JPG

●「ごはん」チーム

どこまでもハシゴが続く不思議な作品。ハシゴを降りた先に広がる世界を想像してつくってみよう!

5_170827yma086.jpg5_170827yma118.jpg

元気いっぱいの小学生たちと1日を過ごした中高生たち。みんなで一緒に盛り上がったり、小学生の面倒をみながらチームをしっかりまとめたりと大忙しでした。「つかれた~」と言いながらも、充実感いっぱいの顔からは楽しさが伝わってきました!小学生たちも、展示室ではたくさんの作品にワクワクし、ワークショップでは自由な発想で創作活動に取り組んで、時間があっという間に感じるくらい楽しかったようです。

現代アートの作品やアーティスト、小学生、同じ中高生の仲間たちと、たくさんの出会いに満ちた中高生プログラム。「普通はできない体験をたくさんできてよかった!」との中高生の言葉のように、ひとつひとつの出会いに新たな発見があり、とても貴重なものになったのではないでしょうか。

撮影:御厨慎一郎(*のみ)