子アト通信 ―「いとじゅんさんとファッションショー!」

fashionshow WS1.JPG

5月5日の「こどもの日」、子どものアトリエでは横浜美術館で開催中の「ファッションとアート 麗しき東西交流」展にちなみ、小学生親子を対象としたワークショップ「いとじゅんさんとファッションショー!」を開催しました。服をつくるアーティスト「いとじゅん」さんこと伊東純子さんを講師に迎え、会場の美術館グランドギャラリーで親子20組44人が衣裳づくりに挑戦し、最後にファッションショーでお披露目をしました。

展覧会を見に行きました

fashionshow-WS2.jpg fashionshow-WS3.jpg

最初に参加者全員がグループに分かれ、展覧会を企画した学芸チームに導かれて展示を見に行きました。今回の「ファッションとアート」展は、明治の開国をきっかけに日本と西洋の異なる文化がどのように出会い、影響し合ったかを当時のファッションを通して紹介するというものです。

fashionshow-WS4.jpg fashionshow-WS5.jpg 展示されているドレスは一番古いもので140年くらい前のものですが、とても保存状態が良く、着物風のドレスがあったり、コートの模様に兜(かぶと)の図柄がアップリケされているなど、日本のものがうまく溶け込んで斬新で素敵なデザインのものばかりです。「これはどんな時に着ていた服なの?」子どもたちの質問に学芸スタッフが「外国の女の人が舞踏会に招待された時に着て行ったドレスですよ。」とか、「皇后さまが、新年のご挨拶を受ける時に着用されていたものですよ。」などとわかりやすく答えました。その説明に興味がわいてあとから好きなところへ戻り、よく見ている親子の姿もありました。

fashionshow WS6.JPG


いよいよ衣裳づくり

さて展示室からグランドギャラリーに戻るといよいよ衣裳づくりの始まりです。アーティストの伊東さんが最初に服をつくる時の大事なポイントを教えてくれました。
「服は、肩に布を"のせる"感じでつくります。一枚の大きな布に切れ目を入れて頭を出してもよいし、胴に巻いた筒状のものを肩ひもで吊ってもいいです。片方だけでも肩にかかっていれば、服になります。」伊東さんの整理された説明に子どもたちもイメージがふくらみさっそく制作に取りかかっていました。

fashionshow-WS7.jpg   P5056730.JPG

材料は布の代わりに薄いカラーの紙を使いました。道具はハサミとステープラー(ホチキス)だけです。制約はいろいろありますが、それぞれの家族、子どもも大人もイメージに近づけるため夢中になって制作をしました。素敵なファッションを求めて工夫を凝らしたのは今も昔も変わりませんね。

fashionshow WS9.JPG

フィナーレはファッションショー

fashionshow WS10.JPG

fashionshow-WS12.jpg fashionshow-WS11.jpg最後はいよいよ発表会(ファッションショー)!一人ずつ美術館グランドギャラリーの階段を下りて、ステージでポーズをとるという大仕事。緊張しないよう最初にステップやポーズの練習をして本番に臨みました。さあ、いよいよスタートです。トップバッターは一年生の女の子。じつは衣裳をつくる際、ファッションショーが不安で顔を曇らせていました。でも最初に出る人が決まらない時に「私がやります!」とまっ先に手をあげてくれたそうです。「すそのボンボンがポイントです」と司会のスタッフが紹介する中、伊東さんが選曲したBGMにのって、しっかり階段を降りてバッチリポーズを決めてくれました。

fashionshow-WS13.jpg fashionshow-WS18.jpg fashionshow-WS15.jpgこの女の子を筆頭に、1年生から6年生までの男の子と女の子20人が順番にドレスの紹介とともに階段を降りていきました。カラフルな照明の中で、工夫をこらした衣裳、輝くような笑顔がとても印象的でした。子どもたちのかわいらしくも堂々とした姿に会場のいろいろな場所でたくさんの人たちが拍手を送ってくれました。

fashionshow WS16.JPG「ファッションとアート」展での「こどもの日ワークショップ」、アーティストの伊東純子さんとともに、子どものアトリエ、学芸員、運営スタッフなどさまざまな担当が力を合わせて当日に臨みました。参加してくださった親子のみなさん、ショーであたたかい拍手を送って下さったみなさん、本当にありがとうございました。さて、この展覧会は6月25日までの開催です。まだご覧になっていらっしゃらない方はどうぞお急ぎください!

fashionshow WS17.JPG

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展
http://yokohama.art.museum/special/2017/fashionandart/