篠山紀信展 学芸員コラム vol.5 「夜の美術館でアートクルーズ」が開催されました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2月4日、閉館後の美術館でゆったりと展覧会を楽しむ特別鑑賞会「アートクルーズ」が開催されました。参加者の皆様をお迎えし、担当学芸員3名(大澤、長谷川、中村)がリレー形式で展覧会をご案内しました。

170210_1.jpg

美空ひばりさんの写真や東日本大震災で被災した人たちの肖像を、そこに写る背景との関係から読み解いた大澤学芸員、バロック彫刻の巨匠ベルニーニの作品や浮世絵版画など、美術史上の名作と比較しながら篠山写真の美しさを語ろうとした中村学芸員。話し手それぞれの個性が感じられるツアーとなりました。

今回のブログでは、私がこのツアーで紹介した写真の中から現役で活躍するスターの写真2点をとりあげ、「時代に共有される写真」について考えてみたいと思います。

まずはSTARのセクション。会場から「意外!」と驚きの声があがったのが三宅一生さんの写真です。「身体の動きに呼応する服」をテーマに制作を続けるファッション・デザイナーの三宅さん。事務所設立の翌年、1971年に撮影されたこの写真は、ブランドの出発点となった刺青柄のジャンプスーツ「タトゥ」を自ら着用する三宅さんの姿を捉えています。リオ・デ・ジャネイロの海岸を舞台に、篠山さんはこのスーツの特徴が最もよくわかる背後からシャッターをきりました。「第二の皮膚」として体にフィットするジャンプスーツとデザイナーの横顔。高度経済成長期真っ只中にあった日本で、この写真は、世界に羽ばたこうとする若きクリエーターの強烈な個性を鮮明に印象づけました。それから45年。国際的な名声を確立し、ファッションだけでなくデザインの未来に向けて提言を続ける三宅さんの仕事の原点として、この一枚は新たな輝きを放ちます。

続いて、BODYのセクションより宮沢りえさんを写した一枚。陽光の満ちる緑の草原に座り、初々しい表情でこちらを振り返るモデル。18歳の宮沢さんの清純さを「聖処女」として写真に留めようとした篠山さんは、アメリカ南西部ニューメキシコ州のサンタフェを撮影の地に選びました。そこは篠山さんの敬愛する写真家アルフレッド・スティーグリッツが、その妻で画家のジョージア・オキーフと生活し、創作していた土地、すなわち篠山さんにとっての「写真の聖地」なのです。宮沢りえさんの美しさを湛えたこの写真集は、発行部数165万という記録をうちたて、日本列島を席捲しました。発売から25周年を迎える今年、ある週刊誌で、『Santa Fe』をテーマにした篠山さんの対談記事を目にしました。今なお人々の心の中に生き続ける、まさに「伝説」というにふさわしい写真集です。

170210_2.jpg

(長谷川珠緒)