子アト通信:「親子のフリーゾーン」ボランティア

_KNK-7036.jpg
▲"絵の具屋さん"に変身する子どものアトリエボランティアのみなさん。

現在、横浜美術館では来年度に向けて、館内のさまざまなセクションでボランティア活動の募集を行っています。
詳しくはこちらをごらんください。
http://yokohama.art.museum/education/volunteer/require.html

※平成28年度の募集は終了しました。

子どものアトリエでも、日曜日の午前中に開催している「親子のフリーゾーン」でのボランティアさんを募集中です

「親子のフリーゾーン」とは、子どもたちが家族と一緒に粘土や絵の具、紙といった素材で自由に遊べる、開館当初から26年間続いている人気のプログラム。毎回500人近い参加者があり、私たちスタッフと市民ボランティアのみなさんで運営しています。
直接指導はしませんが、素材別のコーナーで子どもたちの案内をしたり、道具や素材を渡したりと、子どもたちと触れ合う機会がたくさんあります。子どもたちが自由な発想でいろいろな素材を使い遊ぶ姿はとてもパワフルで、私たちもたくさんの元気をもらうことができます。

現在ボランティアとしてこのプログラムを支えてくださっているのは、学生さんやお子さんのいらっしゃるお母さん、会社員の方、定年を迎えた方まで、幅広い世代、背景の方々です。自分が子どもの頃フリーゾーンで遊んでいたという人もいるんですよ。
親子のみなさんが帰り、会場の清掃が一通り終わった後、スタッフみんなでお茶を飲みながら「今日はこんな子たちがいたね。」「こんな大きいな作品を作った子がいました!」と振り返るのも楽しみのひとつです。

s_KNK-7347.jpg
▲準備、片付け、清掃など、子どもたちが楽しく安全に遊ぶためにはとても重要なお仕事です。

_KNK-7293.jpg
▲子どもたちと触れ合う機会もたくさんあります。「粘土で何をつくるのかな?」


私たちと一緒に親子の活動を見守る、縁の下の力持ちになってみませんか?

ボランティア募集情報はこちらです。                                                                 http://yokohama.art.museum/education/volunteer/require.html

※平成28年度の募集は2月22日で終了しました。

「親子のフリーゾーン」の詳細はこちらです。                                                 http://yokohama.art.museum/education/children/freezone.html