子アト通信:夏休み子どもフェスタ2015

blog_0.jpg
▲大きな絵の前で先生のお話を聞く子どもたち。

少し前のお話になりますが、横浜美術館夏恒例の鑑賞プログラム「夏休み子どもフェスタ」が8月8日から12日までの5日間、コレクション展示室で開催され、夏休み真っ最中の子どもたちがたくさん参加してくれました。

blog_7.jpg blog_1.jpg

「美術館に初めて来たけど、どうやって見たら良いかわからない...」
「この作品にはどんな意味が込められているんだろう?」

そんな子どもたちの想いや疑問をひとつひとつ受け止め、楽しく鑑賞できるようにサポートするのが「夏休み子どもフェスタ」。私たちスタッフだけではなく、横浜市内の中学校の美術の先生が一緒にコレクション展の会場に常駐して子どもたちを迎えます。今年は8名の先生方がアートティーチャーズサポーターとしてお手伝いをしてくださいました。

blog_2.jpg blog_4.jpg

blog_5.jpg blog_6.jpg
▲子どもフェスタでは実際に画材に触れられるコーナーもあり、見たことない道具や絵の具にみんな興味津々!

さすが美術の先生、それぞれの得意分野を生かして子どもたちにわかりやすく作品や画材について解説してくれました。
「あの作品はこんな材料を使って描かれているんだよ。」
そんな一言で子どもたちと作品の距離はぐっと近づくようです。

blog_8.jpg

作品について一定の情報を知ることだけが美術館の楽しみ方ではありません。作品の前に立って思ったこと、考えたこと、気がついたこと、そしてそこから膨らんだ想像などを自分自身の言葉にしてみることもとても重要な鑑賞の力です。子どもフェスタでは、作品の前で子どもたちが美術館スタッフやサポーターの先生方にそっと語りかける姿がたくさん見られました。
みんな普段とは一味違った夏休みを過ごしたのではないでしょうか。

blog_10.jpg

今回ご協力いただいたアートティーチャーズサポーターの先生は以下の方々です。

横浜市立寺尾中学校   上原 愛先生
横浜市立東山田中学校  小林 重之先生
横浜市立芹が谷中学校  島津 泉先生
横浜市立万騎が原中学校 田原 夏子先生
横浜市立美しが丘中学校 津江 明日香先生
横浜市立横浜吉田中学校 柳田 麻利江先生
横浜市立本郷中学校   山田 香織 先生
横浜市立神奈川中学校  渡辺 淳先生


本当にありがとうございました。


■夏休み子どもフェスタ2015

会期 2015年8月8日~12日(5日間)
会場 横浜美術館 コレクション展会場
参加者数 892人