子アト通信:バーバー美術館(イギリス・バーミンガム)から、ピカソのカードが届いたよ!

20150523picaso1.jpg

▲モリ―ちゃん作

横浜美術館のおなじみのピカソの作品≪ひじかけ椅子で眠る女≫が、昨年イギリスの美術館で展示されました。同時に関連の親子ワークショップも開催され、そこで制作された子どもたちのカード作品が送られてきました。

イギリス、バーミンガムという都市にあるバーミンガム大学に「バーバー美術館」という附属美術館があり、昨年横浜美術館の代表的な所蔵品であるピカソの<ひじかけ椅子で眠る女>が貸し出されました。8月末にバーミンガムに到着し、特別コーナーに鎮座することになった当館のピカソは来館者のみなさんにとても愛され、さまざまな対話式トークやイベントで大活躍したそうです。

20150523picaso2.jpg 20150523picaso3.jpg

▲解説のお姉さんの後ろの絵がピカソの作品です     ▲ポストカードの裏には横浜美術館の住所を書いてくれました。

バーバー美術館は大学付属の美術館で教育活動には特に力を入れており、2月17日に当館のピカソに関連した親子講座「ピカソ・ファミリー・デー」が開催されました。この講座はピカソの作品をみて、自分なりの「ピカソ作品」をポストカードに描いて横浜に送ろうという企画で、バーバー美術館の教育部門のみなさんが親子に呼びかけ、できたカード作品約100枚を横浜美術館へ送ってくださいました。きっと親子でいろんな話をしながら作ってくれたのでしょうね。とてもユニークなものばかりで全部お見せできないのが残念ですが、その一部をご覧ください。

20150523picaso4.jpg 20150523picaso5.jpg

20150523picaso6.jpg 20150523picaso7.jpg
20150523picaso8.jpg 20150523picaso9.jpg
中にはこんな日本語のメッセージもありました。

20150523picaso10.jpg
さて、子どものアトリエのミニギャラリーでは、これらのカードを期間限定で7月末まで展示しており、親子のフリーゾーンや「学校のためのプログラム」でご来館の際にみていただくことができます。

▼展示の様子

20150523picaso11.jpg

もし、バーミンガムへ行かれることがあったら「バーバー美術館」へも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

※バーバー美術館(THE BERBAR INSTITUTE OF FINE ARTS